次の京都は「大原」だけをじっくり巡りたい!来迎院、宝泉院など秋の絶景スポット5選

世界に誇る日本の観光地、京都。見どころポイントを挙げればさまざまありますが、特に京都が美しく映えるのが、秋の紅葉の季節です。今回はそんな京都でも、「大原」周辺エリアで堪能できる秋の絶景を5選ご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

静かで自然豊かな里・三千院

静かで自然豊かな里・三千院

image by PIXTA / 20125644

「京都~大原三千院~」という歌のフレーズ。
どこかで耳にしたことがある方も多いかもしれません。
京都市中心部から北上した、大原の里にある門跡寺院である「三千院」は、自然を生かした上下2段の庭園配置が特徴。
上段は池泉回遊式の「有清園」、下段は池泉観賞式の「聚碧園」となっています。
紅葉のシーズンは11月上旬~下旬で、門前からカエデのトンネルが出迎えてくれます。
苔の緑に散り落ちる赤やオレンジの紅葉も見事ですよ!

image by iStockphoto / 20054894

三千院の住所・アクセスや営業時間など

名称 三千院
名称(英語) Sanzen-in
住所 京都市左京区大原来迎院町540
営業時間・開場時間 3月-12月7日 8:30-17:00  12月8日-2月 9:00-16:30
利用料金や入場料 一般 700円 , 中学生・高校生 400円, 小学生 150円
参考サイト http://www.sanzenin.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

心落ち着く静かなスポット・宝泉院

心落ち着く静かなスポット・宝泉院

image by PIXTA / 6687045

「宝泉院」は声明の道場として開かれ、住職の宿坊として建てられたものでした。
そのため賑やかというよりひっそりした印象。
伏見城から移された、血天井が供養されていることでも知られています。
庭園は大原の山々を借景に、桜や竹林、カエデなどが眺められるように設計されており、おすすめの鑑賞スポットは書院です。
11月中旬の紅葉のシーズンともなると、イロハモミジやニシキモミジ、イタヤモミジやドウダンツツジなどが燃えるような風景を作り出します。

image by iStockphoto / 103404639

宝泉院の住所・アクセスや営業時間など

名称 宝泉院
住所 京都市左京区大原勝林院町187番地
営業時間・開場時間 午前9時 – 午後5時
利用料金や入場料 拝観料(茶菓付):大人800円  中・高700円  小600円
参考サイト http://www.hosenin.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日々の喧騒を忘れて・来迎院

日々の喧騒を忘れて・来迎院

image by PIXTA / 644148

1109年に創建された「来迎院」は声明音律発祥の地。
現在の本堂は1533年の再建です。
本堂には重要文化財に指定されている、薬師如来や阿弥陀、釈迦三如来坐像が祀られています。
として知られています。
また境内に赤穂義士の大石義雄が建てた茶室「含翠軒」があることでも有名です。
「来迎院」の庭園は小さいものですが、雰囲気が良くしっとりとした造り。
参道の紅葉とともに晩秋の紅葉は特に見事です。
予約をすれば写経体験もできるので、ゆっくり散策を楽しみたい人におすすめのスポットですよ。

image by iStockphoto / 103404667

来迎院の住所・アクセスや営業時間など

名称 来迎院
住所 京都府京都市左京区大原来迎院町537
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 大人400円 大学生400円 高校生300円 中学生300円 小人無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%A5%E8%BF%8E%E9%99%A2_(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%B7%A6%E4%BA%AC%E5%8C%BA)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

修行に使われた厳かな滝・音無ノ滝

修行に使われた厳かな滝・音無ノ滝

image by iStockphoto / 81531997

「来迎院」を抜けた先、「三千院」の裏手にある静かな「音無ノ滝」には、さまざまな伝説が残っています。
声明修行をしていると、声と滝の音が一体になったため、「音無ノ滝」と名付けられたのだとか。
「音無ノ滝」は3、4mほどの滝ですが、一枚岩を流れ落ちながら岩の表面で跳ね上がり見応えたっぷり。
滝を包み込むように色付く紅葉も色濃く鮮やかで、思わず静かにもの思いに耽りたくなるような厳かな雰囲気です。

image by PIXTA / 3406916

音無の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 音無の滝
住所 京都府京都市左京区大原来迎院町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/%E3%81%8A%E5%AF%BA%E3%83%BB%E5%8F%B2%E8%B7%A1/%E9%9F%B3%E7%84%A1%E3%81%AE%E6%BB%9D/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

秋の大原を代表する紅葉・寂光院

秋の大原を代表する紅葉・寂光院

image by PIXTA / 20045041

皇族や貴族の姫君たちが住職を勤めてきた由緒ある尼寺「寂光院」は、正式名称を「清香山玉泉寺」といいます。
その創建はなんと今から1400年もの昔!594年に聖徳太子が、父の菩提を弔うために建てたのが始まりです。
石段を上がり本堂へ向かう参道が一番の紅葉スポット。
赤やオレンジ、黄色の紅葉に囲まれた風景は、秋の大原を代表する美しい光景です。
他にも回遊式の池や鐘楼など、注目したいスポットがさまざまあり、晩秋の境内を賑やかに彩ります。

image by iStockphoto / 102984253

寂光院の住所・アクセスや営業時間など

名称 寂光院
住所 京都市左京区大原草生町676
営業時間・開場時間 3/1-11/30 午前 9時-午後5時 , (冬季) 12/1-12/31 午前9時-午後4時30分 ,1/1-1/3 午前10時-午後4時, 1/4-2/28 午前 9時-午後4時30分
利用料金や入場料 大人600円、 高校生600円、 中学生350円、 小学生100円
参考サイト http://www.jakkoin.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

都会の喧騒を忘れて味わいたい紅葉

いかがでしたでしょうか。
「大原」周辺エリアは、観光客の多い京都中心部から少し離れていることもあり、静かに紅葉が楽しめるスポットがさまざま揃っています。
そんな寺社仏閣と紅葉のコラボレーションは、秋だからこその絶景。
期間限定の風景をぜひ堪能してみましょう!
photo by PIXTA and iStock