京都はやっぱりここが最強か…「仙洞御所」の魅力をご紹介!

京都はやっぱりここが最強か・・・仙洞御所編。美しき庭園を持つ仙洞御所、訪れた人々はみな「素晴らしい」と感想を述べています。仙洞御所の何が魅力的なのか、知ったらきっと行きたくなる!今後の旅にお役立ていただけるように写真と共にその魅力をご紹介!

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

仙洞御所とは?

仙洞御所とは?

image by PIXTA / 638891

仙洞御所(せんとうごしょ)とは、退位した天皇の御所のことで、仙洞というのは、本来、仙人の住処のことで、そこから転じてこの呼び名となったそうです。

仙洞御所の住所・アクセスや営業時間など

名称 仙洞御所
住所 〒602-0881 京都府京都市 上京区京都御苑3
営業時間・開場時間 11:00~13:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/sento.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

火災により焼失…

火災により焼失…

image by PIXTA / 638895

仙洞御所にあった建造物群は、1854年に起きた火災により焼失。
その後、再建されることなく、現在では庭園、茶室のみが残っています。

仙洞御所西北 京都大宮御所

仙洞御所西北 京都大宮御所

image by PIXTA / 22456421

後水尾天皇の中宮であったという「東福門院」の女院御所として造られたものが元とされる「大宮御所」は、大正時代に入ると内装などが洋室に改装され、住居としての実用性を向上させ、仙洞御所の庭園を合わせた「邸宅」としての装いが整えられました。
現在は、大宮御所と仙洞御所を合わせた邸宅を「大宮御所」と呼び、天皇、皇后、皇太子、皇太子妃の京都府への帰京の際の滞在施設として使用されているそうです。

仙洞御所の住所・アクセスや営業時間など

名称 仙洞御所
住所 〒602-0881 京都府京都市上京区京都御苑3 京都御苑内
営業時間・開場時間 参観開始時間 午前11時 午後1時30分
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/sento.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2つの池を中心に広がる庭園

2つの池を中心に広がる庭園

image by PIXTA / 15875370

醒花亭(せいかてい)は、現在の仙洞御所にある2つの池の1つ、南池の南端にある茶屋。
ちなみに、もう1つの池は北池で、北池西岸には、又新亭(ゆうしんてい)と呼ばれる茶室があります。
先に説明した通り、焼失後に再建されることなく、現在は庭園と茶室のみが残る仙洞御所ですが、それでもみて回るだけの魅力があります。

行った気になれる 仙洞御所写真集

行った気になれる 仙洞御所写真集

image by PIXTA / 15875361

六枚橋

image by PIXTA / 14127019

醒花亭

image by PIXTA / 21024638

北池 女院御所

image by PIXTA / 18392140 

南池 葭島 

京都 仙洞御所はココ!

京都の宮内庁にある仙洞御所、青々と苔むす日本らしい風景から、美しい藤棚、つつじに桜、紅葉まで楽しめる、庭園と言えども少々の起伏がある、見ごたえある広々とした場所です。
仙洞御所を訪れるには「事前予約」が必要とのことなので、興味のある方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

さあ、旅に出かけよう!

京都はやっぱりここが最強か・・・ということで、京都の仙洞御所をご紹介してまいりました。
広々とした庭園内は、四季を満喫できる自然で一杯です。
古今和歌集、三十六歌仙の1人である歌人「紀貫之(きのつらゆき)」が住まう、紀貫之邸があったとも言われる仙洞御所。
事実は定かではありませんが、この美しい風景を元に歌を詠んだのかもしれませんね!そんな、詩人も絶賛したであろう美しい風景を一度は観に行ってみたくありませんか?
photo by PIXTA