アメリカ国歌が生まれた港湾都市、「ボルティモア(Baltimore)」の魅力

ボルティモア(Baltimore)は、アメリカ合衆国・メリーランド州中部・チェサピーク湾の奥にあります。1797年に誕生した最も古い都市のひとつですが、1970年代後半にインナーハーバーが再開発され、古くからの港湾都市は全米でも有数の観光地となりました。アメリカ国歌が生まれた場所、野球選手ベーブ・ルース生誕の地としても知られるボルティモア。どんな魅力的な場所なのかこれからご紹介しましょう。

ボルティモアへの行き方

ボルティモアへの行き方

image by iStockphoto / 4907594

日本からボルティモアまでの直行便はありません。
ボルティモア市から南南西へ約16kmの場所には、ボルティモア・ワシントン国際空港があるので、アメリカ内の都市で乗り継ぎ、ボルティモアまで行くことが出来ます。
また、日本から直行便があるワシントンD.C.へはおよそ12時間。
ワシントンD.C.からボルティモアまで列車で約40分の距離なので、広いアメリカの旅の行程によって行き方が変えられますね。

image by iStockphoto / 14909839

ボルチモアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ボルチモア
名称(英語) Baltimore
住所 アメリカ合衆国メリーランド州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.baltimorecity.gov
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チェサピーク湾の最奥部『インナーハーバー』

チェサピーク湾の最奥部『インナーハーバー』

image by iStockphoto / 42468858

古い歴史を持つ美しい港、インナーハーバー。
1970年代後半の再開発により、たくさんの近代的な建物やレジャー施設が湾の周りを囲むように建てられました。
レストランをはじめ、水族館、潜水艦、博物館、ショッピングモールなど見どころたくさん。
大道芸人や野外コンサートなどのイベントも年中開かれています。
楽しい時間を過ごせる、ボルティモア観光の中心地です。

image by iStockphoto / 17653222

image by iStockphoto / 75747253

image by iStockphoto / 100414279

インナーハーバーの住所・アクセスや営業時間など

名称 インナーハーバー
名称(英語) Inner Harbor
住所 Baltimore, MD
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://baltimore.org/article/baltimore-inner-harbor
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

全米屈指の水族館『ボルティモア国立水族館』

全米屈指の水族館『ボルティモア国立水族館』

image by iStockphoto / 71975001

インナーハーバーにあるガラス張りの温室のような外観をした建物が、全米屈指のボルティモア国立水族館です。
大阪の海遊館と同じ設計者の広すぎる館内には、日本にはいない魚やジャングルのように生い茂った木、滝、迫力あるサメの展示などがあり、複雑な造りには目を奪われてしまうことでしょう。

image by iStockphoto / 19632679

ボルティモア国立水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ボルティモア国立水族館
名称(英語) National Aquarium, Baltimore
住所 501 E Pratt St, Inner Harbor, Baltimore, MD 21202-3574
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 39.95ドル
参考サイト http://www.aqua.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アメリカ国歌が生まれた星形要塞『マックヘンリー要塞』

アメリカ国歌が生まれた星形要塞『マックヘンリー要塞』

image by iStockphoto / 19933891

マックヘンリー要塞は、北海道・函館市の五稜郭に似た星形要塞です。
アメリカの国歌「The Star-Spangled Banner(星条旗)」の歌詞の元となった米英戦争の激戦地として有名。
ビジターセンターに入ると、マックヘンリー要塞の歴史の映像が見られます。
10分ほどの映像が終わると、アメリカ国旗とともに国歌が流れ、自然とセンター内のアメリカ人が全員起立し、国歌を斉唱するのだそうですよ。

image by iStockphoto / 77495139

フォートマクヘンリー  の住所・アクセスや営業時間など

名称 フォートマクヘンリー  
名称(英語) Fort McHenry National Monument and Historic Shrine
住所 2400 E Fort Ave, Baltimore, MD 21230 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 7ドル
参考サイト https://www.nps.gov/fomc/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

こちらが元祖『ワシントン記念碑』

こちらが元祖『ワシントン記念碑』

image by iStockphoto / 17483395

ワシントンD.C.にあるワシントン記念塔よりも、このボルティモアの記念碑の方が元祖と言われています。
記念碑とともに古い街並みが続く歴史的なエリアは、夜にはラライトアップされ、紫色に染められたワシントン記念碑は一際目を惹く美しさ。
最上階へ登ることも出来るので、市内の素晴らしい景色が見られることでしょう。

image by iStockphoto / 97030247

ワシントン記念碑の住所・アクセスや営業時間など

名称 ワシントン記念碑
住所 2 15th St NW, Washington, DC 20024 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 9:00-22:00
利用料金や入場料 無料(ただし整理券が必要)
参考サイト http://www.nps.gov/wamo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

人気球場『オリオールズ・パーク・アット・カムデン・ヤーズ(Oriole Park at Camden Yards)』

人気球場『オリオールズ・パーク・アット・カムデン・ヤーズ(Oriole Park at Camden Yards)』

image by iStockphoto / 82359249

ボルチモア・オリオールズのホームグランドは、1992年に建てられたレンガ造りの人気球場です。
インナーハーバーから歩いて10分ほどの街のど真ん中にあるため、アクセス良好。
ヤンキーズ、レッドソックスとの対戦も多いです。
球場のセンター側にはベーブ・ルースの銅像があるので、彼の生家が近い球場に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

オリオール パーク アット カムデン ヤーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 オリオール パーク アット カムデン ヤーズ
名称(英語) Oriole Park at Camden Yards
住所 333 W Camden St, Baltimore, MD 21201-2496
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 15ドル-
参考サイト http://baltimore.orioles.mlb.com/bal/ballpark/index.jsp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

素人が放つ異彩なアート『アメリカン ビジョナリー美術館(American Visionary Art Museum)』

素人が放つ異彩なアート『アメリカン ビジョナリー美術館(American Visionary Art Museum)』

image by iStockphoto / 52089064

キラキラとしたモザイクがはめ込まれた外壁が目立つ「アメリカン ビジョナリー美術館」は、素人による作品を集めた美術館。
入口では1500本の爪楊枝を使ったマットがお出迎え。
芸術としての価値があるかは見た人に委ねられますが、他の美術館では見られないユニークで異彩なアート4000点以上を目にすることが出来ます。
最上階にはおしゃれなカフェもあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

image by iStockphoto / 52089018

アメリカン ビジョナリー美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 アメリカン ビジョナリー美術館
名称(英語) American Visionary Art Museum
住所 800 Key Hwy, Baltimore, MD 21230-3940
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 15.95ドル
参考サイト http://www.avam.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アメリカの歴史を知るには欠かせない場所

いかがでしたか?ボルティモアは、日本人には馴染みが薄いかも知れませんが、アメリカの歴史を知るうえで重要な場所でしたね。
インナーハーバーが再開発されたことにより都市が活性化し、観光都市としても魅力的な場所になったボルティモア。
是非足を運んでみてくださいね。
photo by iStock