イタリア ベネチアの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。イタリア ベネチアの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

ベネチア観光の醍醐味「ゴンドラ」

ベネチア観光の醍醐味「ゴンドラ」

image by iStockphoto / 61449708

ベネチアでまず思い浮かぶのは、やはり「運河」と「ゴンドラ」でしょうか。
映画「旅情」で見た美しい景色の数々が目に焼き付いて離れずロケ地巡りをした人や、また、いつかは訪れてみたいと思っている人も多いのでは。
ベネチアではバスや乗用車の乗り入れが禁止されています。
そのためベネチアでの移動手段と言えば、徒歩・日本の循環バスにあたるヴァポレット・そしてゴンドラ。
中でも一度は乗ってみたいのが「ゴンドラ」ですね。
ゴンドラ漕ぎ「ゴンドリエーレ」が、時にはカンツォーネを歌いながら水路をゆっくりと案内してくれます。
何百年もの歴史があるとされるゴンドラ。
水路や建物の景色を眺めながらゆったりと過ごす時間は、まさに非日常空間に浸る旅の醍醐味といえます。

水の都ベネチアの最も大きな運河「カナル・グランデ」

水の都ベネチアの最も大きな運河「カナル・グランデ」

image by iStockphoto / 62263086

ベネチアと言えば運河。
カナル・グランデ (Canal Grande) は、水の都ベネチアを流れる最も大きな運河です。
カナル・グランデとは「大運河」という意味で、全長3800mという長さのこの運河は、街を二分するように北西から南東にかけS字型に流れています。
「カナル・グランデ」には、観光客に人気の最も古い橋であるリアルト橋や、スカルツィ橋・アッカデーミア橋・ローマ広場歩道橋などの橋が架かっています。
また運河沿いには、カドーロ・カペーザロ・カレッツォーニコといった歴史的な建物が立ち並ぶ美しい街並みが続いています。

カナル・グランデの住所・アクセスや営業時間など

名称 カナル・グランデ
名称(英語) Canal Grande
住所 Canal Grande, Venice
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.veltra.com/jp/europe/italy/venezia/ctg/166881:%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E5%A4%A7%E9%81%8B%E6%B2%B3/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベネチアの中心「サン・マルコ広場」は、世界で最も美しい広場

ベネチアの中心「サン・マルコ広場」は、世界で最も美しい広場

image by iStockphoto / 37255368

サン・マルコ広場(Piazza San Marco)は、ベネチアの中心で海からの玄関口でもあります。
イタリア語で Piazza(ピアッツァ)とは別格な広場を意味します。
その名のとおり広場に面して「ドゥカーレ宮殿」世界遺産「サン・マルコ寺院 」「サン・マルコ図書館」などの建物や、鐘楼、時計塔などがあり、世界で最も美しい広場と称されています。
サン・マルコ広場には歴史あるカフェやレストランがあります。
テラス席で、生演奏を聴きながらサン・マルコ広場を堪能するのも素敵ですね。

サン・マルコ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・マルコ広場
名称(英語) Piazza San Marco
住所 Piazza San Marco, Venezia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Piazza_San_Marco
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産「サン・マルコ寺院」は聖マルコを祀った教会

世界遺産「サン・マルコ寺院」は聖マルコを祀った教会

image by iStockphoto / 97149377

ベネチアの中心、サン・マルコ広場にある「サン・マルコ寺院」は、聖マルコに捧げられた教会です。
西暦828年、アレキサンドリアからベネチア商人によって運ばれた、聖マルコの聖遺物(遺骸)を安置し祀るために建造されました。
聖堂は東ローマ帝国の聖使徒大聖堂を模して建造されたといわれる典型的なビザンティン建築で、内部には豪華絢爛な装飾が施されています。
2階のバルコニーからは、周辺の建物を含むサン・マルコ広場が一望できます。
寺院内での撮影は禁止されていますが、バルコニーからの景色は自由に撮影できます。

サン・マルコ寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・マルコ寺院
名称(英語) Basilica di San Marco
住所 San Marco, 328, Venezia
営業時間・開場時間 9:30 – 17:00, 日祝14:00 – 16:00
利用料金や入場料 無料, パラ・ドーロ2ユーロ
参考サイト http://www.basilicasanmarco.it/?lang=en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベネチアのお土産はもちろん!「ベネチアングラス」

ベネチアのお土産はもちろん!「ベネチアングラス」

image by iStockphoto / 81496949

ベネチアングラスは、ベネチア本島から舟で10分ほどの島「ムラーノ島」で作られています。
そのため別名ムラーノグラスとも呼ばれ、この島で作られるものだけが本物のベネチアングラスとされています。
映画「旅情」で、ベネチアを訪れていたヒロインが、恋の相手に出会うきっかけになったベネチアングラスの赤いゴブレット。
とても印象的な登場の仕方で、忘れられないシーンになりました。
ベネチアを訪れたら、やはり自分のためのベネチアングラスも、思い出とともに持って帰りたいものですね。

ムラーノ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 ムラーノ島
名称(英語) Murano
住所 Murano, Venezia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Murano
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「リアルト橋」で土産を買い、カナル・グランデを眺める!

