ドイツ・ベルリンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。ドイツ・ベルリンの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

ブランデンブルク門

ブランデンブルク門

image by iStockphoto / 72968685

ブランデンブルク門はベルリンのシンボルともいえる巨大な門です。
18世紀のプロイセン王国時代にブランデンブルク門は建設されました。
その後ブランデンブルク門はフランスのナポレオンにベルリンが征服されたときに門の上にあったヴィクトリア像が戦利品として持ち去られたり、第二次大戦の時に一度は破壊されたりもしました。
(終戦後にブランデンブルク門は修復された)さらに東西ドイツ時代にベルリンの壁が出来てからは門の下を通行できなくなったりと、ベルリンおよびドイツの苦難の歴史を象徴するような場所だともいえます。
新年のカウントダウンや大きな式典の際にはこのブランデンブルク門のバックに巨大な花火が打ちあがったりして、その花火に映えるブランデンブルク門の姿はまさに壮観だというしかありません。

ブランデンブルク門の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブランデンブルク門
名称(英語) Brandenburg Gate
住所 Pariser Platz, 10117 Berlin, ドイツ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.brandenburg-gate.de
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑 

虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑 

image by iStockphoto / 66595695

ナチスドイツ時代にヒトラーの命令によるホロコーストによって虐殺されたユダヤ人たちを追悼し忘れないために作られた記念碑です。
ブランデンブルク門の南側に位置し、コンクリート製の石碑がズラッと並んでいます。
この場所の地下にはホロコーストに関する情報センターがあり、ホロコースト犠牲者の氏名や資料などが展示されています。
ドイツがかつて自国の国策を誤ったために犯した罪に向き合い、戦後のドイツの国としての歩みを象徴するシンボルともいえる場所といえるでしょう。

ホロコースト記念碑の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホロコースト記念碑
名称(英語) The Holocaust Memorial
住所 Near the Brandenburg Gate | Information Center: Cora-Berliner-Straße 1, 10117 Berlin, Germany
営業時間・開場時間 10:00-20:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.stiftung-denkmal.de/en/memorials/the-memorial-to-the-murdered-jews-of-europe.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シャルロッテンブルク宮殿

シャルロッテンブルク宮殿

image by iStockphoto / 61577444

シャルロッテンブルク宮殿はプロイセン王国時代に作られた宮殿です。
初代プロイセン国王フリードリヒ1世が后シャルロットの夏の離宮として1695年から1699年にかけて建てられたものです。
后の死後、その名にちなんでシャルロッテンブルク宮殿と改名して彼女をしのびました。
フリードリヒ1世はフランス流の絶対王政を信奉し、建設に際しては豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿を真似ました。
そのため宮殿の庭園や宮殿の中央の円形屋根にもフランスのバロック様式が取り入れられています。

シャルロッテンブルク宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 シャルロッテンブルク宮殿
名称(英語) Schloss Charlottenburg
住所 Spandauer Damm 20-24, 14059 Berlin, ドイツ
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 12ユーロ
参考サイト http://www.visitberlin.de/ja/node/659081
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベルリンテレビ塔 

ベルリンテレビ塔 

image by iStockphoto / 82828361

ベルリンテレビ塔はベルリンの街中にそびえたつ巨大なテレビ塔です。
建設されたのは旧東ドイツ時代で、東ベルリンのシンボルになってきたと言われています。
東西ドイツ統一後の現在は電気通信事業者のドイツテレコムの所有となっていて、ベルリンの有名なランドマークとなっており、多数の観光客が訪れる場所となっているようです。
あまり普通の日本人は知らないスポットかもしれませんが、ベルリン市街の中に堂々とそびえたっているその姿はかなりのインパクトがあります。

ベルリンテレビ塔 の住所・アクセスや営業時間など

名称 ベルリンテレビ塔 
住所 Panoramastraße 1A, 10178 Berlin, ドイツ
営業時間・開場時間 9:00-24:00
利用料金や入場料 13ユーロ
参考サイト http://www.visitberlin.de/ja/node/659076
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ボーデ博物館

ボーデ博物館

image by iStockphoto / 29476496

円形のドームが印象的な建物がボーデ博物館です。
建物の荘厳さもさることながら、川のそばに位置しているという絶妙なロケーションが目を引きます。
建物の完成当時はドイツ皇帝フリードリヒ3世にちなんでカイザー=フリードリヒ博物館と呼ばれていましたが、初代のキュレーターを勤めたヴィルヘルム・フォン・ボーデに敬意を表して1956年に現在のボーデ博物館という名前に変更されました。
彫刻、ビザンティン美術品、コイン、メダルなどが主な収蔵品となっています。
ボーデ博物館の周囲にはほかにも博物館が多数存在するため、俗に「博物館島」と呼ばれているそうです。

ボーデ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ボーデ博物館
名称(英語) Bode Museum
住所 Bodestr. 1-3 | Museum Island, 10178 Berlin, Germany
営業時間・開場時間 10:00-20:00
利用料金や入場料 24ユーロ
参考サイト http://www.smb.museum/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベルリンの壁アート

ベルリンの壁アート

image by iStockphoto / 65310427

ドイツを東西に分断していたベルリンの壁が1989年に崩壊したあと、その崩壊したベルリンの壁は数々のアートを描くために再利用されるようになりました。
ドイツ統一後はオスト駅近くの壁に24カ国総勢110人にも及ぶアーティストたちがこのグラフィティアート(壁絵)を競作しました。
旧東ベルリン地区では一般住居やオフィスビル、ショップなどにもこういったグラフィティアートが多く描かれているとも言われています。
ベルリンの壁崩壊後このアート群はベルリンの街を代表する観光地のひとつとなっているといえるでしょう。

