イタリア旅行の前に!世界遺産「ローマ時代の遺跡」の過去を知っておこう

古代コーマ時代の建造物等は、現在でも遺跡として多く残っています。そもそもローマ時代とは、イタリア半島中部に位置した都市国家から始まりました。多くの部族が集まって形成されていたんだとか。その後領土を拡大し、世界帝国となった国家の総称が「ローマ帝国」。滅亡後した後も一都市として残り、また、ローマの思想や制度は後世にも様々な影響を与えたと言われています。そんなローマの遺跡を、その過去とともに紹介します!

古代ローマの中心地、フォロ・ロマーノ

古代ローマの中心地、フォロ・ロマーノ

image by iStockphoto / 77163671

フォロ・ロマーノは古代ローマの中心地として、政治・経済・宗教が栄えた場所です。
市民集会、政治討論などの場としても栄えたことで、「フォーラム」の語源となったともいわれます。
紀元前6世紀から293年にかけてという長期にわたり繁栄しましたが、ローマ帝国が東西分裂し、ラヴェンナに首都機能が移って以降は異民族の役立つに遭い、西ローマ帝国が滅亡した後は人々に忘れられ、土に埋まってしまいました。
現在では発掘によって会堂や神殿などを見ることができます。
その大部分は帝政時代以降のものですが、様々な時代の遺跡が混在しており、発掘調査が難しい遺跡なんだとか。
日本でも「盛者必衰」という言葉がありますが、繁栄と衰退を経た都市の片鱗を見ることは、歴史を知っていることでより興味深いものになります。

image by iStockphoto / 92023231

フォロ・ロマーノの住所・アクセスや営業時間など

名称 フォロ・ロマーノ
名称(英語) Foro Romano
住所 Via dei Fori Imperiali, Largo Salara Vecchia 5/6, Roma Italy
営業時間・開場時間 8:30-日没1時間前
利用料金や入場料 12ユーロ(コロッセオ、パラティーノの丘、フォロロマーノ共通券)
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%8E
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「すべて神々の」という意味、パンテオン

「すべて神々の」という意味、パンテオン

image by iStockphoto / 76581267

ローマの遺跡でも最も有名なものの1つであるパンテオン。
もともとは様々なローマの神を一か所に祀る万神殿であったとか。
その後一神教のキリスト教が信仰を集めるようになると、その役割を失っていきました。
過去に一度、火事で焼失したのち、118年にハドリアヌス帝が再建し、現在に至ります。
ローマの宗教から人々の信仰が離れた後も、この建物の神秘的な雰囲気は人々に愛され、破壊されることなくキリスト教の教会として7世紀から使用され続け、かの有名な画家・ラファエロの墓も建てられました。
歴史の変遷の中で使用の目的は変わっても、その神秘的な雰囲気が人々の心をつかみ続けたパンテオン。
ぜひ1度は実際に観てみたいと思わせる遺跡の1つです。

image by iStockphoto / 97866761

image by iStockphoto / 96126953

image by iStockphoto / 93183931

パンテオンの住所・アクセスや営業時間など

名称 パンテオン
名称(英語) Pantheon
住所 Piazza della Rotonda 00186 Rome
営業時間・開場時間 9:00-19:15 , 日曜 9:00-17:45 , 祝日 9:00-12:45
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pantheonroma.com/it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古代ローマの円形劇場、コロッセオ

古代ローマの円形劇場、コロッセオ

image by iStockphoto / 96048731

古代ローマを代表する円形劇場であるコロッセオ。
当時は正式にはフラウィウス円形闘技場と呼ばれました。
現在のコロシアムなどの語源になったと言われています。
当時、ローマは64年のローマ大火や68年から2年続いたローマ内戦での被害の傷跡が残り、復興の途上にありました。
当時のウェスパシアヌス帝が即位すると、緊縮財政の中にも娯楽をと、72年からコロッセオの建設が始まりました。
その後80年に完成したコロッセオでは、剣闘士と猛獣が戦うという見世物が行われ、4階までの観客席に身分ごと座った観客を熱狂させました。
現代の感覚では恐ろしい催しですが、当時の人々には楽しみだったようです。
ただ、傷ついた人々の心に娯楽を、という趣旨で建てられたコロッセオには、戦後の復興を経て、数度の震災後の復興過程の日本で暮らす私達の心にも響くものがあるのではないでしょうか。
どのような時にも生活の中に「楽しみ」は必要なんですね。

