どこを撮ってもフォトジェニック!世界のフェスティバル10選

最近インスタグラムやフェイスブックで美しい写真をシェアするのがとっても流行っていますよね。旅行に行ったらもちろん、キレイな写真をいっぱい撮影して帰りたい!そんな人にピッタリなのがフォトジェニック(写真映えする)な世界のフェスティバルを狙っての旅行。今回は見た目も楽しさも大満足な世界のフェスティバルを写真付きでご紹介。普段の旅行では見られない幻想的な景色に出会うことができますよ。

幻想的な灯篭流し!コムローイ祭(タイ・チェンマイ)

幻想的な灯篭流し!コムローイ祭(タイ・チェンマイ)

image by iStockphoto / 77835143

人生で一度は見ておきたい絶景としても有名なコムローイ祭。
イーペン・サンサーイやイーペン・ランナー・インターナショナルとも呼ばれています。
タイの仏教徒のお祭りで、旧暦の12月の満月に合わせて行われるのだとか。
コムローイとはランタンのように火をともした灯篭のようなもので、お祭りのクライマックスには何万ものコムローイが一斉に空に放たれるところは絶対写真におさめておきたいですね。
日本からも参加のツアーに申し込めますし、タイ現地で参加を申し込むこともできます。

コムローイ祭りの住所・アクセスや営業時間など

名称 コムローイ祭り
住所 63 Moo 4T. Nong HanA. San SaiChiang Mai 50210
営業時間・開場時間 毎年陰暦12月の満月の夜(11月中旬頃)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://chiangmaihappytour.com/chiang-mai-information/spot/khomloi.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幻想的なランタン祭り(ホイアン・ベトナム)

幻想的なランタン祭り(ホイアン・ベトナム)

image by iStockphoto / 36502952

ベトナムの中部の古都ホイアンは世界遺産にも登録される街並みも美しい街。
毎月旧暦の14日に合わせ、満月の夜にランタン祭りが行われます。
家々は電気が消え、提灯や灯篭の明かりだけで街並みがぼんやりと光り、昼間とは雰囲気が変わります。
幻想的な夜の街を散歩できるほか、ライトアップされた橋や建物などなんとも美しい限り。
写真を撮りながらゆっくり見て回れば、最高の思い出になりますよ。

ランタン祭り(ホイアン・ベトナム)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ランタン祭り(ホイアン・ベトナム)
住所 Tran Phu St. Hoi An Vietnam
営業時間・開場時間 現地時間19:00~21:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dtac.jp/asia/vietnam/news_449.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハッピーなホーリー祭(インドやネパール/ヒンドゥ教地域)

ハッピーなホーリー祭(インドやネパール/ヒンドゥ教地域)

image by iStockphoto / 59947064

ホーリー祭は色かけ祭りとも呼ばれていて正義が悪に勝利したことを祝うヒンドゥ教のお祭りです。
1年に一度春の季節に行われ、カースト階層や年齢も関係なく、色のついた粉を投げ合うというユニークなお祭り。
参加している人々は色まみれになりながらも、とても楽しそうにみんな笑顔です。
このお祭りは春の訪れを祝う意味もあり、体中カラフルに染まった人たちを写真で撮るもよし、自分も色まみれになるもよしです。

インド、ネパールの住所・アクセスや営業時間など

名称 インド、ネパール
住所 India
営業時間・開場時間 主に午前中
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%A5%AD
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

仮面の謝肉祭!カルネヴァーレ(ヴェネツィア・イタリア)

仮面の謝肉祭!カルネヴァーレ(ヴェネツィア・イタリア)

image by iStockphoto / 84545323

カルネヴァーレとはイタリア語でカーニバルという意味。
もともとカトリック教会の文化圏で見られる節句で、仮装でパレードを行うことで有名です。
1162年にヴェニス共和国時代、他国からの侵略を幾度となくはね除けたことを祝うために、サンマルコ広場で集まったのがこのお祭りの始まりとのこと。
長い歴史のあるお祭りで、きらびやかな仮面や衣装の派手さはぜひ写真に収めておきたいですね。

カルネヴァーレ(メイン会場・サンマルコ広場)の住所・アクセスや営業時間など

名称 カルネヴァーレ(メイン会場・サンマルコ広場)
住所 Piazza San Marco, 30124 Venezia
営業時間・開場時間 2月~3月の間の2週間(その年により変動)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.carnevale.venezia.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シェットランド諸島の火祭り(スコットランド)

シェットランド諸島の火祭り(スコットランド)

image by iStockphoto / 15531594

クリスマスシーズンの終わりに毎年行われる火祭り。
シェットランド住民のかつての姿であった海賊の衣装をまとった男性が夜の街を練り歩きます。

火祭りのクライマックスは、その名のとおりヴァイキングが使っていた帆船の模型に松明を投げつけ、燃やしてしまいます。
大きく燃え上がる船の迫力は圧巻!カメラが壊れないように気を付けてちょっと離れて写真を撮りましょう。
海賊を讃える儀式として1世紀以上の歴史があり、毎年多くの村人が参加します。

ラーウィックの住所・アクセスや営業時間など

名称 ラーウィック
住所 Lerwick Scotland Shetland
営業時間・開場時間 施設による 1月頃開催
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.shetland.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界最大の気球祭り(ニューメキシコ・アメリカ)

