バルセロナでグルメの旅!スペイン観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。スペイン・バルセロナの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

地中海が育んだ大都市・バルセロナ

地中海が育んだ大都市・バルセロナ

image by iStockphoto / 74746181

世界有数の観光地・バルセロナ。
スペイン第2の都市であり、カタルーニャ州の州都でもある大都市です。
輝くばかりの地中海に面するラテンな港町らしく、街はいつも人々の活気にあふれています。
また、バルセロナはアートの街としても知られています。
、街中の街灯一つとっても、芸術家による作品だったりと、生きたアートに触れることが出来ます。
大都市として、またアートの街として、バルセロナは世界中の観光客を魅了しています。

バルセロナの住所・アクセスや営業時間など

名称 バルセロナ
名称(英語) Barcelona
住所 Barcelona, Spain
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.barcelona.cat/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

訪れて味わいたい感動・サグラダファミリア

訪れて味わいたい感動・サグラダファミリア

image by iStockphoto / 99616051

未完であるにも関わらず、今やバルセロナの代名詞といっても過言ではないくらい、世界的に有名な建造物となったサグラダファミリア。
1882年に建設が始まり、ガウディが不慮の事故で亡くなったのちも、彼の志を継承した人々によって建設が続けられています。
その外観もさることながら、教会内部の美しさはまさに圧巻。
森の木々に包まれているような柱の設計や、木漏れ日を感じる採光、情熱的な太陽を思わせるステンドグラスなど、いたるところからガウディの自然への愛が感じられるようです。

サグラダファミリアの住所・アクセスや営業時間など

名称 サグラダファミリア
名称(英語) Sagrada Família
住所 Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona
営業時間・開場時間 9:00-18:00
利用料金や入場料 15ユーロから
参考サイト http://www.sagradafamilia.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鮮やかなグエル公園

鮮やかなグエル公園

image by iStockphoto / 54185476

グエル公園は、サグラダ・ファミリア設計者のアントニ・ガウディの作品の1つで、世界遺産にも登録されています。
グエルというのは、この公園の設計の依頼主の名前に由来しており、当初は公園だけでなく別荘地とする計画だったそうです。
バルセロナの市内を一望できるこの公園は、景色が良いのはもちろんのこと、ガウディの才能が光る建築物にも注目です。
カラフルなモザイクを取り入れたユニークなデザインのベンチや階段など、数多くの見所が詰まっています。

グエル公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 グエル公園
名称(英語) Park Guell
住所 Parque Guell, 08024 Barcelona
営業時間・開場時間 8:00-20:30
利用料金や入場料 8ユーロ
参考サイト http://www.parkguell.cat/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自転車の街

自転車の街

image by iStockphoto / 99181549

バルセロナでは、子供から大人まで、多くの人が自転車を日常的に愛用しています。
赤い色の自転車に乗ってる人をよく見ますが、それは市内のいたるところで利用が開始できるレンタサイクルなんです。
バルセロナの街中を移動する際、地下鉄をメインの交通手段として利用される方も多いと思いますが、自転車で気持ちのいい潮風を感じながらの観光も最高です。
ちなみに、バルセロナの若者は、移動手段としてスケートボードを乗りこなす強者も多いです。

ビシングの住所・アクセスや営業時間など

名称 ビシング
名称(英語) Bicing
住所 バルセロナ市内各所
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 年間パス24ユーロ(30分以内無料、30分毎に30セント)
参考サイト https://www.bicing.cat/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

冬のビーチは憩いの場

冬のビーチは憩いの場

image by iStockphoto / 88929421

バルセロナのビーチといえば、ヨーロッパの人々をはじめとして世界中の観光客に人気のビーチで、毎年夏になると、海岸を埋め尽くすほどの人が押し寄せます。
そうした夏の騒がしい様子とは対照的に、冬のバルセロナのビーチは市民の憩いの場になっています。
海岸沿いの通りはランニングを楽しむ人の姿があり、海岸にはお酒を片手にのんびりとおしゃべりを楽しむ若者や、犬の散歩を楽しむ老夫婦の姿などが見られます。
そこにはバルセロナの日常がありました。

バルセロネータビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 バルセロネータビーチ
名称(英語) La Barceloneta beach
住所 La Barceloneta beach, 08003 Barcelona
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/spain/barcelona/kankospot/10337871/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カタルーニャの誇り

カタルーニャの誇り

image by iStockphoto / 50869488

バルセロナの街中を歩いていると、黄色と赤をした旗を掲げている家が多いことに気がつくのではないでしょうか。
この旗は、バルセロナを州都とするカタルーニャ州の州旗であり、人々はこの旗を掲げることによって、自分の民族的なアイデンティティを示しているのだと考えることが出来ます。
実はスペインでは、民族としての誇りを守るためにカタルーニャ人がスペインから独立しようという動きがあり、政治課題の一つとなっているのです。

日本人にはたまらない名物・パエリア

日本人にはたまらない名物・パエリア

image by iStockphoto / 58201922

スペイン旅行ではパエリアは外せませんね。
バルセロナでパエリアを楽しむなら、ビーチ沿いのエリアで地中海を眺めながら食べるのが最高!とれたての新鮮な魚介のうまみが染み込んだご飯は格別です。
海外旅行中に日本のおいしいお米が恋しくなりがちな方にとってはうれしい名物ではないでしょうか。
パエリアと一緒に楽しみたいのは、ワインにオレンジやパイナップルなどの新鮮なフルーツを漬け込んだ、フルーティなサングリア。
おいしいごはんがあると、お酒もついついすすんでしまいますね。

お土産にはトゥロンがおすすめ

お土産にはトゥロンがおすすめ

image by iStockphoto / 68030413

トゥロンというお菓子をご存知でしょうか。
日本ではあまり知られていないかもしれませんが、スペインではクリスマスによく食べられるバルセロナの有名なお菓子です。
アーモンドの粉をベースとして、ナッツ・チョコレート・ドライフルーツなどを混ぜ込んだ、甘党さんにはたまらないスイーツです。
ヌガー状のものやサクサクしたものまで、様々な種類のトゥロンがあります。
試食ができることが多いですから、いろいろ試しつつお気に入りを見つけてみてください。

フレッシュなフルーツを市場でゲット

フレッシュなフルーツを市場でゲット

image by iStockphoto / 65428893

街歩きの途中でぜひ立ち寄りたいのが、地元の人々の台所を支えているマーケットです。
中でも人気があるのがサン・ジョセップ市場。
新鮮な野菜・果物・魚介類・肉からスイーツ・スパイス・タパスまで、食材はなんでもここでそろえられそうです。
そしてここでぜひ買いたいのが、食べ歩きにぴったりなカットフルーツとスムージー。
新鮮なフルーツを手軽に楽しむことが出来ます。
暑さでバテた体に新鮮なフルーツをほおばれば疲れも吹き飛んでしまいます。

鉄板の組み合わせ・チュロスとホットチョコレート

鉄板の組み合わせ・チュロスとホットチョコレート

image by iStockphoto / 48098756

チュロスといえば某テーマパークで食べる長い棒状のものを思い浮かべがち。
実はチュロスはスペインが発祥のお菓子で、しかも本場スペインではホットチョコレートにつけて食べるんです。
甘さは絶妙にコントロールされていて、どろっとしたホットチョコレートにたっぷりチュロスを浸して食べるととってもおいしいです。
老舗のチュロス専門店は、いつも多くの人で満杯。
チュロスの太さと形はお店によってこだわりがあり、食べ比べをしてみるのも楽しいです。

さあ、旅行の計画を立てよう

いかがでしたか。
次の旅行の計画を立てる参考にしてくださいね。
ゴールデンウィーク、シルバーウィークに年末年始。
旅行に行くチャンスを見つけて、ぜひ新しい世界と出会い、旅を通じて思い出を作って下さい。
photo by iStock