定番だけどやっぱり行きたいマーライオン!シンガポール旅行なら「マーライオン公園」へ

シンガポール旅行なら「マーライオン公園」は外せない!とうことで、今回はシンガポールのシンボルともいえる「マーライオン」が設置されている公園をご紹介します。シンガポールに行って、ここに行かないなんて「シンガポールへ行った」とは言えませんよ!

人気の観光都市シンガポール

人気の観光都市シンガポール

image by PIXTA / 22737928

シンガポール共和国、通称シンガポールは東南アジアにある島国で、シンガポールという国の名前はサンスクリット語で「シンハ(simha)=獅子」という言葉から来ています。
法律がともて厳しく、観光の際も細かいことに気をつけねばならないことも知られていますね。

シンガポールと聞いて何を思い浮かべますか?

シンガポールと聞いて何を思い浮かべますか?

image by PIXTA / 5102888

シンガポールと聞いて筆者が思い浮かべるのは、3つのビルがなが~い大きな船を掲げているように見える、高級総合リゾート「マリーナベイサンズ」です。
施設の中にはカジノ、ホテル、ショッピングモール、劇場など、ありとあらゆるアミューズメントがあるそうで・・・何といっても、屋上にあるプール!高所恐怖症の人は、絶対入れませんね…でも、宝くじにでも当たったら、ぜひ行ってみたいものです。

マリーナベイサンズの住所・アクセスや営業時間など

名称 マリーナベイサンズ
名称(英語) MARINA BAY SANDS
住所 10 Bayfront Avenue
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 部屋・サービスにより異なる
参考サイト http://jp.marinabaysands.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シンガポールのシンボルと言えばやっぱりコレ!

シンガポールのシンボルと言えばやっぱりコレ!

image by PIXTA / 12776207

シンガポールと言えば、先にご紹介したマリーナベイサンズを眺めるようにして立つコレ!シンガポール川河口近くの「マーライオン公園」に建つ、真っ白な「マーライオン」ですよね。
実はこの皆がよく知る「マーライオン」は「お母さん」ライオンで「お父さん」ライオン」は、ケーブルカー、ロープウェーで行くことのできる「セントーサ島」に建っています。
お父さんライオンは「マーライオンタワー」と呼ばれており、こちらは白ではなく茶色、高さは37m。
お母さんライオンは8.6mなので、お母さんマーライオンよりも大きいことは一目瞭然!なお、お父さんには展望台もあります。

image by PIXTA / 3395148

参考までに、こちらがお父さんマーライオン。
(セントーサ島)夜になると、目からビーム!がでるライトアップも開催されたりします。
かなりの迫力になるので、要チェックです。

子供のマーライオンもいるのを知ってる?

子供のマーライオンもいるのを知ってる?

image by PIXTA / 2911344

シンガポールには全部で5頭のマーライオンがいることをご存知ですか?ちなみにマーライオン公園に建つ真っ白なお母さんマーライオン背向いには、同じく真っ白な子供のマーライオンがいるんです。
残りの2頭はというと「シンガポール官公庁の敷地内」と「マウントフェーバーパーク」という名前の公園に建っています。
時間が許すのであれば、ぜひ5頭見ておきたいですね。

そもそも、マーライオンって?

そもそも、マーライオンって?

image by PIXTA / 411204

11世紀、マレーシアの王族が新たな土地を求めて対岸に見える大地を目指し、航海に出ました。
その途中、突然海が大荒れに…王族は神に祈るような気持ちで、被っている王冠を海に向かって投げました。
すると目の前に、頭はライオン、体は魚の姿をしている生き物が現れ、王族に「その大地を治めるように」と言いました。
その後海は静まり、無事に目指していた大地へと辿り着くことが出来ました。
そして王族は、その大地に「ライオンの都市」を意味する「Singapura(シンガプーラ)」と名づけて、その時に見たという頭はライオン、体は魚のマーライオンの像をシンガプール(シンガポール)の「国の守り神」とし、崇め祭った、という伝説があるのです。
ちなみにセントーサ島にある「マーライオンタワー」では、このマーライオン誕生の歴史、言い伝えについての物語を映像で観る事ができます。

マーライオン公園の場所、行き方、言葉は?

マーライオン公園の場所、行き方、言葉は?

image by PIXTA / 21721144

日本からシンガポールまでの所要時間は(羽田・成田・大阪・名古屋、どこからでも)だいたいの飛行時間は、8時間(かからない)程度です。
マーライオン公園(マーライオン・パーク)までは、MRTラッフルズ・プレイス駅までいき、そこから徒歩10分程度。
シンガポールにある標識は、英語、中国語、マレー語、タミール語で、日本語の標識はありません。
公用語は英語なので、英語が少しでもわかれば観光はかなり楽になります。
漢字を理解できる日本人は、中国語の漢字をみて、予測しながら、なんて方もいらっしゃるようです。

マーライオン公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 マーライオン公園
名称(英語) Merlion Park
住所 One Fullerton Singapore
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://singapore.navi.com/miru/17/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

観光中注意するべきことは?

観光中注意するべきことは?

image by PIXTA / 18575009

シンガポールは、街中(禁煙エリア)の喫煙は勿論、公共機関での飲食も禁止されています。
ポイ捨て、唾を吐く、なんていう行為も罰金対象です。
これらに違反すると、最高罰金額は、1,000ドル、1ドル100円だとしたら、10万円です!楽しい旅が台無しになってしまうので、マナーには注意しましょう!逆に、日本ではにらまれてしまうけれど、シンガポールではOKなこともあります。
例えば、行列の割り込み行為。
これは中国同様、シンガポールでは当たり前のようです。
きちんと並ぶ習慣のある日本人としてはイラっと来る行為ではありますが、もしシンガポールで割り込まれても嫌な顔しちゃだめですよ!

image by PIXTA / 10474101

またシンガポールではフードコートなどで食器はかたずけなくてOKなど、日本人としては「え?いいの?大丈夫?」と思うような違いもありますが、そこは、OKだというのですから、係の人にお願いしちゃいましょう!

さあ、旅に出かけよう!

シンガポール旅行なら「マーライオン公園」は外せない!という事で、マーライオン公園をご紹介してまいりました。
世界三大がっかり、なんていう不名誉なことを言われているマーライオン公園ですが、橋の建設に伴う移転により、以前よりも、ホテル、お土産屋さん、飲食店が多い、観光向けのロケーションになっていますので、ぜひ、シンガポールへ行かれる方、興味が湧いてきた!という方は、立ち寄ってみてください。
photo by PIXTA