「リアルト橋」で土産を買い、カナル・グランデを眺める!

image by iStockphoto / 74122745

ベネチアを代表する橋「リアルト橋」(Ponte di Rialto)は、ベネチアの大動脈カナル・グランデに架かる巨大なアーチ型をした橋で、別名「白い巨象」とも呼ばれています。
この橋の周辺は比較的海抜が高いため、洪水被害の少ないこの地域に最も早く集落ができました。
やがて商業の中心地となり、木製の跳ね橋だったリアルト橋は「富の橋」と呼ばれることに。
その後、一般公募で石造りの橋に変えられ、長さ48メートル、幅22メートルの現在のリアルト橋が完成しました。
橋の上にはアーケード街が作られ、土産店も多いのでいつも賑わっています。
橋の上から眺める大運河カナル・グランデの景色は、時刻によってさまざまに表情を変え見る人を飽きさせません。
揺れる水面を、何世紀も続く黒いゴンドラや、水上バスが行き交うのを眺めているとまるで時が止まったよう。


これもベネチアを訪れる旅の醍醐味かもしれませんね。

リアルト橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 リアルト橋
名称(英語) Ponte di Rialto
住所 Sestiere San Polo, 30125 Venezia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.restauropontedirialto.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界で最も有名なマスカレード「ベネチア・カーニバル」

世界で最も有名なマスカレード「ベネチア・カーニバル」

image by iStockphoto / 56348036

ベネチア・カーニバル(Carnevale di Venezia)は、ベネチアで年一回、2月末から3月初めの2週間開催される祭典です。
各人がとりどりの仮面で顔を隠し、趣向を凝らした豪華な衣装に身を包んで、ベネチアの街をそぞろ歩く、まさにマスカレード(仮面舞踏会)のようなカーニバルです。
ベネチア・カーニバルは、リオのカーニバル・トリニダード・カーニバルと並び、世界3大カーニバルの一つに数えられています。
その歴史は古く、ベネチア・カーニバルの誕生は、1162年に遡ります。
毎年300万人の人が訪れるこのカーニバルの一番のイベントは、カーニバル最後の週末を飾る仮面コンテスト。
国際的デザイナーが審査員になり、”La Maschera pi? bella (最も美しい仮面)を選びます。

「ブラーノ島」は、カラフルな家とレース編みで有名な美しい島

「ブラーノ島」は、カラフルな家とレース編みで有名な美しい島

image by iStockphoto / 41935384

ベネチアでの島めぐりなら、「ブラーノ島」がだんぜんお勧めです。
色とりどりの可愛い家が立ち並ぶ景観は、まるでおもちゃ箱かおとぎ話の世界!ベネチアから水上バスで一時間ほどのこの島は、またベネチアとは違った種類の非日常が堪能できます。
思わずカメラのシャッターを押す回数が増える、そんな魅力のある島がブラーノ島です。
ブラーノ島の特長や見所は、カラフルな家・レース編み・ブラーノの斜塔です。
ブラーノの住宅街がカラフルなのは、漁師が霧の深い冬に無事この島と自分の家に戻れるようにと、外壁を目立つ色で塗ったのが発端とされています。
また、15,6世紀からこの島の特産品になっているレース編みは、元々、漁で使用する網を作る技術が活かされたものです。
ブラーノの斜塔は15世紀に建造されたもので、高さ30メートルの、この塔の傾斜は圧巻でブラーノのシンボルになっています。

ブラーノ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブラーノ島
名称(英語) Burano
住所 Burano, Venezia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料, 水上バス7ユーロ
参考サイト http://www.isoladiburano.it/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「ため息橋」は、永遠の愛を誓う恋人伝説の橋

「ため息橋」は、永遠の愛を誓う恋人伝説の橋

image by iStockphoto / 42266640

ため息橋(溜息の橋 )はベネチアにある橋の一つで、16世紀に架けられたものです。
白い大理石で作られた橋には、覆いと格子の付いた窓が作られ、ドゥカーレ宮殿の尋問室と水路を挟んだ牢獄を結んでいました。
囚人が投獄される前に、この橋から最後のベネチアの美しい景色を眺めてため息をつくというのを、19世紀の詩人バイロンが物語詩『チャイルド・ハロルドの巡礼』の中で Bridge of Sighsと呼んだことが「ため息橋」の名前の由来とされています。
地元では「ため息橋」にまつわるロマンティックな言い伝えがあります。
日没時に恋人同士がゴンドラに乗って、この橋の下でキスをすると永遠の愛が約束されるというもので、この伝説から、「ため息橋」はゴンドラでの観光の人気コースになっています。

ため息橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ため息橋
名称(英語) Ponte dei Sospiri
住所 Piazza San Marco, 1, 30100 Venezia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://palazzoducale.visitmuve.it/en/the-museum/layout-and-collections/prisons/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

橋の上からベネチアの夜景を堪能!

美しくライトアップされた運河沿いの建物の夜景を、橋の上から眺めるのもベネチア観光の楽しみの一つです。
これはアカデミア橋(アッカデーミア橋)から見た夜景。
南側にはサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂が、運河の両岸の建物とともにライトアップされ、優しい光を水面に揺らしています。
アカデミア橋は、カナル・グランデに架かる木造の橋。
ベネチア観光の中心となるサン・マルコ広場やリアルト橋から少し離れているため、夜間の観光客はリアルト橋ほど多くありません。
しかし、橋から眺める夜景という点では、リアルト橋よりベネチアの美しい夜景を愉しめる場所と言えます。
リアルト橋のように人で溢れていない事と、運河沿いに強烈な光を放つ飲食店がない、などがその理由です。

アッカデーミア橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 アッカデーミア橋
名称(英語) Ponte dell\’Accademia
住所 Ponte dell\’Accademia, Venice
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.comune.venezia.it/archivio/89687
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅行の計画を立てよう

いかがでしたか。
次の旅行の計画を立てる参考にしてくださいね。
ゴールデンウィーク、シルバーウィークに年末年始。
旅行に行くチャンスを見つけて、ぜひ新しい世界と出会い、旅を通じて思い出を作って下さい。
photo by iStock