ニューヨーク初心者ならここ!NYC観光で絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。アメリカ・ニューヨークの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

ニューヨークの公園

ニューヨークの公園

image by iStockphoto

ニューヨークには代表的な公園があります。
その名は「セントラル・パーク」。
ニューヨーク市のマンハッタンにある公園です。
大変広い公園で843エーカーあり、1859年に開かれました。
中には美術館、博物館もあります。
マラソンしている人や、犬の散歩をしている人、日光浴をしている人など沢山の人達が集まりすごしています。
映画の撮影場所としても頻繁にしようされ、映画「恋人達の予感」にも登場します。
動物園もあるので1日中楽しめます。

セントラル・パークの住所・アクセスや営業時間など

名称 セントラル・パーク
名称(英語) Central Park
住所 59th to 110th Street, Manhattan Borough, from Central Park West to 5th Avenue, New York City, NY 10022
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.centralparknyc.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミュージカルの本場

ミュージカルの本場

image by iStockphoto / 30287306

ニューヨークにはミュージカルの本場といわれる「ブロードウェー」があります。
世界各国のミュージカルスター、またはミュージカルスターを夢見る人達が目指す境世界最高の舞台がブロードウェーです。
特に「タイムズスクエア」と呼ばれる場所は、360度ミュージカルの看板を見渡すことができ、ここで記念写真を撮る人たちも沢山います。
ブロードウェーのでは古くから沢山のミュージカルが上演されてきました。
キャストやスタッフを変えても続いてる舞台も沢山あります。

タイムズスクエアの住所・アクセスや営業時間など

名称 タイムズスクエア
名称(英語) Times Square
住所 Broadway, New York City, NY 10036
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.timessquarenyc.org/index.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニューヨークといえば音楽

ニューヨークといえば音楽

image by iStockphoto / 78069641

ニューヨークには「ハーレム」と呼ばれる地域があります。
アフリカ系アメリカ人が多く住むこの地域は様々な音楽を生み出してきました。
ブルース、ジャズ、ソウルミュージックと呼ばれるこれらの音楽はこの地で存分に楽しむことが出来ます。
ライブハウスも沢山あり、そこではプロではない素人の方達も参加するステージが繰り広げられてます。
「アポロシアター」と名づけられたライブハスは、多くの著名なミュージシャンを生み出してきました。

アポロシアターの住所・アクセスや営業時間など

名称 アポロシアター
名称(英語) Apollo Theater
住所 253 W 125th St, New York City, NY 10027-4408
営業時間・開場時間 19:30-
利用料金や入場料 48.50ドル-
参考サイト https://www.apollotheater.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セレブな人達のニューヨーク

セレブな人達のニューヨーク

image by iStockphoto / 91174523

ニューヨークの五番街には沢山の高級ショップが集まっています。
世界で有名なブランドの数々を取り扱うお店が沢山あり、お金持ちのいわゆるセレブな方達が、こちらで洋服やアクセサリー、バッグなどを日常的に買い物する様子も見受けられます。
もちろん観光で訪れた外国の人達も、ここでしか手に入らない商品を求めて買い物にきたりします。
店員も良い物を扱っているという自負があるのか、堂々とした印象のスタッフがほとんどです。

五番街の住所・アクセスや営業時間など

名称 五番街
名称(英語) Fifth Avenue
住所 New York City, NY
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/5番街_(マンハッタン)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お洒落な街!ソーホー

お洒落な街!ソーホー

image by iStockphoto / 76824861

ソーホーはニューヨーク市マンハッタンのダウンタウンにある街です。
建築家やデザイナーなどのアーティストが多く住むんでいた街で、お洒落な古着屋やカフェが沢山あります。
建物の数が多く、密集しており、その建物も趣のある建物で雰囲気があります。
近年はアーティストはあまり住まなくなり、代わりに若者達であふれかえっています。
手頃なお店と高級ブティックの両方があり観光客も多く訪れます。
レストランも沢山あり退屈せず過ごせる場所です。

ソーホーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ソーホー
名称(英語) SoHo
住所 South of Houston Street, New York City, NY
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ソーホー_(ニューヨーク)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニューヨークの不思議なチャイナタウン

ニューヨークの不思議なチャイナタウン

image by iStockphoto / 88908719

ニューヨークには大きなチャイナタウンがあります。
こちらでは飲食店はもちろん中国雑貨も多数扱われています。
中国人の方達であふれかえっており、街には独特の匂いと雰囲気が立ち込めてます。
小さな中国がそのまま出現したように、中華系の方達が通う学校などもあり、看板た垂れ幕は中国語ばかりです。
一歩足を踏み入れるとそこは中国そのものといった感じで、アメリカにいながらにして他の国に来たようです。
ニューヨークの色んな顔がここでも見受けられます。

チャイナタウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 チャイナタウン
名称(英語) Chinatown
住所 Canal Street to Bayard Street, New York City, NY
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.explorechinatown.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニューヨークの若者

ニューヨークの若者

image by iStockphoto / 83887453

ニューヨークには世界各国から夢をもってそれを叶えるために集まった若者達が大勢います。
あらゆることを学べる学校が沢山あるので留学生の数もそれぞれの国のかずも非常に多いです。
最初は大きな夢をもち、ニューヨークに来ただけで夢の半分は叶ったような気になる若者も多いですが、そんなに簡単ではありません。
しかしそれでも一人ひとりに平等にチャンスがあるのもニューヨークです。
あらゆる魅力で世界の若者を惹きつけています。

ニューヨークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ニューヨーク
名称(英語) NY
住所 New York,
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ファッションの中心地

ファッションの中心地

image by iStockphoto / 77327075

ニューヨークといえばファッション!世界の有名デザイナーの多くがこの場所から出現しています。
多くのブランドもこの場所から生まれています。
アナ・スイ、ジル・スチュアート、ダナ・キャランなどなど知らない人はいないデザイナー、ブランドが存在するのがニューヨークです。
昨今、特にニューヨークではアジア系アメリカ人デザイナー活躍が目覚しいものがあります。
ファッションスクールも多くあり「パーソンズ」などは有名です。

パーソンズの住所・アクセスや営業時間など

名称 パーソンズ
名称(英語) Parsons School of Design
住所 66 5th Ave, New York, NY 10011 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.newschool.edu/parsons/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニューヨークの危険

ニューヨークの危険

image by iStockphoto / 87864025

ニューヨークには危険な地域がいくつかあります。
また、比較的安全と言われている地域でも、日本のようには平和ではないでしょう。
小さい子供のうちからギャングに入り、ソラッグや拳銃を手にする子達も少なくありません。
ですがそれと同時に、危険だからこそ自分を守る術を心得ているのがニューヨーカーでもあります。
危険から身を守る緊張感をしっかり持って生活していくことがある意味、自分自身を鍛えてくれるのかもしれません。

ニューヨークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ニューヨーク
名称(英語) NY
住所 New York City, NY
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニューヨークの象徴

ニューヨークの象徴

image by iStockphoto / 87752797

自由の女神といえば知らない人はいないでしょう。
ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島にそびえたつ大きな像です。
歴史的にも色んな話がありますが、全ての人にとって憧れの一度は見てみたい像ではないでしょうか?訪れえた際に、女神の頭頂部まで行くのに沢山の階段をのぼらなくてはならなくて、非常にくろしました。
しかし、そこから観る景色はこの世のもとは思えないほど素敵で、充実していました。
何度も訪れたくなるのが自由の女神です。

自由の女神の住所・アクセスや営業時間など

名称 自由の女神
名称(英語) Statue of Liberty
住所 Liberty Island, New York City, NY 10004
営業時間・開場時間 8:30-16:00
利用料金や入場料 18ドル
参考サイト https://www.nps.gov/stli/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅行の計画を立てよう

いかがでしたか。
次の旅行の計画を立てる参考にしてくださいね。
ゴールデンウィーク、シルバーウィークに年末年始。
旅行に行くチャンスを見つけて、ぜひ新しい世界と出会い、旅を通じて思い出を作って下さい。
photo by iStock