ベルリンの壁の住所・アクセスや営業時間など

名称 ベルリンの壁
名称(英語) Berliner Mauer
住所 Bernauer Str. 111, 13355 Berlin, ドイツ
営業時間・開場時間 8:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/05-politik/deutsche-einheit/berliner-mauer.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂

image by iStockphoto / 42218140

ベルリン大聖堂は1469年に礼拝堂として築かれて以来長い歴史を誇っています。
高さ114メートルもある円天蓋をもつ現在の大聖堂は約10年の歳月をかけて1904年に完成されたものです。
第二次世界大戦のときに一度は破壊されてしまいましたが、東西ドイツ統一後の1993年に修築されました。
主教会、洗礼堂、小洗礼堂、福音教会の4つの教会から成っており、福音教会の地下はホーエンツォレルン王家の王族約100名が眠る納骨堂となっています。
また、270段の階段を上って天井ドームに入場することもできます。

ベルリン大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ベルリン大聖堂
名称(英語) Berlin Cathedral
住所 Am Lustgarten, 10178 Berlin, Germany
営業時間・開場時間 09.00-8.00
利用料金や入場料 7ユーロ
参考サイト http://www.berlinerdom.de
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベルリン旧国立美術館 

ベルリン旧国立美術館 

image by iStockphoto / 17271238

ベルリン旧国立美術館は1861年に開館しました。
この美術館は当初大学の祝祭ホールにする予定でギリシア神殿風に設計されました。
古典主義、ロマン主義、ビーダーマイヤー様式、印象派、初期モダニズムの絵画などが主に所蔵されています。
ナチスドイツ時代には当時コレクションされていた近現代美術品がヒトラーやナチスによって「退廃芸術」だというレッテルを貼られ、当時の館長が解雇されてコレクションしていた近現代美術品もナチスによって売り払われてしまうという事件がありました。
売り払われてしまった当時「退廃芸術」とみなされていた美術品は各地で再び収集されたあとにベルリン新国立美術館に改めて展示されているそうです。
また、第二次大戦のときには旧国立美術館も空襲で大きな被害を受け、大戦終結後約20年に渡って修復工事が行われるという苦難の歴史をたどったりもしています。
ちなみにこちらは「ベルリン旧国立美術館」ですが、「ベルリン新国立美術館」もあり、「ベルリン新国立美術館」はランドヴェア運河沿いにあります。

ベルリン旧国立美術館 の住所・アクセスや営業時間など

名称 ベルリン旧国立美術館 
住所 Bodestraße 1-3, 10178 Berlin, ドイツ
営業時間・開場時間 10:00-20:00
利用料金や入場料 12ユーロ
参考サイト http://www.smb.museum/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレクサンダー広場の世界時計 

アレクサンダー広場の世界時計 

image by iStockphoto / 39439944

アレクサンダー広場は旧東ベルリンの中心地だった場所で、周辺には社会主義時代のビル群も残されています。
数字が並んでいる円筒形の建物とその上に天体模型をイメージしたような印象的なモニュメントがあるのが世界時計で、旧東ドイツ時代のシンボルのひとつだとも言えます。
今では観光名所のひとつで、待ち合わせ場所にもよく利用されているようです。
東西ドイツ統一後の混乱とそれにまつわる家族たちの日々を描いたドイツ映画「グッバイ、レーニン!」でもこのアレクサンダー広場の世界時計の様子が主人公のモノローグの中でチラッと登場します。

アレクサンダー広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 アレクサンダー広場
名称(英語) Alexanderplatz
住所 Alexander Platz, Berlin, Germany
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.berlin.de/en/attractions-and-sights/3560109-3104052-alexanderplatz.en.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドイツ連邦議会議事堂

ドイツ連邦議会議事堂

image by iStockphoto / 90675759

荘厳で重々しい外観で、その上のガラス張りのドームが目印になっているのがドイツ連邦議会議事堂です。
19世紀末に帝国議会として建設されました。
第二次大戦のときにはベルリン大空襲で大きな被害を受け、その後部分修復が行われてからはしばらく博物館として利用されていました。
東西ドイツ統一後に再び国会議事堂として使われるようになり、ドイツの近代政治の舞台となっています。
屋上のドームは一般公開されていて、観光スポットとして毎日約1万人近い観光客が訪れるそうです。
さらにそのドームの下が国会会議場になっていて、セキュリティチェックは厳重ですが、議会の様子を見学することもできます。
議事堂の北側には議員会館と首相官邸があります。

ドイツ連邦議会議事堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ドイツ連邦議会議事堂
名称(英語) Reichstag Building
住所 Platz der Republik | Tiergarten, 10557 Berlin, Germany
営業時間・開場時間 8:00-24:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.bundestag.de/htdocs_e/visits/kuppel/kupp/245686
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅行の計画を立てよう

いかがでしたか。
次の旅行の計画を立てる参考にしてくださいね。
ゴールデンウィーク、シルバーウィークに年末年始。
旅行に行くチャンスを見つけて、ぜひ新しい世界と出会い、旅を通じて思い出を作って下さい。
photo by iStock