世界最大の気球祭り(ニューメキシコ・アメリカ)

image by iStockphoto / 70574933

アメリカ・ニューメキシコ州で行われる世界最大の気球祭り。
多くの気球が青い空に向かって浮かぶ様子はとってもカラフルでフォトジェニックな景色です。
気球に乗る体験ができるコーナーもありますので、上空からの写真撮影も可能ですよ。
カメラを落とさないように注意してくださいね。

アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ Albuquerque International Balloon Fiesta の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ Albuquerque International Balloon Fiesta
住所 5000 Balloon Fiesta Pkwy NE, Albuquerque, NM 87113 米国
営業時間・開場時間 バルーンフェスタの開催時期は2016年10月1日から10月9日まで。右記はバルーンフェスタの開催月日と時間 10/1-10/2 6:00am-8:00pm 10/3 -10/4  6:00am-11:00am  10/5 6:00am-6:00pm 10/6 5:45am -8:00pm 10/7 – 10/8 6:00am-8:00pm 10/9 6:00am-11:30am 左記の時間内で数回セッションあり、各セッションの開始時間は要確認
利用料金や入場料 12歳超大人1人10ドル 12歳以下は大人と一緒の場合は無料
参考サイト http://balloonfiesta.com/#
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

森の中のエレクトリックフォレスト音楽祭(ミシガン州・アメリカ)

森の中のエレクトリックフォレスト音楽祭(ミシガン州・アメリカ)

image by iStockphoto / 71611993

ライトアップや光のオブジェが設置された森の中で、4日間行われる音楽祭です。
いわゆるフェスイベントとライトアップされた森林が楽しめるお祭り。
幻想的な空間が広がり、写真に撮るにはもってこいのお祭りです。
もちろん、音楽も楽しめますので出るバンドもチェックしていきたいですね。

Electric Forest Festivalの住所・アクセスや営業時間など

名称 Electric Forest Festival
住所 7100 South Water Road, Rothbury, MI 49437 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 2017年は2つの週末にて開催予定 ①2017年6月22日?25日 ②2017年6月29日?7月2日
利用料金や入場料 リストバンド$29.75、キャンピング$29.75 、テント$64.75 、その他に前泊料金や駐車料金等は別途必要になります。
参考サイト http://www.electricforestfestival.com/home/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

壊しちゃうのがもったいない!砂の彫刻祭(ポルトガル)

壊しちゃうのがもったいない!砂の彫刻祭(ポルトガル)

image by iStockphoto / 69362111

砂で出来た彫刻の出来栄えを競うお祭り。
日本でいうところの札幌の雪まつりの砂版といったところでしょうか。
本当に砂で出来ているとは思えないほど大きく、美しい彫刻をいくつも見ることができます。
毎年60人ほどの砂の彫刻家が50体程度の作品を作ります。
圧倒的なスケール感とその細部にわたる造形は、写真に収めて残しておきたいものばかりですよ!

砂の彫刻祭の住所・アクセスや営業時間など

名称 砂の彫刻祭
住所 EM 524, 8365-201 P?ra, ポルトガル
営業時間・開場時間 時期による
利用料金や入場料 9、5歳まで:無料。6から12歳まで: 4.50
参考サイト http://fiesa.org/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

巨大人形メルセ祭(カタルーニャ地方・スペイン)

高さ4m程ある巨人人形があらわれるメルセ祭。
ガンテスと呼ばれる人形で、一体につき、一人の人が中に入っているんだそうです。
歴史上の人物や貴族、農家、王様とお姫様等、地域や場所に由来する人々のガンデスが作られます。
周りの人たちや建物と比べるととても大きいのがわかります。
パレードの様子を写真に収めておきたいですね。

サン・ジャウマ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・ジャウマ広場
住所 Pla?a de Sant Jaume, s/n, 08002 Barcelona, スペイン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%BA%83%E5%A0%B4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奥ゆかしい光の祭典!竹灯籠祭(大分県・日本)

奥ゆかしい光の祭典!竹灯籠祭(大分県・日本)

image by iStockphoto / 86573421

竹楽(ちくらく)は大分県竹田市で行われる、竹筒にろうそくを入れた竹灯籠を使ったお祭りです。
毎年秋の季節に行われ、武家屋敷や古民家など情緒あふれる街並みが約3000本の竹灯篭に照らされる様子は、本当に息をのむ美しさです。
暗いのでカメラのセッティングにさえ気を付ければ、写真映えする竹灯篭を撮ることができますよ。

竹灯籠祭の住所・アクセスや営業時間など

名称 竹灯籠祭
住所 大分県竹田市
営業時間・開場時間 16:30-21:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.city.taketa.oita.jp/tikuraku/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶対シェアしたい写真がたくさん!

いかがでしたか?ぜひ日程を合わせて参加したいフェスティバルばかりでしたね!観光客も増える時期なので、早めの計画がおススメです。
人混みでスリやひったくりの被害に遭わないように、気を付けてフェスティバルを楽しみましょう。
事前に訪れる祭の起源や意味を調べていくとより一層楽しめますね!
photo by iStock