ブラジルのヴェニス、美しいエメラルドの港湾都市「レシーフェ(Recife)」の魅力

ブラジル北東部の中心都市・レシーフェは、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロに次ぐ、ブラジル3番目の都会。エメラルドの海岸線に面して立ち並ぶ高層マンションからは、レシーフェが目覚ましい発展を遂げてきたことがわかります。市内にいくつもある運河と橋から、別名「ブラジルのヴェニス」とも呼ばれるレシーフェの魅力をこれからご紹介しましょう。

レシーフェまでの行き方

レシーフェまでの行き方

image by iStockphoto / 83378363

日本からブラジルまでの直行便はないため、アメリカやヨーロッパの主要都市で乗り継ぎ、サンパウロやリオデジャネイロへ。
どちらも所要時間はおよそ22時間ほど。
レシフェの南側にはグアララペス国際空港があり、サンパウロからは約3時間、リオデジャネイロからは約2時間です。
ブラジルは日本の裏側なので長旅になりますね。

image by iStockphoto / 64555189

image by iStockphoto / 64558169

水の都レシーフェ。

image by iStockphoto / 64560047

ヨーロッパの街並みが残る世界遺産『オリンダ歴史地区』

ヨーロッパの街並みが残る世界遺産『オリンダ歴史地区』

image by iStockphoto / 66719401

レシーフェは、かつてポルトガルやオランダに支配されていたためヨーロッパ調の建物が並んでいるオリンダ歴史地区にあります。
オリンダとは、「なんと、美しい!」という意味。
その名のとおり古都の美しい建築物が残されています。
1982年に世界遺産に登録され、ブラジル国内にある植民地時代の遺産の中でも保存状態がよいこの場所は見逃せません。

image by iStockphoto / 38827454

石畳の道にカラフルな建物が並ぶ古都オリンダ。

image by iStockphoto / 19617537

image by iStockphoto / 36161398

オリンダ歴史地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 オリンダ歴史地区
名称(英語) Historic Centre of the Town of Olinda
住所 Olinda, Pernambuco, Brazil
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/189
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高層マンションが立ち並ぶ『ボア・ビアジェン海岸(Praia de Boa Viagem)』

高層マンションが立ち並ぶ『ボア・ビアジェン海岸(Praia de Boa Viagem)』

image by iStockphoto / 98908795

ボア・ビアジェン海岸は、空港近くの海で、ショッピングモールやホテルが立ち並ぶ近代的で便利なエリア。
大西洋に面して立ち並ぶ高層マンションは、中産階級の住居になっています。
残念ながらボア・ビアジェン海岸にはサメがいるため、遊泳の際には注意が必要ですが、のんびり浅瀬でくつろぐにはもってこいの場所。

image by iStockphoto / 30272810

image by iStockphoto / 91917247

レシーフェ発祥の地『マルコ・ゼロ広場』

レシーフェ発祥の地『マルコ・ゼロ広場』

image by iStockphoto / 40942316

マルコ・ゼロ広場は、マルコ・ゼロと呼ばれる0kmと書かれた赤いモニュメントがある、かつてレシフェの色々な場所への距離を測る基準地として使われていた広場。
マルコ・ゼロから放射状に道が広がっているので、ここがレシーフェ発祥の地であることがわかります。
海から眺めるとランドマークとなっている高い奇妙なモニュメントもあるので、訪れてみてはいかがでしょうか。

image by iStockphoto / 40515602

マルコ・ゼロ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 マルコ・ゼロ広場
名称(英語) Marco Zero
住所 Praça Rio Branco Recifo Antigo Recife
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/latin_america/brazil/recife/kankospot/10398588/tips/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

不思議空間『フランシスコ・ブレナンド・セラミック工場(Francisco Brennand’s Ceramic Workshop)』

不思議空間『フランシスコ・ブレナンド・セラミック工場(Francisco Brennand's Ceramic Workshop)』

image by iStockphoto / 43449646

リカルド・ブレナンドが建てたフランシスコ・ブレナンド・セラミック工場は、敷地内に広大な公園がある博物館。
オランダに占領されていた17世紀に関する貴重な資料や展示物が見られます。
中へ足を踏み入れると、中世風の建物や不思議なアートの数々に別世界に迷い込んだ錯覚に陥ってしまうことでしょう。

image by iStockphoto / 43449586

image by iStockphoto / 69864241

フランシスコ・ブレナンド・セラミック工場の住所・アクセスや営業時間など

名称 フランシスコ・ブレナンド・セラミック工場
名称(英語) Francisco Brennand\’s Ceramic Workshop
住所 Av. Eng Domingos Ferreira 1274 – Boa Viagem Recife, 51011-050 Brazil
営業時間・開場時間 現地時間:8:00-17:00(月曜-木曜) 8:00-16:00(金曜) 10:00-16:00(週末)
利用料金や入場料 大人10レアル、学生・教師・シニア5レアル、
参考サイト http://www.brennand.com.br/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レシフェ近郊のエメラルドの海『ポルト・デ・ガリーニャス(Porto de Galinhas)』

レシフェ近郊のエメラルドの海『ポルト・デ・ガリーニャス(Porto de Galinhas)』

image by iStockphoto / 70014789

レシフェ市内からバスで2時間ほど南下した場所にある「ポルト・デ・ガリーニャス」は、透明な海で人気。
都市としての雰囲気が強い「ボア・ビアジェン海岸」に比べ、ヤシの木が並ぶ南国の海という雰囲気満載です。
珊瑚礁が作り出す天然のプールが名物。
各ビーチによって少しずつ趣きが異なるのが面白いですね。

image by iStockphoto / 91917209

image by iStockphoto / 70840971

サンゴ礁で出来た天然のプール。

エキゾチックで魅力的な水の都レシーフェ

いかがでしたか?大西洋を臨む港湾都市・レシーフェは、今後世界でもリッチな都市の仲間入りをすると予想されています。
海から内陸に行くにつれて貧困層となるため治安に不安もありますが、美しい海とヨーロッパが融合するエキゾチックな水の都は魅力的ですね。
photo by iStock