オーストリア支配下時代の雰囲気残る港町「クロアチア・リエカ」の観光スポット4選

クロアチア共和国北西部・アドリア海に面する港湾都市リエカ。ローマ時代からアドリア海の重要な港町として発展したこの街は、15世紀からオーストリアの支配下に入りオーストリア・ハンガリー帝国の重要な中継港に。第2次世界大戦後の旧ユーゴスラビア領時代を経て、1991年にクロアチア領となりました。今回はそんなリエカからオーストリア支配下時代の建築物を含む、歴史的観光スポットを中心に見ていきましょう。

この地が生んだ名作曲家の名がつく「国立劇場」

この地が生んだ名作曲家の名がつく「国立劇場」

image by iStockphoto / 20015121

この後時計塔からコルゾ通りを抜けた広場にある1844年建設の国立劇場。
リエカ出身の作曲家で初めてクロアチア語のオペラを作ったイヴァン・ザイツ(1832-1914)の名前から「イヴァン・ザイツ劇場」と呼ばれており、劇場のある広場にも彼の名前が使われています。
外観はオーストリア支配下時代の雰囲気を残した造りとなっており、塗られた色もハプスブルク家のイメージカラーであるクリームが全面に。
名作「アイーダ」でこけら落としされて以降、国を代表する劇場として有名。

image by iStockphoto / 20609770

image by iStockphoto / 20015154

クロアチア国立​​劇場 イヴァンザイツの住所・アクセスや営業時間など

名称 クロアチア国立​​劇場 イヴァンザイツ
名称(英語) Hrvatsko narodno kazalište Ivana
住所 HNK Ivana pl. Zajca, Uljarska ul. 1, 51000, Rijeka
営業時間・開場時間 公演による
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://hnk-zajc.hr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

血を流した伝説のキリスト像が残る「スヴェティ・ヴィダ教会」

血を流した伝説のキリスト像が残る「スヴェティ・ヴィダ教会」

image by iStockphoto / 28061458

17世紀にキリスト教・イエズス会によって建設された円形の教会。
ここの内部主祭壇に飾られたキリスト十字架像は、1292年にある男が賭け事に負けた腹いせに投げつけた石がこの像に当たり、その像から血が流れたという伝説が残っている有名な像。
像の脇に飾られた石は男が投げた伝説の石で「1192年、この石で十字架像が打たれた」とラテン語で記されており、像から流れ出た血は小瓶に入れて教会に保管されているそうです。
クロアチアの100Kn札にもその姿が描かれ、国民にも広く知られた存在となっています。

スヴェティ・ヴィダ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 スヴェティ・ヴィダ教会
名称(英語) Katedrala Svetog Vida
住所 trg Grivica 11, 51000, Rijeka, Hrvatska
営業時間・開場時間 6:00 – 17:00, 土6:00 – 12:00, 日9:00 – 13:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://katedrala-rijeka.eu/i
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハプスブルク家の香り残る「時計塔」

ハプスブルク家の香り残る「時計塔」

image by iStockphoto / 20646283

大きな通り・コルゾ通りに1695年に建てられた時計塔。
オーストリア・ハプスブルク家のイメージカラーであるクリーム色で塗られた外観が可愛らしく、時計台の下にはレオポルト1世とカール6世の胸像レリーフ、ハプスブルク家の紋章をモチーフにした双頭の鷲のレリーフがあります。
この周辺は毎年1月に中世以来のカーニバルが行われる場所でもあり、メーンパレードが通っていくスポットに。
女王コンテストや仮装行列など大きなイベント盛りだくさんの内容で、このパレードを目当てに来る観光客も多いようです。

image by iStockphoto / 90516097

時計塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 時計塔
名称(英語) Gradski toranj
住所 Korzo 11, 51000, Rijeka
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitrijeka.hr/Sto_vidjeti/Spomenici/Gradski_toranj
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トルサット城でゆったり街並みを眺める

トルサット城でゆったり街並みを眺める

image by iStockphoto / 22641550

トルサット城は中世に建設された城。
この街の起源である「トルサティカ」と呼ばれた丘の上の土地にあり、ローマ時代には異民族の侵入を防ぐ防衛拠点にもなっていました。
現在の姿に改築されたのは19世紀になってからで、城内には白の歴史解説の展示やカフェ、街やクヴァクネル湾を見渡せるスペースも。
部屋などはシンプルな作りで豪華な雰囲気はありませんが、静かに時を過ごしたい方にはぴったりでしょう。
城内は無料で開放されているため、気軽に立ち寄ってみては。

image by iStockphoto / 59491722

トルサット城の住所・アクセスや営業時間など

名称 トルサット城
名称(英語) Trsatska gradina
住所 Ul. Petra Zrinskog 17, 51000, Rijeka
営業時間・開場時間 9:00 -14:00(4月-9月), 9:00 – 11:00(10月-3月)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.trsatskagradina.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ザグレブからは電車で約4時間

日本からリエカへの直行便は就航していません。
リエカに向かう際は途中で別都市をを経由しザグレブ空港へ向かい、そこから電車かバスで約4時間かけて行くことになります。
ザグレブからちょっとした長旅をしてみようという方は、ぜひリエカ行きを考えてみては。
photo by iStock