宮城県気仙沼の今すぐ遊びに行きたくなる観光スポット8選

2011年の東日本大震災は宮城県気仙沼に多くの被害をもたらし、人々の人生を一瞬にして変えました。地震と津波で大きな被害を受けた気仙沼ですが着実に復興の道を歩み、新たな観光地として生まれ変わりました。今回は気仙沼市の活気あふれる観光スポットを中心にご紹介します。
【決定版】地元民が教える、仙台の観光ガイドはこちら。
86437:

ipp

朝の気仙沼漁港と魚卸売市場

朝の気仙沼漁港と魚卸売市場
背景に映るのは日本有数の港「気仙沼漁港」です。
水揚げされた魚は選別されて魚市場で迅速に入札が行われます。
水揚げされる魚はカツオ、サンマ、マグロ、メカジキ、サメと多種多様。
船も航海の短い近海船から長くて1年の遠洋船まであります。
サンマやメカジキの水揚げ量は日本一を誇り正に復興の中心地とも言えます。

image by PIXTA / 19334426

マグロが並べられて入札が行われている様子です。
ずらっと並べられたマグロは迫力がありますね。
朝の6時から8時に魚市場へゆけば卸売の様子は見学可能です。
隣接する「シャークミュージアム」の2階から連絡できるようになっており、3階の屋上からは漁船の入港も見られるので早起きして行ってみましょう。

気仙沼漁港・気仙沼市魚市場の住所・アクセスや営業時間など

名称 気仙沼漁港・気仙沼市魚市場
住所 宮城県気仙沼市魚市場前8-25
営業時間・開場時間 5:00 – 12:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://pc.kesennuma-kankomap.jp/tourism/detail/1143
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

人と海との関係を模索する、建設中の防潮堤

86454:人と海との関係を模索する、建設中の防潮堤

Hisilicon K3

魚市場よりさらに南に進むと気仙沼沿岸部に建設中の、巨大なコンクリート造りの「防潮堤」(海岸堤防)が見られます。
高さ5,2mの防潮堤は魚市場にも建設される予定で、津波の危険から住民を守るため計画されました。
圧迫感を考慮し、アクリル窓も設置される予定です。

しかし地元住民からは海が見えなくなる不安、観光事業や自然環境への影響を心配する声が上がっており、合意の得られる解決策を目指して話し合いが続けられています。

防潮堤の住所・アクセスや営業時間など

名称 防潮堤
住所 宮城県気仙沼市朝日町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://seawall.info/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

明るい店の人達に元気づけられる、気仙沼横丁

気仙沼沿岸部の商店街は震災で特に大きな被害を受けた場所です。
現在は仮設店舗で営業を再開しており、その1つが気仙沼湾にほど近い「復興屋台村気仙沼横丁」になります。
付近には俳優渡辺謙さんがオーナーのカフェ、K-Portもあります。

気仙沼横丁はお店の人との距離が近く、気軽に話をしたり地元の人とも仲良くなれるチャンスがあります。
2016年まで営業が延長されましたが土地のかさ上げに伴って今後は不明なので、行けるときに行っておきたいスポットです。

気仙沼ホルモンやメカジキのハーモニカ(背びれ)料理を堪能したら、入り口右手のお店「こぼらぼ」がおすすめ。
こちらではかき氷シロップかけ放題なので夢のレインボーかき氷が作れます。
ほかにもクレープやワッフルなどデザートスィーツが食べられて、甘党にはたまらないお店です。

復興屋台村 気仙沼横丁の住所・アクセスや営業時間など

名称 復興屋台村 気仙沼横丁
住所 宮城県気仙沼市南町4丁目2-19
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.fukko-yatai.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

航海気分を楽しめる、大島行きフェリー

航海気分を楽しめる、大島行きフェリー
気仙沼大島のフェリーポート。
気仙沼から7,5km離れた、面積9.05㎢の小さな島です。
ここへは復興屋台村気仙沼横丁の向かいにあるフェリーポートから約30分で行けます。
40分間隔で出航するこのフェリーは地元の住民もよく利用しています。
付近には駐車場がありますが、予約すれば車もフェリーに積み込むことが出来ます。

現在は船舶のみのアクセスですが2018年には気仙沼大島大橋(愛称:鶴亀大橋)が開通する予定で、訪れる人も増えそうですね。

86440:

Hisilicon K3

右側に写るのはさきほど紹介した「魚卸売市場」です。
大島へ向かうフェリーでは外のデッキに出て海風に吹かれる心地よさにちっぽけな悩みは吹き飛びます。
また、切符売り場で「かっぱえびせん」を買ってゆけばカモメの餌付けができます。
フェリーに負けじと力強く羽ばたきながら、餌めがけて急降下するダイナミックな動きを見せてくれますよ。

大島汽船(株)気仙沼営業所の住所・アクセスや営業時間など

名称 大島汽船(株)気仙沼営業所
住所 宮城県気仙沼市南町海岸1−15
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00
利用料金や入場料 410円
参考サイト http://www.oshimakisen.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まるで沖縄の海のよう、小田の浜海水浴場

