インドネシア「デラワン島」の絶景ビーチに癒やされる旅

インドネシアのカリマンタン島の東にあるデラワン島はダイビングポイントとして知られています。デラワン島周辺には違ったバリエーションのダイビングを楽しめる島がありダイバーたちに人気のスポットです。デラワン島で見られる海の様子を紹介します。

のんびり過ごせるビーチ

のんびり過ごせるビーチ

image by iStockphoto / 51753168

デラワン島の周囲は2kmほどで、砂浜の砂は白くてとてもきれいです。
平均的な気温は28度~32度で、服装は一年中夏服で過ごすことができます。

色とりどりの魚たち

色とりどりの魚たち

image by iStockphoto / 52283582

デラワン島周辺の島には、ボートで行くことができます。
サンガラキ島へは約40分、カカバン島へは約50分、マラトゥア島へは約1時間20分で行くことができます。

ふわふわ漂うクラゲの仲間

ふわふわ漂うクラゲの仲間

image by iStockphoto / 52283134

サンガラキ島ではマンタが多く見られ、カカバン島では図鑑に載っていない小さい生き物が見られ、マラトゥア島は流れが速いですが大きな生き物が見られます。

カラフルなウミウシの仲間

カラフルなウミウシの仲間

image by iStockphoto / 51201624

デラワン島では小さな生き物がたくさん見られ、夜もダイビングをすることができます。

不思議な形のウミウシの仲間

不思議な形のウミウシの仲間

image by iStockphoto / 52289456

デラワン島の1番気候が良い時期は、4月から7月です。
11月から3月は、雨季にあたりスコールが降ったり、風が強い日もあります。

種類が豊富なサンゴ礁

種類が豊富なサンゴ礁

image by iStockphoto / 51411530

海の中は水深15mまでは緩やかな傾斜が続いており、いろいろな種類のサンゴが見られます。
潮の流れは比較的緩やかで、ガイドさんが先導してくれるので初級者のダイバーでも楽しめます。

サンゴ礁に集まる魚たち

サンゴ礁に集まる魚たち

image by iStockphoto / 52283270

浅瀬は豊かなサンゴが広がっており、30mまで平らな砂地が広がっています。
海底の宝探しのようで、次々と不思議な生き物に出会えます。

ユニークなカレイの仲間

ユニークなカレイの仲間

image by iStockphoto / 52181926

水温は26~29度ぐらいです。
島の海岸では潮干狩りもできます。
レストランに持って行くと料理してもらえるそうです。

黄色いオコゼの仲間

黄色いオコゼの仲間

image by iStockphoto / 52181644

デラワン島は、ダイビングを楽しむ以外はショッピングや観光できるようなところはありませんが、ウミガメの子どもが人工的に飼育されており、たくさんの子ガメを見ることができます。
夜になるとウミガメの産卵を見られることもあります。

大型のものもいるナマコの仲間

大型のものもいるナマコの仲間

image by iStockphoto / 52289364

素朴で、プライベート感あふれる雰囲気の中、のんびり気ままに旅するには最高のスポットです。

海の上に建てられたコテージ

コテージの室内にはエアコンもあり、トイレ・シャワーも全室に完備されています。
食事は水上レストランでいただくことができ、島内の治安も良いので安心して過ごすことができます。
コテージでゆっくりとした時間を過ごすのもおすすめです。
photo by iStock