奇跡の絶景「ロックアイランド」を見よう!パラオ共和国観光の見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。パラオ共和国の観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

モコモコとした島が可愛らしい

モコモコとした島が可愛らしい

image by iStockphoto / 28189102

透き通った美しいアクアマリンの海に、モコモコとした島々がまるでドーナツのようで可愛らしいですね。
パラオは人が住んでいる島の方が少ないと言われているんだそうです。
こちらの島はロックアイランドと呼ばれており、サンゴ礁が隆起してできたとされており、現在は無人島。
上空から見る景色もさることながら、船の上から見るみの美しさにも目を奪われることまちがいなしです。
まさに美しき青のラグーン、海の楽園と言えるでしょう。

深い宝石のような海の色

深い宝石のような海の色

image by iStockphoto / 89482189

色鮮やかな紺碧に輝く海は、さながらサファイアの宝石のよう。
浅瀬の方はアクアマリンのような透明度が高く、水色がかった色合いでしたが、こちらも美しい海ならではの色合いですね。
爽やかな空の色とはまた違った地球の美しい青の色です。
私たちがひとくくりに「青色」と称する色も、自然の中ではこんなにもはっきりと違いが伺えるもの。
燦々と光を照らす太陽を浴びながら、この海の上を船で移動できたら、気分も最高潮。
途中、海の生き物にも出会えるかもしれません。

もちろん、ダイビングも楽しめます。

もちろん、ダイビングも楽しめます。

image by iStockphoto / 90010599

普段、私たちが縁のない海の中の世界。
水の流れに自身の身を任せ、ゆらゆらと海中散歩はいかがでしょうか。
陸上から見る海とはまた違った顔を見せてくれることでしょう。
青の世界に溶け込むような気分になりそうです。
そこで生きる海の生き物や、海底の砂、岩、見所はたくさんですが、何と言っても海の中から見る太陽の光の美しさは格別です。
光の筋が道を示すよう差し込むんだときに見れる景色は、胸がぐっと震えるほどでしょう。

海の生き物だけが知る奇跡の世界

海の生き物だけが知る奇跡の世界

image by iStockphoto / 81917731

夜の海は真っ暗闇で怖そうですが、昼間の海は打って変わって、太陽の光に照らされキラキラと輝き、美しさに溢れています。
海面のゆらめきでさえ、閉じ込めて持って帰りたくなるほど美しい。
今この瞬間しか見れない、というのが醍醐味なのでしょうね。
そこにいる海の生き物たちも、私たちが想像するより色鮮やかなものが多くあります。
鮮やかな原色カラーであったり、海の景色に溶け込むような色合いだったりと、ダイビング中は常に目を凝らしてみると面白いですよ。

共存様々な生き物

共存様々な生き物

image by iStockphoto / 63111461

深く、どこまでも続く青の世界。
つやつやとした鱗が海の水で青色に染め上げられ、シルバーの体が光射す太陽の光に照らされた時、そこに無数の光が輝く奇跡のような光景を見せてくれます。
果てしなく続く青い海にはいたるところでこの煌めきが見ることができます。
ゆったりと魚たちと泳ぎを楽しめるのも魅力的ですね。
水中に潜るのが苦手な方はシュノーケルでも十分楽しむことができますので、パラオに行った際は是非体験してみてくださいね。

クラゲの世界

クラゲの世界

image by iStockphoto / 63558895

パラオには海水湖、と呼ばれると呼ばれる湖が存在しています。
陸に囲まれたジェリーフィッシュレイクでは、その名の通りクラゲと一緒に泳げることが売りにされているんだとか。
毒性の低いクラゲが生息しているんだそうで、体に害はないんだそうです。
ふよふよと海を漂うクラゲと泳げるなんて、日本の海では考えられませんよね。
近年日本でもクラゲの会友の美しさが注目されていますが、パラオでは実際に一緒に泳ぐことができること、ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

ゆったりとバカンス気分が楽しめる

ゆったりとバカンス気分が楽しめる

image by iStockphoto / 64556919

砂浜に寝そべって、カラフルなフルーツで彩られたトロピカルジュースで喉を潤す、バカンスの醍醐味ですよね。
無数の島々で構成されたパラオには、多くのビーチが存在しています。
場所によってその海のあり方、砂浜の美しさ、ほんの少しずつ違うのも醍醐味。
いろんな島に足を運んで、お気に入りのスポットを探すの楽しいかも。
無人島や、自身の足で歩けるくらいの広さの島も多いので、自分だけのプライベートビーチのような気分になれる場所もあるかもしれませんよ。

岩場から覗き見る鮮やかなコバルトブルー

岩場から覗き見る鮮やかなコバルトブルー

image by iStockphoto / 67472013

洞窟の出口から、これだけ美しい景色を見られたら心も弾むもの。
こちらの海辺は真っ白な砂浜ではなく、岩場が目立っていますね。
海で遊ぶのに疲れたら、こういった岩場の影で一休みするのも良いかもしれません。
不思議な形をした岩場に冒険後ソロも疼きます。
色んなポーズで写真を撮るもよし、最高のロケーションを目の前に、ただ海風を感じながらゆったりとした時間を過ごすのもよし、あなただけの過ごし方をいろいろ試してみてくださいね。

青と緑を彩るよう、美しく咲くピンク色の花々。

青と緑を彩るよう、美しく咲くピンク色の花々。

image by iStockphoto / 43537804

ビーチは、木々の緑と海と空の青と、寒色系の色合いで爽やかな空気を醸し出していますが、写真のようにきれいなピンク色の花があるだけでまたその表情を変えてくれます。
こちらもゴツゴツとした岩場が目立ちますが、誰もいない空間で独り占めできたら素敵でしょうね。
海の上に浮かんで、ただただ空を眺めて漂ってみたいものです。
自然豊かなこの大地は私たちにたくさんのパワーをくれることでしょう。
その恩恵を存分に味わってみてくださいね。

大自然が生み出した奇跡の景色

大自然が生み出した奇跡の景色

image by iStockphoto / 76562209

地球の青い色の美しさがそのまま残されているパラオ共和国。
こんな光景が海外に残されているとは、日本の景色が当たり前になってしまった私たちからはにわかには信じがたいでしょう。
実際に行ってみて、その目で見たときに初めて、自身の常識を覆されることでしょう。
リゾート地としてのんびりとバカンスを楽しみながら、普段の日常だと経験することができない新たな発見が数多くできることもあるかと思うので、ぜひ機会があれば一度足を運んでみてくださいね。

さあ、旅行の計画を立てよう

いかがでしたか。
次の旅行の計画を立てる参考にしてくださいね。
ゴールデンウィーク、シルバーウィークに年末年始。
旅行に行くチャンスを見つけて、ぜひ新しい世界と出会い、旅を通じて思い出を作って下さい。
photo by iStock