86442:まるで沖縄の海のよう、小田の浜海水浴場

Hisilicon K3

大島には島を一望できる亀山、鳴き砂で知られる十八鳴浜(くぐなりはま)などたくさんの遊べるスポットがあります。
夏一番のおすすめはこちらの「小田の浜海水浴場」です。
遠浅のきれいな海岸は快水浴場百選に認定されていて海の家もあります。
静かな海なのでスタンドアップパドルサーフィンを楽しむ人の姿も。
人も多くなく離島ならではのびのびと海水浴を楽しめます。

小田の浜海水浴場の住所・アクセスや営業時間など

名称 小田の浜海水浴場
住所 宮城県気仙沼市中山
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.oshima-kanko.jp/see/kodanohama.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

見たことのない海の幸が並ぶ、お魚いちば

86439:見たことのない海の幸が並ぶ、お魚いちば

Hisilicon K3

気仙沼プラザホテルから直通のエレベーターが通じている市場直送のお魚が並ぶ「お魚いちば」。
巨大なタコの足や、サメの心臓である「モウカの星」、マンボウのお刺身など気仙沼ならではの商品に、まるで初めて動物園を訪れたかのような興奮を覚えます。
併設のお食事処で「モウカの星」に挑戦してみるのも良いですね。
新鮮な刺し身の冷凍や旬の生さんまなどは自宅に発送できるので、荷物が増えるのを気にすることなく買い物を楽しめますよ。

86438:

Hisilicon K3

市場で使用されている、おなじみ水色のトロ箱にいっぱい入ったほや。
気仙沼の特産品でご当地キャラ「ほやボーイ」のモデルでもあります。
ほやを見るのは初めてという人も多いのではないでしょうか。
ほやはその見た目から「海のパイナップル」とも呼ばれており、新鮮なものはそのまま刺し身や酢の物にされ、酒の肴になります。
お店のスタッフさんがおすすめの食べ方を親切に教えてくれるので何でも聞いてみてください。

気仙沼お魚いちばの住所・アクセスや営業時間など

名称 気仙沼お魚いちば
住所 宮城県気仙沼市港町2−13
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://osakana-ichiba.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

気仙沼を代表する一大テーマパーク、シャークミュージアム

シャークミュージアムは気仙沼の魅力が詰まったテーマパークです。
1階はお土産屋と飲食店が並ぶ「海の市」。
2階が「観光サービスセンター」と「シャークミュージアム」。
3階は港の見える駐車場です。
旅行プランや宿泊の相談には気軽に2階の観光サービスセンターを利用しましょう。
自転車も貸し出しており、気仙沼駅で返すこともできますよ。

サメ好きにはたまらない2階の「シャークミュージアム」の様子です。
ここには震災の様子を記録したゾーンも併設されています。
入り口付近には気仙沼へのメッセージを記入できるテーブルが備え付けられ、スクリーンに順次映し出してくれます。

シャークゾーンではホオジロザメの実物大オブジェが出迎えてくれ、見学者を圧倒します。
ここではサメの知られざる生態をパネル展示しています。
気仙沼はサメの水揚げ量日本一を誇り、サメを使ったフカヒレ、化粧品など特産品も豊富です。
ミュージアムの帰りに1階でおみやげとして購入するのも乙ですね。

気仙沼 海の市 シャークミュージアムの住所・アクセスや営業時間など

名称 気仙沼 海の市 シャークミュージアム
住所 宮城県気仙沼市魚市場前7-13
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://www.uminoichi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

震災の資料が展示されている、リアス・アーク美術館

震災の資料が展示されている、リアス・アーク美術館
見晴らしのいい丘の上にたたずむ「リアス・アーク美術館」は三陸沿岸の「リアス式海岸」と旧約聖書に登場する「方舟アーク」が由来となった、東北に根ざした美術館です。
こちらの常設展では、近代から高度経済成長以前にかけて見られた三陸沿岸部に住む人々の生活・文化を展示しています。
自然との密接な関わりが感じ取れる貴重な資料です。

また2013年より東日本大震災に関する常設展も開かれています。
当時の現場写真や被災物の展示、三陸で起きた過去の津波資料など約500点の資料が静かに私たちに語りかけます。

リアス・アーク美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 リアス・アーク美術館
名称(英語) Rias Ark Museum of Art
住所 宮城県気仙沼市赤岩牧沢138−5
営業時間・開場時間 9:30 – 17:00
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://rias-ark.sakura.ne.jp/2/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海とのつながりを取り戻した気仙沼でお腹いっぱい食べよう!

いかがでしたか?気仙沼は漁港の町として再び活気を取り戻しています。
お土産品を選びながら地元の人と親しくなったり気仙沼弁を覚えたりと、故郷に帰ったような心地よさがあります。
一度行っただけでは食べきれないほどの海の幸を味わいに、遊びに行ってみてください。
photo by PIXTA