宮城観光ならここ!日本三景のひとつ、「松島」へ行こう

日本三景、全部言えますか?広島の宮島、京都の天橋立、そして今回ご紹介する宮城県の松島です。「風光明媚」という言葉がぴったりの浮世絵のような美しい景色が見られることから、古くから観光地としてたくさんの人が訪れる地です。これを読んだら、松島に行きたくなること間違いなし!
【決定版】地元民が教える、仙台の観光ガイドはこちら。

ミシュランガイドで三つ星を獲得

ミシュランガイドで三つ星を獲得

image by PIXTA / 5497153

宮城県の県庁所在地、仙台市から電車で30分。
松島海岸駅に降り立つと、美しい海とたくさんの島々が目に飛び込んできます。
町名にもなっていますが、この海に点在する260余りもの島々を総称して松島と呼ぶそうです。
その美しさは世界的にも認められ、ミシュランガイドでは三つ星を獲得しています。

湾内が浅かったこと、たくさんの島々が防波堤の役割を果たしたことから、東日本大震災でも壊滅的な被害を免れました。

松島の住所・アクセスや営業時間など

名称 松島
名称(英語) Matsushima
住所 宮城県松島町松島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.matsushima-kanko.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どこから見ますか?

どこから見ますか?

image by PIXTA / 24145673

松島を一望できる「四大観」と呼ばれるポイントがあります。
それぞれ見える景色が違うことから、壮観(大高森)・麗観(富山)・偉観(多聞山)・幽観(扇谷)と名前が付けられているんですよ。

おすすめは壮観。
直線的な嵯峨峡と曲線的な松島湾を一度に見ることができる人気のスポットです。
大高森は、松島海岸駅からは少し離れた宮戸島という陸繋島にありますが、わざわざ行く価値のある景色が見られますよ。

image by PIXTA / 15000601

遊覧船に乗って、島を間近で見るのもいいですよ。
松島湾をゆっくり一周するコースがおすすめです。
双子島や仁王島など変わった形の島の間を、海風を感じながらゆっくり巡ることができます。
船に乗ると、のんびりした気持ちになるという方は多いと思います。
松島名物のウミネコにはご注意を。

対岸の塩釜に向かうコースも人気があります。
松島を見た後は塩釜観光、なんて方には時間を有効に使えていいですね。

近くには見逃せないスポットも

近くには見逃せないスポットも

image by PIXTA / 21514510

美しい景色が素晴らしい松島ですが、それ以外にも見逃せないスポットがたくさんあるんですよ。
最初にご紹介するのは「瑞巌寺」です。

伊達政宗ゆかりの寺で、なんと国宝です。
平成30年まで大改修が行われており、本堂などの内観ができません。
その代わり、ご本尊や大位牌など普段はめったに見られないものが特別公開されているんですよ。
このチャンス、逃すわけにはいきません。

image by PIXTA / 18469281

もし秋に松島を訪れることがあったら絶対に行っていただきたいのが「円通院」です。
瑞巌寺に隣接した、比較的小さなお寺ですが庭の美しさで有名です。
紅葉の時期にだけ、夜間拝観ができます。
ライトアップされた庭園は実に幻想的。
古代笛やバイオリンなどの生演奏も行われ、雰囲気のいい空間が演出されます。

オリジナルの数珠が作れる「数珠作り体験」は特に女性に大人気。
縁結びのスポットとしても地元では有名なんですよ。

image by PIXTA / 1223865

松島湾に浮かぶ朱塗りの橋が「福浦橋」です。
中心部の海上にすっとかかる姿から「赤い水平線」なんていわれることも。
松島には他にも、朱い橋が2つありそれぞれ「縁結び橋」「縁切り橋」と呼ばれています。
福浦橋は、「出会い橋」なんだそうですよ。

渡った先の福浦島は歩いて回っても30分ほどの小さな島。
弁天堂や見晴台、小さな茶店がありちょっとしたお散歩に最適です。

image by PIXTA / 14963362

松島のシンボル「五大堂」は、小さな島の上に建つお堂です。
現在の建物は、慶長9年(1604年)に伊達政宗によって創建されました。
東北で一番古いの桃山建築としても有名です。

島に渡るには先ほどご紹介した「縁結び橋(すかし橋)」を渡ります。
この橋、名前の通り足元がすけすけ。
格子状の橋で、隙間から海がばっちり見えちゃいます。
五大堂に向かう前に、気を引き締めるためにこういう造りにしたんだとか。

ここでしかできない体験も!

ここでしかできない体験も!

image by PIXTA / 17324636

景色やお寺を堪能した後は、笹かまぼこの手焼き体験なんていかがですか?宮城県のお土産として代表的な笹かまぼこ。
手焼きの体験ができるお店が、松島には3つもあるんですよ。
所要時間はなんと10分程度。
自分で焼いたあつあつの笹かまぼこは絶品間違いなしですよね。

もちろんお土産用の笹かまぼこの販売も行っています。
最近ではチーズや牛タンが入った笹かまぼこが人気。
いろんな味の笹かまぼこを試してみませんか?

松島の冬の風物詩といえば、これ

松島の冬の風物詩といえば、これ

image by PIXTA / 5522070

松島の冬の味覚と言えば何といっても牡蠣です。
松島湾ではたくさんの牡蠣が養殖されていて、シーズンにはその味目当てにたくさんの人が押し寄せます。
遊覧船に乗って、牡蠣を食べる「かき鍋クルーズ」なんてものも。

一番のおすすめは、「かき小屋」です。
大きな鉄板の上に殻つきの牡蠣をスコップで豪快にのせ、蒸し焼きにします。
あつあつなので、軍手をしながら食べるんですよ。
これを食べずに松島は語れません。

実は牡蠣と同じくらい有名なんですよ

牡蠣と並んで、松島の味といわれるのがあなごです。
あなごといえば、お寿司やあなご丼がメジャーですが今回ご紹介するのは「あなごのひつまぶし」です。

観光地の中心部から少し離れた奥松島といわれる場所にある「田里津庵」では、松島を一望しながら名物の牡蠣やあなごがいただけます。
あなごのひつまぶしは大人気メニュー。
しっかりとした味ながら、うなぎほどの重さはありません。
落ち着いた雰囲気のお店なので、大人のランチにいかがですか?

田里津庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 田里津庵
住所 宮城県宮城郡利府町赤沼字井戸尻132-2
営業時間・開場時間 11:00-16:00
利用料金や入場料 メニューによる
参考サイト http://www.ichinobo.com/taritsuan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

めざせ日本三景制覇

松島は景色はもちろんですが、温泉やおいしい食べ物などもたくさんのとても魅力的な観光地です。
日本人ですから、やっぱり日本三景は制覇したいですよね。
次の旅行先は、松島なんていかがですか?感動の旅が待っていますよ。
photo by PIXTA