半日で制覇可能な秋の京都観光コース!「東福寺駅」周辺エリアで堪能できる絶景スポット5選

世界に誇る日本の観光地、京都。見どころを挙げるときりがありませんが、特に京都が美しく映えるのが、秋の紅葉の季節です。今回はそんな京都のでも、「東福寺駅」周辺エリアで堪能できる秋の絶景を5選ご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

京都随一の紅葉・東福寺

京都随一の紅葉・東福寺

image by iStockphoto / 66995875

「東福寺駅」周辺を代表する紅葉スポットと言えば、その名の通り「東福寺」は外せません。
京都随一の紅葉として知られる「東福寺」には、全国各地から絶景を求めて多くの観光客が訪れます。
中でも最も賑わうのが秋の紅葉シーズン。
葉先が3つに分かれた「通天モミジ」や枯山水の美しい庭、境内に植えられた約2000本ものカエデが出迎えてくれます。
中でも最も人気なのが「通天橋」から見下ろす紅葉。
紅葉の海を眺めるかのような美しい風景が広がりますよ。

image by iStockphoto / 78023837

東福寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 東福寺
住所 京都府京都市東山区本町15丁目778
営業時間・開場時間 9:00-16:00
利用料金や入場料 400円
参考サイト http://www.tofukuji.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美しい虹の苔寺・光明院

美しい虹の苔寺・光明院

image by PIXTA / 22431014

「光明院」は「東福寺」の境外塔頭で、1391年に創建されました。
「虹の苔寺」という通称を持つように、美しい苔の広がる静かな禅寺です。
「東福寺」の勅使門を出てすぐのところに位置しているのですが、あまり観光客は訪れないため、落ち着いて庭園を楽しみたい人にはぴったりのスポット。
枯山水庭園は白砂が大海原を表している趣深い造りで、サツキやツツジで雲紋を表現しているのだとか。
紅葉の時期には苔とモミジのコントラストが上品に広がります。
茶亭で抹茶やおはぎをいただくことができるので、目でも舌でも秋を感じることができますね。

image by iStockphoto / 29861324

光明院の住所・アクセスや営業時間など

名称 光明院
住所 05-0981 京都府京都市東山区本町15−809
営業時間・開場時間 8:30-日没
利用料金や入場料 志納
参考サイト http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000063
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美人のパワースポット・泉涌寺

美人のパワースポット・泉涌寺

image by PIXTA / 17611367

1219年この地に大伽藍を建設していたとき、泉が湧き出たことから「泉涌寺」と名付けられました。
また長年皇室の菩提所となっていることから、別名「御寺」とも呼ばれます。
そんな「泉涌寺」は、実は美人や良縁祈願の寺としても有名で、特に女性に人気となっています。
というのも、唐の玄宗皇帝が楊貴妃が亡くなった後彫らせた「聖観音菩薩像」が、1230年に「泉涌寺」に精来したからなのだとか。
もちろん秋には苔と紅葉のコントラストが見られます。
絶世の美女にあやかって、美のパワーを授かる女子旅にもぴったりのスポットですよ!

image by iStockphoto / 86562289

泉涌寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 泉涌寺
住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
営業時間・開場時間 9:00-16:30
利用料金や入場料 400円
参考サイト http://www.mitera.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どこかで見覚えのある月の窓・雲龍院

どこかで見覚えのある月の窓・雲龍院

image by PIXTA / 23906985

「雲龍院」は「泉涌寺」の別院で、南北朝時代の天皇の勅願によって、1372年に造られました。
本堂には「薬師三尊像」が安置されています。
天皇の勅願が元になっていたり歴代の陵があったりと、皇室とのゆかりが深い別格本山。
写経の儀を大切にするため「龍華院」が造られるなど、写経の道場としても有名です。
その他にもCMで使われたこともある「月の窓」は、一度は見たことある風景かもしれません。
窓ごしの紅葉もまた格別です。

image by iStockphoto / 89106065

雲龍院の住所・アクセスや営業時間など

名称 雲龍院
住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36
営業時間・開場時間 9:00-16:30
利用料金や入場料 400円
参考サイト http://www.unryuin.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

頭の悩みを聞いてくれる・今熊野観音寺

頭の悩みを聞いてくれる・今熊野観音寺

image by PIXTA / 11695108

「今熊野観音寺」は頭の観音様として親しまれており、頭痛で悩んでいる人やボケ封じにもご利益があると言われています。
本堂横には「ボケ封じ枕カバー」なる珍しい逸品も販売されていて、お年寄りに特に人気となっているのだとか。
いつまでも元気でいてほしい人へのお土産にも良いかもしれませんね。
またボケ封じ観音にもぜひお参りしておきましょう。
そんな「今熊野観音寺」の紅葉ベストシーズンは、11月中旬から。
本堂周辺に色鮮やかな紅葉が見られます。
観光客も多くない穴場なので、ゆったり紅葉観賞ができるでしょう。

image by PIXTA / 10894830

今熊野観音寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 今熊野観音寺
住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町32
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kannon.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

落ち着いた紅葉を愛でたい人に

いかがでしたでしょうか。
「東福寺駅」周辺エリアには、観光客があまり多くない、静かに紅葉を楽しめるスポットがさまざま揃っています。
そんな寺社仏閣と紅葉のコラボレーションは、秋だからこその絶景。
期間限定の風景をぜひ堪能してみましょう!
photo by PIXTA and iStock