京都の祇園東山周辺エリアこそ秋の絶景の宝庫!紅葉が見れるスポットまとめ

世界に誇る日本の観光地、京都。見どころを挙げればキリがありませんが、特に京都が美しく映えるのが、秋の紅葉の季節です。今回はそんな京都の中でも、「祇園東山」周辺エリアで堪能できる秋の絶景を5選ご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

日本三大門と紅葉の競演・南禅寺

日本三大門と紅葉の競演・南禅寺

image by iStockphoto / 67482397

「南禅寺」は臨済宗南禅寺派の大本山。
広大な境内には約300本ものカエデが燃えるように色付き、「日本三大門」のひとつに数えられる有名な「三門」からは、絵画のような美しい風景が見られます。
「天授庵」「南禅院」といった名庭のほか、「虎の子渡しの庭」は、舞い散る風流な紅葉に心が打たれるような絶景。
ドラマでよく登場する「水路閣」周辺も、レトロな雰囲気が味わえておすすめですよ。
ライトアップ期間中にしか入れない場所もあるので、チェックしてから行ってみましょう!

image by iStockphoto / 68088577

南禅寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 南禅寺
名称(英語) Nanzen-ji
住所 京都府京都市左京区南禅寺福地町
営業時間・開場時間 12/1-2/28 午前8時40分-午後4時30分 3/1日-11/30 午前8時40分-午後5時
利用料金や入場料 ・方丈庭園 一般500円 高校生400円 小中学生300円 ・三門 一般500円 高校生400円 小中学生300円 ・南禅院 一般300円 高校生250円 小中学生150円  
参考サイト http://www.nanzen.net/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

言わずと知れた世界遺産・清水寺

言わずと知れた世界遺産・清水寺

image by iStockphoto / 36103862

「清水寺」は言わずと知れた京都の有名観光スポット。
日本人だけでなく、多くの外国人観光客も訪れる、京都を代表する世界遺産とも言えますね。
ことわざにも登場する高さ13mトルの「清水の舞台」からは、まるで紅葉の海を眺めているかのような素晴らしい景色が楽しめます。
夜間にはレーザーでのライティングで照らされ、幻想的な雰囲気。
大人な女子会にもゆったりデートにもぴったりですね。

image by iStockphoto / 63597779

清水寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 清水寺
名称(英語) Kiyomizu-dera
住所 東山区清水1丁目294
営業時間・開場時間 6:00-18:00、閉門時間は季節により変更
利用料金や入場料 大人400円  大学生400円  高校生400円  中学生200円  小学生200円
参考サイト http://www.kiyomizudera.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

秀吉への想いが詰まった・高台寺

秀吉への想いが詰まった・高台寺

image by PIXTA / 17411952

1606年、豊臣秀吉の妻ねねが太閤秀吉のために建てた「高台寺」には、「開山堂」や「観月台」、「傘亭」や「時雨亭」など、開山当時の建物が今も残っています。
境内にある庭園は東山を借景とした優美なもの。
どのシーズンに訪れても心落ち着く美しさですが、特に秋の訪れを迎えると華やかさがアップ。
紅葉の見頃は10月中旬から12月上旬で、境内全体で行われるライトアップも人気です。
「臥龍池」に映りこむ紅葉は、ここでしか見られない絶景ですよ!

image by iStockphoto / 87570785

高台寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 高台寺
住所 京都市東山区高台寺下河原町526番地
営業時間・開場時間 9:00-17:30  ライトアップ(特別期間のみ) 日没後点灯-22:00
利用料金や入場料 大人 600円 中高生 250円
参考サイト http://www.kodaiji.com/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

錦の織物さながら・永観堂

錦の織物さながら・永観堂

image by iStockphoto / 103189679

紅葉の美しさは別格との呼び声も高い「永観堂」は、与謝野晶子も愛した紅葉の名所。
京都では「秋はもみじの永観堂」と言われるほどなのだとか。
「瑞紫殿」から「阿弥陀堂」にかけて赤やオレンジ、黄色紅葉が競い合うように燃え誇り、その様子は錦の織物さながらです。
夜のライトアップはさらに幻想的な雰囲気となり、とってもロマンチック。
また「永観堂」の本尊である「見返り阿弥陀」も要チェック。
すこし斜めを振り返る珍しい如来です。

image by iStockphoto / 81618295

永観堂(禅林寺)の住所・アクセスや営業時間など

名称 永観堂(禅林寺)
住所 京都府京都市左京区永観堂町48
営業時間・開場時間 秋の寺宝展を除く期間 午前9時-午後5時 ・ライトアップ(11月上旬-12月上旬)午後5時30分-午後9時
利用料金や入場料 一般 600円 小中高生 400円 ・秋の寺宝展 一般1,000円 小中高生400円 ・ライトアップ 中学生以上600円
参考サイト http://www.eikando.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

もの思いに耽りながら・哲学の道

もの思いに耽りながら・哲学の道

image by PIXTA / 13010640

哲学者西田幾太郎や経済学者河上肇らが、若王子橋から銀閣寺橋までの道を歩きながら、思索に耽ったことから、「哲学の道」と名付けられました。
疎水沿いの小道は春の桜も有名ですが、、秋の紅葉もまた格別です。
紅葉の見ごろは11月中旬から11月下旬。
「日本の道100選」にも選ばれた約1.5km続く静かな散歩道は、秋の風を感じながらのぶらぶら散策にもぴったり。
川のせせらぎに耳を傾けつつ、真っ赤な紅葉を眺めてみましょう。

image by iStockphoto / 101138623

哲学の道の住所・アクセスや営業時間など

名称 哲学の道
名称(英語) Philosopher\’s Walk
住所 京都府京都市左京区鹿ケ谷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%AE%E9%81%93
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京都の良さをぎゅっと凝縮したようなエリア

いかがでしたでしょうか。
「祇園東山」周辺エリアは、繁華街の賑やかさと歴史ある寺社仏閣の風情が共存した雰囲気です。
有名な世界遺産と紅葉のコラボレーションは、秋だからこその絶景。
期間限定の風景をぜひ堪能してみましょう!
photo by PIXTA and iStock