ノルウェーの首都「オスロ」で訪れたいおすすめスポット10選

大自然とオーロラが楽しめる北欧の国ノルウェー。国名自体は日本でも十分知られていますが、どのような名所があるのかはまだまだ知られていないのではないでしょうか。今回はノルウェーの首都であるオスロにフォーカスを当て、是非訪れてもらいたいおすすめのスポットをいくつか紹介します。

海からやってきた恐怖の集団

中世のヨーロッパを震え上がらせた海賊として有名なヴァイキング。
彼らの本拠地は北欧とされており、オスロには彼らが利用した船や当時の武器などを展示する博物館があります。

ヴァイキング船博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴァイキング船博物館
名称(英語) The Viking Ship Museum
住所 Huk Aveny 35, 0287 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 80クローネ
参考サイト http://www.khm.uio.no/besok-oss/vikingskipshuset/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おかしな彫刻だらけの公園

おかしな彫刻だらけの公園

image by iStockphoto / 30041304

オスロの定番スポットとして名高いヴィーゲラン彫刻公園には、ちょっと変わった像で溢れています。
大人たちがじゃれ合う像や人を思いっきり投げている像、楽しく万歳する像などクスッと笑えるものばかりです。

ヴィーゲラン彫刻公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィーゲラン彫刻公園
名称(英語) The Vigeland Park
住所 Nobels gate 32, 0268 Oslo
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.vigeland.museum.no/no/vigelandsparken
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

一度見たら忘れられない大名作

一度見たら忘れられない大名作

image by iStockphoto / 785302

オスロの国立美術館には、どんな人でも不思議な世界へ誘い込んでしまうムンクの「叫び」が展示されています。
他にもムンクが描いた作品がコーナーとして多く展示されているので、ファンのかたは押さえておきましょう。

国立美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 国立美術館
名称(英語) Nationalgalleriet
住所 Universitetsgata 13, 0164 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 50クローネ
参考サイト http://www.nasjonalmuseet.no/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムンクの「叫び」は1つだけじゃない!

ムンクの「叫び」は1つだけじゃない!

image by iStockphoto / 103861477

ムンクの「叫び」という作品はそもそも4つ存在しており、それぞれ異なった技法で描かれています。
ムンク美術館には国立美術館以外の3つが展示されており、特に版画で描かれた白黒の叫びは見ごたえがあるでしょう。

ムンク美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ムンク美術館
名称(英語) Munch-museet
住所 Tøyengata 53, 0578 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 100クローネ
参考サイト http://munchmuseet.no/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界的名誉の授賞式はここで

世界的名誉の授賞式はここで

image by iStockphoto / 84248431

上品さと伝統を残すヨーロッパの一般的な市庁舎と比べ、オスロ市庁舎はとてもモダンチックな造りとなっています。
中には巨大な絵画が描かれており、ここで世界的名誉であるノーベル平和賞の授賞式が行われています。

オスロ市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 オスロ市庁舎
名称(英語) Oslo Radhuset
住所 Rådhusplassen 1, 0037 Oslo
営業時間・開場時間 9:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.oslo.kommune.no/politikk-og-administrasjon/radhuset/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ノーベル平和賞について知りたい方は

ノーベル平和賞について知りたい方は

image by iStockphoto / 48754482

これまでのノーベル平和賞に関する資料を見たい方はノーベル平和センターへ行ってみましょう。
ここでは常設展と企画展が行われており、改めて平和について考えてみるいい機会といえるでしょう。

ノーベル平和センターの住所・アクセスや営業時間など

名称 ノーベル平和センター
名称(英語) Nobels Fredssenter
住所 Brynjulf Bulls plass 1, 0250 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 100クローネ
参考サイト http://www.nobelpeacecenter.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オスロ市民の心を癒やす場

オスロ市民の心を癒やす場

image by iStockphoto / 39911804

オスロの歴史的建造物として人気のオスロ大聖堂には、数千本ものパイプを利用した巨大パイプオルガンがあります。
また、先程紹介した公園の彫刻を掘ったヴィーゲランの弟によるステンドグラスもチェックしておきましょう。

オスロ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 オスロ大聖堂
名称(英語) Oslo Cathedral
住所 Karl Johans gate 11, 0154 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://kirken.no/nb-NO/fellesrad/kirkeneioslo/menigheter/oslo-domkirken/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

空前のブームを引き起こしたアニメの舞台

空前のブームを引き起こしたアニメの舞台

image by iStockphoto / 78462983

オスロの歴史的建造物としてもう1つ人気のスポットが、アーケシュフース城です。
ここからオスロの海を見渡すことができ、近年の世界中で大ブームを引き起こした「アナと雪の女王」の舞台としてさらに人気が急上昇しているホットなスポットです。

アーケシュフース城の住所・アクセスや営業時間など

名称 アーケシュフース城
名称(英語) Akershus slott og festning
住所 Akershus Festning, 0150 Oslo
営業時間・開場時間 6:00-21:00
利用料金や入場料 70クローネ
参考サイト http://www.forsvarsbygg.no/akershusfestning
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伝統的なノルウェー建築

伝統的なノルウェー建築

image by iStockphoto / 102616155

ノルウェー民族博物館には、北欧の木々を活かして再現された伝統的なノルウェー建築を学ぶことが出来ます。
外観からどこか木の温かみを感じることができ、建築以外の雑貨や衣装も展示されています。

ノルウェー民族博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノルウェー民族博物館
名称(英語) Norsk Folkemuseum
住所 Museumsveien 10, 0287 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 125クローネ
参考サイト http://norskfolkemuseum.no/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウィンタースポーツが学べる博物館

ウィンタースポーツが学べる博物館

image by iStockphoto / 15696749

ウィンタースポーツについて関心のある方は、ホルメンコーレンのジャンプ競技場とスキー博物館へ足を運んでみましょう。
ここでは実際にジャンプ台から景色を眺めたり、ノルウェーのスキー事情を学べたりなど日常ではできない刺激的な体験をすることが出来ます。

ジャンプ競技場・スキー博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ジャンプ競技場・スキー博物館
名称(英語) Holmenkolen Ski Museum & Jump Tower
住所 Kongeveien 5, 0787 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 130クローネ
参考サイト http://www.skiforeningen.no/holmenkollen
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オスロでさらにノルウェーを楽しもう

冒頭のようにノルウェーの自然を楽しむ観光もいいですが、今回紹介したオスロの街中を楽しんでみる観光もおすすめです。
是非、北欧の国へ旅行してみたい方はノルウェーへの計画を検討してみてはいかがでしょうか。
photo by iStock