B級なんていわせない!日本の珍スポット10選

日本には星の数ほどの観光地がありますが、その中でも他にはない光景が見られる「珍スポット」が近年脚光を浴びています。「B級スポット」なんていわれることもありますが、とんでもない!有名観光地にはない驚きと感動に出会えますよ。

道路沿いにフルーツが?

道路沿いにフルーツが?

image by PIXTA / 20530246

トマトをかたどったこの建物、長崎県諫早市にあるバス停なんです。
車で横を通りすぎる人が、思わず二度見してしまうほどインパクトのあるバス停。
平成2年に開催された長崎旅博覧会でここを訪れる人たちをもてなす目的で設置されたそうです。

国道207号線沿いに、メロンやイチゴなど地元特産のフルーツの形をしたバス停が並びます。
見つける度に、車を停めて撮影する人も多いとか。
モチーフはシンデレラのカボチャの馬車というだけあって、「おとぎの国」感満載のスポットです。

小長井町のフルーツバス停の住所・アクセスや営業時間など

名称 小長井町のフルーツバス停
住所 長崎県諫早市小長井町牧
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post03/1452.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海に並ぶ電柱

海に並ぶ電柱

image by PIXTA / 13938262

海の中に電柱が並ぶ不思議な光景。
「千と千尋の神隠し」の海の中を電車が走るシーンに少し似ていますよね。
実はここ、千葉県にあるんですよ。
木更津市の江川海岸というところで、地元では潮干狩りスポットとしても知られています。

アサリの密漁などを監視する小屋に送電するために建てられたもので、千葉県ではもう1か所、久津間海岸というところでも見ることができます。
夕日が落ちる時間が一番美しく見える時間帯で、多くのカメラマンでにぎわう「フォトジェニックスポット」としても有名です。

江川海岸の住所・アクセスや営業時間など

名称 江川海岸
住所 千葉県木更津市江川
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sakainet.co.jp/japanese/technical/what/what-16.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まねきねこ…?

まねきねこ…?

image by PIXTA / 15055367

今にも地下から出てきそうな巨大な招き猫は、愛知県常滑市で見ることができます。
市の観光観光協会のHPでも紹介されている、れっきとした観光スポットなんですよ。
高さ3.2メートル、幅6.3メートルの大きな招き猫の名前は「とこにゃん」といいます。

常滑市は、陶器などのやきもので有名な街。
市内には県内の陶芸家さんたちが丹精込めて作った招き猫が並ぶ、「とこなめ招き猫通り」があるなど、市を挙げて招き猫をアピールしているのです。

見守り猫「とこにゃん」の住所・アクセスや営業時間など

名称 見守り猫「とこにゃん」
住所 愛知県常滑市栄町2丁目
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tokoname-kankou.net/contents/miru01-04.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イースター島ではありません

イースター島ではありません

image by PIXTA / 1976330

青い空の下、モアイ像が立ち並ぶこの写真、イースター島で撮られたものではありません。
宮崎県にあるサンメッセ日南というテーマパークでの1枚なんです。
本物のモアイ像のあるイースター島から許可を得て、本物を完璧に復刻した7体のモアイ像、大きさはなんと5.5メートルもあります。

7体のモアイ像には、それぞれに触ると運気が上がるというパワーが備わっているとか。
右から番目の金運と左から3番目の恋愛運が特に人気があるそうですよ。

サンメッセ日南の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンメッセ日南
住所 宮崎県日南市 大字宮浦2650
営業時間・開場時間 9:30 – 17:00
利用料金や入場料 大人700円 中学生500円 4歳以上350円
参考サイト http://www.sun-messe.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

そんなところでしなくても

そんなところでしなくても

image by PIXTA / 15205049

「日本最後の秘境」といわれる徳島県の祖谷渓には、「そんなところでしなくても」という場所に小便小僧がいるんです。
断崖絶壁の上に通る道の脇、飛び出した岩の上にポツンと立つ小便小僧。
かつて地元の子供たちがここで度胸試しをしたという逸話から作られたものだとか。

高さはおよそ200メートル!細い道路沿いのUターンが大変な場所にあるので、あらかじめ場所をチェックしてから行くことをおすすめします。

小便岩の住所・アクセスや営業時間など

名称 小便岩
住所 徳島県三好市 池田町松尾
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000044
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムーミン谷へワープ!