image by iStockphoto / 20163568

image by iStockphoto / 8990587

コロッセオの住所・アクセスや営業時間など

名称 コロッセオ
名称(英語) Colosseo
住所 Piazza del Colosseo, Roma, Italy 
営業時間・開場時間 8:30-日没1時間前
利用料金や入場料 12ユーロ(コロッセオ、パラティーノの丘、フォロロマーノ共通券)
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%AA
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

代表的なローマ建築、コンスタンティヌスの凱旋門

代表的なローマ建築、コンスタンティヌスの凱旋門

image by iStockphoto / 2979757

ローマ帝国の統一のための大きな一歩となったミルウィウスの戦い。
その戦いで勝利し、後にローマ帝国唯一の皇帝となったコンスタンティヌスが、勝利を記念して建設したのがコンスタンティヌスの凱旋門です。
その大きさはローマにある凱旋門の中でも最大で、ローマ建設の代表的なものとして、現代でも多くの人々が訪れる場所となっています。
古代ローマの歴史の中に数度の戦争があったことを物語る建造物の1つであり、門の中には各時代を象徴する彫刻も数多く残されることから、美術的にも注目されます。
そのルーツを知ったうえで見るとより面白く、ローマに訪れたら絶対に訪れたい観光スポットの1つです。

image by iStockphoto / 13000422

image by iStockphoto / 13000439

コンスタンティヌスの凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 コンスタンティヌスの凱旋門
名称(英語) Arco di Costantino
住所 Via di San Gregorio, 00184 Rome, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8C%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%87%B1%E6%97%8B%E9%96%80
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古代ローマの巨大浴場、カラカラ浴場

古代ローマの巨大浴場、カラカラ浴場

image by iStockphoto / 27616494

カラカラ浴場は、212年から4年かけて完成した巨大浴場。
カラカラ帝の治世に建てられました。
当時は全体的に床や壁がモザイクで覆われていたそうで、現在もその一部が残っているのを見ることができます。
広い敷地内になんと2000~3000もの浴槽があったんだとか!風呂だけでなく、図書館やアスレチックの施設まであり、今でいうアミューズメント施設やジムのようなものでした。
建物の規模の大きさや施設の多様さから、多くの市民の社交場となっていた当時の賑わいが想像できます。
「古代ローマの巨大浴場」というと、日本でも有名になった映画を思い出す人が多いのではないでしょうか。
より、興味を持って観光することができますね。

image by iStockphoto / 30330046

image by iStockphoto / 64629753

image by iStockphoto / 49953190

カラカラ浴場の住所・アクセスや営業時間など

名称 カラカラ浴場
名称(英語) Terme di Caracalla
住所 Via della Terme di Caracalla 52, 00153 Roma
営業時間・開場時間 7:30-21:00 月曜 7:30-14:00 ・季節により変更有り。
利用料金や入場料 6ユーロ(共通券:Terme di Caracalla, Villa dei Quintili, Mausoleo di Cecilia Metella)
参考サイト http://www.coopculture.it/en/heritage.cfm?id=6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古代ローマは歴史ロマンいっぱい!

いかがでしたでしょうか。
古代ローマの遺跡は有名なものばかりですが、そもそもどういった理由で建てられたのか、歴史的背景などを知ることでより興味深く、面白く観光することができます。
ぜひ、下調べをして観光に出かけてみてくださいね。
今回の記事がそのヒントになれば幸いです!

ローマへのアクセスは、12~17時間ほど、経由地によって時間は異なります。
日本とローマの時差は約7時間で、日本の方が進んでいます。

photo by iStock