RPGに出てきそうな清廉なお城、デンマーク、フレデリクスボー城の魅力に迫る

一口にお城と言っても国や時代、歴史によってその雰囲気がガラリと変わって感じられるのがお城の面白いところ。今回ご紹介するのはデンマークにあるフレデリクスボー城。大自然の中にひっそりと佇む貴族の隠れ家のような印象のあるお城です。ファンタジーの世界に迷い込んだようなその絶景をとくとご覧あれ。

まさしくファンタジーの世界の佇まい

まさしくファンタジーの世界の佇まい

image by iStockphoto / 18290901

美しい自然に囲まれ、ひっそりと佇むその姿はまさにファンタジーの世界そのもの。
争いの無い、平和な街を統べるのどかな国の城主の家といった印象です。
湖に浮かぶその姿も幻想的。

フレデリクスボー城の住所・アクセスや営業時間など

名称 フレデリクスボー城
名称(英語) Frederiksborg Castle
住所 3400 Hillerød, Denmark
営業時間・開場時間 10:00-17:00
利用料金や入場料 75クローネ
参考サイト http://www.dnm.dk/UK/Forside.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

貴族の隠れ家のようです

貴族の隠れ家のようです

image by iStockphoto / 17987973

表立って有名な宮殿、というよりは、王族がのんびりと過ごせる隠れ家のような雰囲気も併せ持つフレデリクスボー城。
パラス湖と呼ばれる湖の上に建てられており、他にも二つの小島があるんだとか。

一つ一つの装飾が美しいフレデリクスボー城

一つ一つの装飾が美しいフレデリクスボー城

image by iStockphoto / 10050659

お城に近づいてみると、その細かな装飾の芸術性、高い技術に驚かされることでしょう。
城そのものが芸術品のような仕上がりです。
また、国王一家の集めた美術品の保管庫としても使用されていたこともあり、現在では国家的記念館として扱われているそうです。

柔らかな色合いが魅力的な宮殿

柔らかな色合いが魅力的な宮殿

image by iStockphoto / 17456971

赤茶のレンガ造りの壁に、水色とも緑とも言えるような淡い色合いの屋根がどことなく素朴で優しい印象を与えてくれます。
外観だけ見ると、宮殿というより教会のようなイメージが湧きやすいですね。
実際に、敷地内には勲位のチャペル、と呼ばれる教会が設置されています。

正面から見たフレデリクスボー城

正面から見たフレデリクスボー城

image by iStockphoto / 18050642

歴史的情緒が感じられるフレデリクスボー城の全容。
王族の居住地として建設されたそうですが、国王亡き後は国の公式行事が行われる場として使用されていたそうです。
昔はこの広場も貴族の人々で賑わっていたのでしょうか。

素敵なラブロマンスがあったのでしょうか

素敵なラブロマンスがあったのでしょうか

image by iStockphoto / 100457733

お城の敷地内にはこんな風景も。
日が沈んだ頃、王族同士、または身分違いの恋愛をしていた人々がこんなところで愛を語り合っていたと思うとなんだかドキドキとしてしまいます。

内装も上品で美しい

内装も上品で美しい

image by iStockphoto / 11554980

白を基調としたフレデリクスボー城の内装。
天井につながる白い壁にまで細かな彫刻が施してあります。
煌びやか、とは違ったエレガンスな魅力がありますね。
厳かな空気感を味わうことができそうです。

騎士の教会と呼ばれる由緒ある教会

騎士の教会と呼ばれる由緒ある教会

image by iStockphoto / 5217083

先ほどもお話に出た、フレデリクスボー城の敷地内にある教会は勲位のチャペルと呼ばれ、1693年から騎士称号授与式の場としても使われているそうです。
騎士の授与式とは、聞いただけでかっこいい…!と興奮してしまう方もいるはず。
フレデリクスボー城を訪れた際は教会にも忘れずに足を運んでみてくださいね。

お城の外壁に設置された彫刻の数々

お城の外壁に設置された彫刻の数々

image by iStockphoto / 97465925

まるで、外敵からフレデリクスボー城を守るかのように、女神とも拝みとも取れそうな人を模した彫刻がずらりと並んでいます。
今にも動き出しそうなリアルさですね。
これを見てはお城を攻め落とさんとしてきた輩もちょっぴりひるんでしまいそうです。

500年の歴史を持つフレデリクスボー城

500年の歴史を持つフレデリクスボー城

image by iStockphoto / 18050504

正確には1560年に最古のものは作られたそうですので、450年ほどでしょうか。
今でこそ美しい姿が維持されていますが、過去には家事で内装が燃えてなくなるなど悲惨な事件もあったそうです。
これからも周辺の自然とともに、この姿を保って欲しいものですね。

さあ、旅に出かけよう

いかがでしたでしょうか。
騎士の聖地といっても過言ではないフレデリクスボー城。
一国を守る騎士の気分、またはこの城を預かる国王気分に浸りながら、お城を観光してみては。
photo by iStock