チボリ公園に、人魚姫の像…デンマーク・コペンハーゲンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。デンマーク・コペンハーゲンの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

おとぎの国のような、ニューハウン

おとぎの国のような、ニューハウン

image by iStockphoto / 43886206

ニューハウンは、コペンハーゲンを代表する、カラフルな家が運河沿いに並ぶ、まさに北欧というような景観の場所です。
一軒一軒色もデザインも高さも違う建物には、お土産物屋さんとレストランが続き、テラスで食事を楽しむ人々が多く見られます。
運河クルーズの発着点になっているので、陸地の反対側からニューハウンの街並みを見てみるのも面白いです。
また、街の中の細い運河も通るため、コペンハーゲンの人々の暮らしが垣間見られることも魅力です。

ニューハウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ニューハウン
名称(英語) Nyhavn
住所 Nyhavn, 1051 København K
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Nyhavn
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界最古の遊園地『チボリ公園』

世界最古の遊園地『チボリ公園』

image by iStockphoto / 29372912

チボリ公園は、ウォルト・ディズニーも参考にしたとされる創業170年の歴史ある世界最古の遊園地です。
コペンハーゲン中央駅の目の前にあり、駅を出るとすぐに見えるアクセスのよい場所にあります。
北欧の夏は長いため、チボリ公園は0時過ぎまで開園しており、花火やレーザーショーなど夜の華やかなイルミネーションも楽しめます。
短い夏を楽しもうというデンマークの子どもたち、ファミリー、老人などたくさんの人々で賑わっています。
クリスマスの時期にはたくさんの出店があり、北欧のクリスマスを楽しむことが出来ます。

チボリ公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 チボリ公園
名称(英語) TIVOLI
住所 Vesterbrogade 3 1630 København V
営業時間・開場時間 11:00-0:00
利用料金や入場料 110クローネから
参考サイト http://www.tivoli.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カナルツアーも人気の『人魚姫の像』

カナルツアーも人気の『人魚姫の像』

image by iStockphoto / 17471383

コペンハーゲンの「人魚姫の像」は、シンガポールの「マーライオン」、ブリュッセルの「小便小僧」とならぶ世界三大がっかりのひとつです、コペンハーゲンから電車で3駅、そこから徒歩15分ほどでたどり着けますが、観光客がたくさんいるため辟易する点、そして思ったより小さい像である点ががっかりする所以かも知れません。
しかし、北欧の港特有の美しい背景とともに物憂げで美しい人魚姫の像が見られます。
運河からは人魚姫の後姿が見られるので、カナルツアーも人気です。

人魚姫の像の住所・アクセスや営業時間など

名称 人魚姫の像
名称(英語) The Little Mermaid
住所 Langelinie, 2100 København Ø
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.mermaidsculpture.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

現王室の宮殿『アマリエンボー宮殿』

とても広い石畳の広場を囲みこむように建つアマリエンボー宮殿は、風格がある現王室の宮殿ですが、他のヨーロッパの王宮と比べるととても質素な外観をしています。
それは、もともとは貴族の館であったものを、クリスチャンスボー宮殿が消失した際に王族が買い取ったからだそうです。
門を守る衛兵は二人しかいませんが、12時になると衛兵の交代式が見られ、見どころとなっています。
宮殿内は、王族の写真や寝室、宝物が展示されています。
デンマーク女王が在宮のときは国旗が掲げられています。

アマリエンボー宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 アマリエンボー宮殿
名称(英語) Amalienborg
住所 Amalienborg Slotsplads 5, 1257 København K
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 95クローネ
参考サイト http://www.kongernessamling.dk/amalienborg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歩行者専用道路のショッピングエリア『ストロイエ』

歩行者専用道路のショッピングエリア『ストロイエ』

image by iStockphoto / 71984555

ストロイエとはデンマーク語で「歩く」という意味で、北欧ならではの街並みが広がるショッピングや食事が楽しめるエリアです。
歩行者専用道路になっているので、ゆっくりと歩いて回ることが出来ます。
いつも人で賑わうこの通りには、ヴィトンなどのブランドショップや、ロイヤルコペンハーゲンなどのデンマークブランド、レゴショップ、北欧雑貨店タイガーなどがあり、歩いているだけでも楽しめます。
コペンハーゲンの観光名所は、このストロイエを中心に広がっているので、何度も通るところです。

ストロイエの住所・アクセスや営業時間など

名称 ストロイエ
名称(英語) Strøget
住所 Stroget,1100 Kobenhavn
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Str%C3%B8get
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