ムーミン谷へワープ!

image by PIXTA / 21952408

埼玉県飯能市には、ムーミン谷があります。
「あけぼの子どもの森公園」は「埼玉のフィンランド」といわれるほど童話の世界のような建物がたくさん建てられています。
まるでムーミンの世界にワープしたよう。

実はこちらの公園、童話の世界を再現するのが目的ではありません。
周りを森に囲まれた自然豊かな環境が子供の冒険心や危険察知能力、対応力を育てるというのがコンセプト。
遊び方を教えてくれる常駐スタッフが、冒険を優しく見守ってくれます。
ラブリーな写真も撮れるので、ママさんにぜひ行ってほしいスポットです。

あけぼの子どもの森公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 あけぼの子どもの森公園
住所 埼玉県飯能市大字阿須893-1
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00, 月曜休園
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.hanno.saitama.jp/0000002658.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

釜蓋かぶって参拝

釜蓋かぶって参拝

image by PIXTA / 18895470

参拝方法が変わっているとテレビでも取材されたことのある神社が、鹿児島県にある射楯兵主神社(通称・釜蓋神社)です。
海岸から突き出た入り江に建つ神社で、勝負事にご利益があることからスポーツ選手などが訪れることでも知られています。

特徴的なのが参拝方法。
木製の釜の蓋を頭に載せて、鳥居から10メートル以上先の賽銭箱までバランスを取りながら歩かなければなりません。
途中の階段が最難所です。
頑張った分だけ、ご利益もありそうですよね。

射楯兵主神社(釜蓋神社)の住所・アクセスや営業時間など

名称 射楯兵主神社(釜蓋神社)
住所 鹿児島県南九州市 頴娃町別府6827
営業時間・開場時間 日没まで
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kagoshima-kankou.com/guide/50902/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

洞窟の中はちょっとカオス

洞窟の中はちょっとカオス

image by PIXTA / 23584472

「北陸最強」と名高い珍スポットがハニベ巌窟院です。
敷地に入るとまずは大きな仏像(頭のみ)に出迎えられます。
珍スポットではありますが、れっきとしたお寺でもあります。
ハニベ巌窟院とは、「彫刻家が造った洞窟の寺」という意味だそう。

洞窟の中には、各宗派の仏像やインドの神様、さらには鬼や地獄に落ちた人など様々な像が。
カオスという言葉がぴったりの空間が広がります。
親子二代で作成したというこの洞窟、まさに珍スポットと呼ぶにふさわしい場所です。

ハニベ巌窟院の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハニベ巌窟院
住所 石川県小松市立明寺町イ1
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00(4月-9月), 9:00 – 16:00(10月-3月)
利用料金や入場料 大人800円 小人500円
参考サイト http://www.hanibe.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

巨大な土偶がいる駅

巨大な土偶がいる駅

image by PIXTA / 197788

海岸線を走る電車からの景色がとても美しいJR五能線の駅の1つ、木造駅はその外観から多くの人をざわつかせています。
駅舎の外壁には大きな土偶が。
近くの亀ヶ岡遺跡から発掘された遮光器土偶をモチーフに造られた「しゃこちゃん」です。

何年か前には電車の発着時に目が赤く光ったそう。
ネット上で「ゲームのラスボスみたい」といわれているのも何だか納得してしまいますよね。
特徴のある駅として、「東北の駅100選」にも選ばれています。

木造駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 木造駅
住所 青森県つがる市木造房松10
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.jreast.co.jp/akita/gonosen/menu/15.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

桃太郎生誕の地はここだった

桃太郎伝説の地といえばほとんどの人が岡山と答えるでしょう。
実は愛知県犬山市にも桃太郎生誕の地という伝説があり、神様として祀られているのです。
その神社が桃太郎公園の中にある桃太郎神社。
伝説もさることながら、コンクリートで作られた像が話題を呼んでいます。

鳥居の前の像は、桃太郎が桃から生まれた時を再現しています。
犬・猿・キジ・鬼の他、おじいさんやおばあさんの像もありますので、ぜひ探してみてください。
少しシュールではありますが、子供の成長や長寿にご利益がある立派な神社ですので、お参りはお忘れなく。

桃太郎神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 桃太郎神社
住所 愛知県犬山市栗栖大平853
営業時間・開場時間 10:00 – 16:00
利用料金や入場料 大人200円 小人100円(宝物館入場料)
参考サイト http://inuyama.gr.jp/facility/facility-42367
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

少しゆるい感じがいいでしょ?

日本の珍スポットをご紹介してきました。
いかがでしたか?王道観光地とは少し趣が違いますが、ちょっとゆるい感じに癒されませんか?珍スポットでの写真は、話題になること間違いなし。
カメラを忘れずに出かけましょう!
photo by PIXTA