神はここにいたか…カナダで見れる幻想的な絶景10選

2017年の7月に建国150週年を迎える北米の国カナダ。世界各国の中でも有数の領土と自然を保有しており、数々の絶景が秘められています。今回はそんなカナダを訪れるなら是非見ておきたい景色をいくつか紹介します。

誰もが一度は観たいオーロラ

誰もが一度は観たいオーロラ

image by iStockphoto / 59557436

カナダの絶景と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、幻想的な世界が広がるオーロラではないでしょうか。
カナダではイエローナイフとホワイトホースという街でオーロラを見ることができ、日本でも多くのツアーが組まれています。

カナディアンロッキー、どう攻略してみる?

カナディアンロッキー、どう攻略してみる?

image by iStockphoto / 4044830

北米に堂々と連なるロッキー山脈の一部であるカナディアンロッキー周辺は、透き通った湖や青々とした森林など、どれも見ておきたい風景ばかりです。
足で散策しながら楽しんだり、電車やカヌーといった乗り物で楽しんだりなど観光客なりの計画で沢山の絶景を攻略しましょう。

迫力満点なナイアガラの滝

迫力満点なナイアガラの滝

image by iStockphoto / 79979309

アメリカとカナダの国境沿いにあるナイアガラの滝。
世界三大瀑布に含まれている滝なだけあって、落下する水量とそのスケールは言葉が出ないほどの迫力です。

ナイアガラの滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 ナイアガラの滝
名称(英語) Niagara Falls
住所 Niagara Falls, Ontario L2E 6T2, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.niagarafallstourism.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

滝と最新技術のコラボレーション

滝と最新技術のコラボレーション

image by iStockphoto / 19357895

夜になると、滝がレーザーによってライトアップされ、ロマンチックな雰囲気を演出しています。
恋人と二人っきりで旅行したい方々は、昼よりも夜のほうがさらに二人の関係が縮まるかもしれません。

心臓がドキドキしてしまいそうな橋

心臓がドキドキしてしまいそうな橋

image by iStockphoto / 37790802

まるで森の中を飛んでいるみたいなような感覚になれるキャピラノ吊り橋は、カナダの大都市バンクーバーから無料シャトルバスで訪れることが出来ます。
地表から橋までの高さや、吊橋ならではの揺れは大人でもついついワクワクドキドキしてしまうことでしょう。

キャピラノ吊り橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 キャピラノ吊り橋
名称(英語) Capilano Suspension Bridge
住所 3735 Capilano Rd, North Vancouver, BC V7R 4J1
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 大人31.95ドル、シニア29.95ドル
参考サイト https://www.capbridge.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古きカナダへタイムスリップ

古きカナダへタイムスリップ

image by iStockphoto / 45572974

バンクーバーの中心部にあるギャスタウンは、カナダが建国されて間もない頃の街を再現しています。
特に世界でもここだけの蒸気時計は、街並み同様レトロ感があり、15分毎に多くの観光客へ時間を知らせる音を鳴らします。

やはり都会の夜景も外せない

やはり都会の夜景も外せない

image by iStockphoto / 41607662

バンクーバーと同じく有名なトロントは、カラフルなネオンや照明によって美しい夜景を作り上げています。
写真の中で目立つCNタワーがトロントのシンボルであり、ここから街を見下ろすことが出来ます。

カナダに見えない運河

カナダに見えない運河

image by iStockphoto / 70539159

カナダの首都を流れるリドー運河の風景は、まるでヨーロッパにいるような感覚になることでしょう。
冬になると運河は凍り、天然のアイススケートリンクとして地元住民がこぞって楽しんでいます。

名作の舞台に憧れて

名作の舞台に憧れて

image by iStockphoto / 60058700

カナダにはいくつか島が点在していますが、特に人気のスポットがプリンスエドワード島です。
世界的な名作「赤毛のアン」の舞台であり、一度は主人公が暮らした島に訪れてみたいファンは多いのではないでしょうか。

最東端に広がる荒涼した風景

最東端に広がる荒涼した風景

image by iStockphoto / 17848851

上記のプリンスエドワード島とは別に押さえておきたい島が、カナダの最東端にあるニューファンドランド島です。
この島のグロス・モーン国立公園には様々な動物や植物が生息しており、学術的にも貴重な生物ばかりです。

グロス・モーン国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 グロス・モーン国立公園
名称(英語) Gros Morne National Park
住所 Newfoundland and Labrador, Canada
営業時間・開場時間 現地時間9;00-17:00(施設・季節によって変動あり)
利用料金や入場料 大人9.80ドル、子供(6-16歳)4.90ドル
参考サイト http://www.pc.gc.ca/eng/pn-np/nl/grosmorne/index.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

人生最大の絶景をカナダで

いかがでしたでしょうか。

カナダは絶景の宝庫とも言えるほど、まだまだ隠れた絶景が多く眠っています。
是非、カナダ観光する際には、一生心に残る景色に出会える旅にしてみましょう。

photo by iStock