石垣島から船で10分「竹富島」の魅力…沖縄旅行で絶対行きたい魔法の島

沖縄の八重山諸島に浮かぶ「竹富島」。 周囲9km程の小さな島ながらもあまりにも有名で、人々を魅了する美しさが詰まった島です。歩くとシャリシャリ鳴る白砂の小路、三線の心地良い音色を聴いていると日常をすっかり忘れてこの島に馴染んでいくのを感じることでしょう。今回はそんな癒しスポットである竹富島についてご紹介いたします。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選

外周道路を気持ち良くサイクリング

 

外周道路を気持ち良くサイクリング

image by PIXTA / 7287943

集落内では砂に車輪を取られてしまうこともありますが、島の外周道路ならその心配もなく気持ち良いサイクリングができますよ。
島の西側、西桟橋からカイジ浜のあたりまでは竹富島でも数少ないコンクリートの整備された道路となっています。
島内にあるサンタサイクルショップは、港からの送迎も行ってくれるので少し離れた港~集落間の行き来も便利です。

友利レンタサイクルの住所・アクセスや営業時間など

名称 友利レンタサイクル
住所 沖縄県八重山郡 竹富町竹富524
営業時間・開場時間 8:00 – 17:30(夏季) 8:00 – 17:00(冬季)
利用料金や入場料 300円 –
参考サイト http://tomori-kankou.com/bicycle
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海に吸い込まれそうな光景 西桟橋

 

海に吸い込まれそうな光景 西桟橋

image by PIXTA / 13462191

エメラルドグリーンの美しい世界に引き込まれそうな西桟橋。
約100mも突き出しているのは、かつては漁の際に干潮時にも対応できるようにこのような形で造られたといわれています。
現在では、サンセットを眺む絶好のスポットとして、夕暮れ時になると多くの観光客が夕陽の沈む瞬間を見に訪れています。
2005年には黒島の伊古桟橋とともに登録有形文化財に登録されています。

西桟橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 西桟橋
住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富207
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.okinawainfo.net/yaima/taketomi-nishi.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本のビーチの美しさだって負けていません!

 

日本のビーチの美しさだって負けていません!

image by PIXTA / 493972

こんなに美しいビーチが日本にもあるなんて! と感動を覚えるほどに、白い砂、エメラルドグリーンの海が続くコンドイビーチ。
遠浅であまり波はないので、浮き輪に乗ってぼーっとしたくなるようなビーチです。
夏期にはパーラーが出ていて、ドリンクやアイスなども販売されています。
こちらのビーチにも猫が頻繁に遊びに来ていて、木の影やベンチで一休みしている姿が見られます。

コンドイビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 コンドイビーチ
住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富926
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.taketomizima.net/k-kondoi.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

星砂を探しにカイジ浜へ

 

星砂を探しにカイジ浜へ

image by PIXTA / 1648274

カイジ浜は、綺麗な海とは裏腹に足元がゴツゴツとし、海流が速いため遊泳禁止の場所となっています。
じゃあ、何をしに行くのかって? ここには星の形をした砂がたくさんあるんです! 砂に手の平をぐっと当てると普通の砂の中に混ざって星砂が付いてくるんですよ。
1回すくえば2、3粒は見つかるので、時間を忘れて星砂探しに没頭してしまうかもしれません。
まとまった星砂が欲しい場合は、ここにある売店で購入しましょう!

カイジ浜の住所・アクセスや営業時間など

名称 カイジ浜
住所 沖縄県八重山郡 竹富町竹富
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.taketomizima.net/k-kaiji.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

一応、島内のランドマーク的存在です

 

一応、島内のランドマーク的存在です

image by PIXTA / 13463146

集落の中心に建つなごみの塔。
竹富島のランドマーク的存在といえるかもしれません。
展望台とはいっても、高さはわずか4.5m! ですが、低い建物ばかりの竹富島を見渡すには十分な高さといえるでしょう。
上へ昇る階段も展望台部分も狭く、大人2人が立つのでやっとで塔の下には順番待ちをする人が列を成していました。
ですが残念なことに、老朽化により2016年には塔へ登ることが禁止となってしまいました。
再び展望台に上がれるよう復旧を願うばかりです。

なごみの塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 なごみの塔
住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%94%E3%81%BF%E3%81%AE%E5%A1%94
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