市内で最も高い『コペンハーゲン市庁舎』

市内で最も高い『コペンハーゲン市庁舎』

image by iStockphoto / 101077273

コペンハーゲン市庁舎は、コペンハーゲン駅前のランドマークとなっている、1905年完成のレンガ造りの美しい建物です。
105.6mあるコペンハーゲンで最も高い市庁舎の塔は、時計台となっていて、朝8時から夜11時まで、15分ごとに鳴る鐘で時刻を告げています。
市庁舎塔へ登るツアーもあり、街並みを一望できる絶景スポットとして人気です。
市庁舎の隅にアンデルセンの像があったり、100年に1000分の1秒しか狂わないという有名な天文時計が展示されているのも魅力です。

コペンハーゲン市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 コペンハーゲン市庁舎
名称(英語) Copenhagen City Hall
住所 Rådhuspladsen 1, 1599 København
営業時間・開場時間 9:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Denmark/Copenhagen/sightseeing/Radhus/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豪華な内観『ローゼンボー離宮』

豪華な内観『ローゼンボー離宮』

image by iStockphoto / 19417131

ローゼンボー離宮は、1606年にクリスチャン4世と絶世の美女キアスムンクの新居として建てられたオランダ・ルネサンス様式の緑あふれる場所です。
夏の離宮として建てられましたが、王は生涯をここで過ごしました。
城内は、大理石の部屋や一面壁画の部屋など部屋によって統一感があり、当時の王室の豪華さが伺えます。
見どころは地下の宝物館で、歴代の王たちが所有していた金銀宝石を使った見事な数々の品が展示されており、宝石がはめられた王冠は必見です。

ローゼンボー離宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 ローゼンボー離宮
名称(英語) Rosenborg Slot
住所 Øster Voldgade 4A DK-1350 København K
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 105クローネ
参考サイト http://www.kongernessamling.dk/rosenborg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

市内を一望できる『ラウンドタワー』

市内を一望できる『ラウンドタワー』

image by iStockphoto / 101768977

ラウンドタワーは、クリスチャン4世によって、天文観測所として建てられました。
天文観測所としてはヨーロッパ最古のものとなっています。
太い円筒状の塔は約35mで、展望台までは馬で駆け上がるために、階段ではなく幅広の坂道のスロープになっています。
石畳のらせん状の坂道を7回転ほど登っていくと、最後の方の狭く小さな階段の先は展望台となっており、35mの高さとは思えない、市内を一望できる眺望となっています。
もともと高い建物が少ないため、遠くの海も見渡せます。

ラウンドタワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ラウンドタワー
名称(英語) The Round Tower
住所 Koebmagergade 52A, Copenhagen K
営業時間・開場時間 10:00-20:00
利用料金や入場料 25クローネ
参考サイト http://www.rundetaarn.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

『ゲフィオンの泉』と『聖アルバニ教会』が美しい、カステレット要塞

『ゲフィオンの泉』と『聖アルバニ教会』が美しい、カステレット要塞

image by iStockphoto / 101351579

カステレット要塞は、コペンハーゲン港の入口を防御する目的で、1662年に建設されました。
現在は大部分が破壊されていて、水と緑が美しい公園となっています。
歩いているとわかりませんが、地図を見ると函館の五稜郭に似た星形の形をしています。
カステレット要塞には、シェラン島の由来を物語る有名な「ゲフィオンの泉」があり、噴水の中、4頭の牡牛とそれを御する女神の像は美しく迫力満点です。
隣にはゴシック建築の「聖アルバニ教会」があり、池の水面に映る景色が神秘的です。
堀には水鳥が泳ぎ、風車があるのどかな風情は、散策するにはもってこいの場所となっており、サイクリングやジョギングのコースも整っています。

カステレット要塞の住所・アクセスや営業時間など

名称 カステレット要塞
名称(英語) Kastellet
住所 Gl. Hovedvagt, Kastellet 1, 2100 København
営業時間・開場時間 6:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kastellet.info/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コペンハーゲン発祥の地『クリスチャンスボー城』

コペンハーゲン発祥の地『クリスチャンスボー城』

image by iStockphoto / 29371784

12世紀に建てられた石造りのクリスチャンスボー城は、コペンハーゲン発祥の地と言われています。
火災のために王室の居城はアマリエンボー城に移され、クリスチャンスボー城は1928年に再建されました。
現在は政府の迎賓館として使われ、国会議事堂・内閣府・最高裁判所の三権に関する施設もあり、重要な建物です。
最上階部はレストラン、展望台として開放されています。
土足厳禁のため、内部の見学は靴カバーを使用して見学します。
外観だけでなく、内部はシャンデリアや絵画がたくさんあり、豪華な造りには目を見張ります。

さあ、旅行の計画を立てよう

いかがでしたか。
次の旅行の計画を立てる参考にしてくださいね。
ゴールデンウィーク、シルバーウィークに年末年始。
旅行に行くチャンスを見つけて、ぜひ新しい世界と出会い、旅を通じて思い出を作って下さい。
photo by iStock