半日で制覇可能!京都「出町柳」周辺エリアで堪能できる秋の絶景スポット5選

世界に誇る日本の観光地、京都。いつ訪れても見どころが溢れる素敵な街ですが、特に京都が美しく映えるのが、秋の紅葉の季節です。今回はそんな京都でも、「出町柳」周辺エリアで堪能できる秋の絶景を5選ご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

京都市内で最も遅い紅葉・下鴨神社

京都市内で最も遅い紅葉・下鴨神社

image by iStockphoto / 85211787

通称「下鴨神社」と呼ばれていますが、正式名称を「賀茂御祖神社」と言います。
「古都京都の文化財」のひとつとして、世界遺産に登録されていることでも有名ですね。
「上賀茂神社」と合わせて、賀茂氏の氏神を祀っています。
5月に行われる「葵祭」の舞台となる、京都で最も古い神社であり、雅な衣装に身を包んだ行列が糺の森を進んでいく様子は、タイムスリップしたかのような荘厳さです。
そんな「下鴨神社」の紅葉は、京都市内で最も遅い時期。
黄色っぽい紅葉が参道沿いの小川に散って流れてゆく様子も美しいですよ。

image by iStockphoto / 26614590

下鴨神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 下鴨神社
住所 京都府京都市左京区下鴨泉川町59
営業時間・開場時間 6:30-17:00
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://www.shimogamo-jinja.or.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京都市民憩いの場・京都御苑

京都市民憩いの場・京都御苑

image by iStockphoto / 35259864

「京都御所」を囲むように整備された、広大な国民公園です。
苑内には大きな木がさまざま。
モミジやカエデが生い茂り、色とりどりのグラデーションが見られます。
中でも大イチョウの黄金色は、紅葉の時期にだけ見られる美しい風景。
普段は見学するのに予約が必要な「京都御所」ですが、春と秋には一般公開されているので、プランの中にも気軽に組み込みやすいですね。
野鳥も多く生息し、自然をゆったり満喫できる雰囲気は、京都市民憩いの場としても親しまれています。

image by PIXTA / 5402454

京都御苑の住所・アクセスや営業時間など

名称 京都御苑
住所 京都府京都市上京区京都御苑3
営業時間・開場時間 9:00 11:00- 13:30- 15:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sankan.kunaicho.go.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白砂と紅葉のコントラスト・詩仙堂

白砂と紅葉のコントラスト・詩仙堂

image by PIXTA / 11053449

徳川家康の家臣だった石川丈山が建てた山荘で、現在は禅宗寺院となっています。
その創建は1641年。
「嘯月楼」を見上げつつ中に入ると、待ち構えているのが「詩仙の間」。
この場所が「詩仙堂」の名前の由来となったのだとか。
他にも狩野探幽作の肖像画「中国三十六詩仙像」や、優雅な唐様庭園が望めます。
鹿脅や添水が美しく配置された白砂の庭は、11月中旬から12月上旬ともなると、オオモミジやイロハモミジ、ヤマモミジが色とりどりに咲き誇ります。

image by iStockphoto / 58389074

詩仙堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 詩仙堂
住所 京都府京都市左京区一乗寺門口町27
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://www.kyoto-shisendo.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大好物の胡瓜から名付けられた・瓜生山

大好物の胡瓜から名付けられた・瓜生山

image by PIXTA / 24169209

北白川の北東にある標高294mの小高い山で、別名「勝軍地蔵山」とも呼ばれています。
播磨国からやってきた牛頭天王の大好物が胡瓜だったことから、「瓜生山」と名付けられたのだとか。
応仁の乱の後、将軍の足利義晴が隠れた古城があった歴史深い山でもあります。
山城国の歌枕の地として和歌にも多く詠まれており、特に秋の「紅葉」「鹿」、「霧」が詠まれた風光明媚な地です。
山全体があたたかく色づく様子は、少し離れた場所から眺めてもきれいですよ!

image by iStockphoto / 77131987

瓜生山の住所・アクセスや営業時間など

名称 瓜生山
住所 京都市左京区北白川北東
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.toshiomi.net/h36/08uryuu.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界に誇る簡素枯淡の美・東山慈照寺

世界に誇る簡素枯淡の美・東山慈照寺

image by iStockphoto / 101008289

「東山慈照寺」は、京都を代表する世界遺産。
「銀閣寺」という名称の方がなじみがあるかもしれませんね。
「銀閣寺」の名前の由来は「金閣寺」に対抗したもの。
元々は八代将軍足利義政の山荘「東山殿」だった場所で、亡くなった後臨済宗の寺院となりました。
義政は大変美意識の優れた人物だったため、感覚の全てを注ぎ込んで東山文化らしい簡素枯淡の美を表す山荘を造り上げました。
波を表した「銀沙灘」、山のように白砂を盛った「向月台」など見どころも多く、真っ赤に燃える紅葉は京都随一の美しさを誇ります。

image by iStockphoto / 84057921

慈照寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 慈照寺
住所 京都府京都市左京区銀閣寺町2
営業時間・開場時間 8:30-17:00
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

多くの観光客を魅了する世界遺産たち

いかがでしたでしょうか。
「出町柳」周辺エリアには、天皇や将軍にもゆかりが深い、歴史を感じられるスポットがさまざま揃っています。
そんな寺社仏閣と紅葉のコラボレーションは、秋だからこその絶景。
期間限定の風景をぜひ堪能してみましょう!
photo by PIXTA and iStock