後世に残される伝統的な町並み

 

後世に残される伝統的な町並み

image by PIXTA / 6114341

赤瓦の屋根に木造の平屋建ての家。
竹富島に同じような家ばかりが並んでいるのは、沖縄の伝統的な町並みを後世に伝えるべく保存地区となっているからなのです。
そのため、新築や修繕を行う場合には、建物の形や高さなど厳しく制限されているのです。
屋根の上に飾られているシーサーは、その家の家主の好みで作られていて、ひとつづつ表情の違ったシーサーを眺めることができますよ。
集落に面した白砂の道は、毎朝住民の手によって掃き掃除が行われており、この島への愛着心を感じますね。

重要伝統的建造物群保存地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 重要伝統的建造物群保存地区
住所 沖縄県八重山郡竹富町字竹富
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.taketomizima.net/k-mati.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

町並みに溶け込む竹富島郵便局

 

町並みに溶け込む竹富島郵便局

image by PIXTA / 11232906

八重山諸島の中でも最も沖縄らしい建物の竹富島郵便局。
もちろん屋根にはシーサーが飾られていて、近隣の集落にもしっかり溶け込んでいます。
普段、郵便局を見てもワクワクすることはあまりないかもしれませんが、竹富島の郵便局なら訪れる価値はあります。
外観ももちろんそうですが、ここから自分宛にポストカードを送ることで、竹富島の風景印が押されて届きますよ。
旅の記念にもなるのでぜひおすすめします。

竹富郵便局の住所・アクセスや営業時間など

名称 竹富郵便局
住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富500
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300170405000/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水牛車に乗ってのんびり島観光

 

水牛車に乗ってのんびり島観光

image by PIXTA / 23674711

竹富島に来たら絶対乗りたくなるのが水牛車! ガイドさんの説明や三線を聴きながら30分かけて竹富島の集落内を周ります。
水牛の歩みはゆったりと心地良く、時には水牛車渋滞なんていうほのぼのした光景も見られます。
ここで活躍している水牛たちははみんな賢く道順を覚えているんですよ。
小影に入ってサボる子、ゴールが近くなるとスピードを上げる子などみんな個性があって可愛らしい! ツアー会社によってルートが異なるので、周りたい方に参加してくださいね。

水牛車(竹富観光センター)の住所・アクセスや営業時間など

名称 水牛車(竹富観光センター)
住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富441
営業時間・開場時間 9:00 – 16:00
利用料金や入場料 1200円
参考サイト http://suigyu.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

猫好きさんにも堪らない竹富島

 

猫好きさんにも堪らない竹富島

image by PIXTA / 5024083

猫好きさんにとって訪れるべき島のひとつでもある竹富島。
集落内を歩いていると、まぁ猫によく会うこと。
ほとんどの猫は地域猫として島のみんなに可愛がられているようで、呼ぶ人によって名前が変わることも。
観光客に対してもオープンな子たちが多く、ベンチやビーチで休んでいるとどこからかやってきて体をすり寄せてきます。
もしここにきてちょっと退屈になったら猫と遊べばいい。
そんな穏やかな時間が竹富島には流れています。

見上げれば満天の星空!

 

見上げれば満天の星空!

image by PIXTA / 536525

半日から1日あれば周れてしまう程の小さな竹富島ですが、もし時間が許すのであれば1泊してみましょう。
島内には、民宿やリゾートホテルまで様々なタイプの宿泊施設があります。
プライベート感を重視するはやはりホテルですが、初めて会った者同士でワイワイ騒げるのは民宿の良い所。
普段はあまり口にすることがない泡盛もこのような場なら、スイスイすすんでしまうかも。
夜になったら空を見上げてみましょう。
高い建物もなく灯りも少ない竹富島なら満天の星空が期待できますよ!

景色の美しさ、人々の優しさがぎゅっと詰まった島

 

竹富島は、石垣島から高速船でわずか10分で行ける楽園のような島です。
手軽に行けるというのももちろんですが、何よりも島に住む人々の温かさに惚れてリピートするという人もたくさんいるのも頷けます。
近年では、羽田から石垣島への直行便も運航されるようになり、ますます離島へのアクセスもしやすくなりました。
石垣島まで来たらぜひ竹富島まで足を延ばし沖縄の原風景を目に焼き付けてきてはいかがでしょうか。
photo by PIXTA
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