栃木観光なら東武ワールドスクウェアは必見!行き方や予算、営業時間など観光情報まとめ

栃木県観光なら「東武ワールドスクウェア」は必見!ということで、今回は、東武ワールドスクウェアをご紹介します。世界中の有名な建造物が、文字通り凝縮されたミニチュアの世界!そのクオリティーの高さは、多くの人々を魅了しています。子供から大人まで楽しめる、東武ワールドスクウェアの可愛い世界、写真と共にご覧ください。
栃木県全域観光40選!在住歴10年の地元民が選ぶおすすめスポットまとめ
栃木の温泉といえば「鬼怒川温泉」。鬼怒川温泉の魅力を地元民がたっぷり紹介

東武ワールドスクウェアって?

栃木県日光市、鬼怒川温泉にある「東武ワールドスクウェア」は、世界各国にある、遺跡や建築物をミニチュア再現し展示している「世界建築博物館」で、大手私鉄「東武鉄道」が、創立95周年(1992年)の記念事業の一環として、総工費140億円かけ建設、1993年4月24日に開業しました。

目の前に広がる小さな住人たちの住む世界

世界各国の有名な建造物がミニチュアになっているので、子供から大人まで「あ!これ知ってる!」と、思わず興奮してしまう、そんな東武ワールドスクウェアには、小さな住人が14万人もいるんです!

super_wataame (引用元:Instagram)

ここまで、ご紹介している写真に写り込んでいるのは…全部身長7㎝の可愛い住人達です。
ミニチュアの世界に、この小さな住人がいるおかげで、本来の大きさをうかがい知ることが出来ます。

細部にまでこだわっているからこそ見入ってしまう!

本物そっくりに造ることにこだわったというワールドスクウェア。
1/25の縮尺ミニチュアの世界で緑を表現する為に、97%の緑は本物の木(盆栽)を使用。

ギリシャの建造物に至っては、本物の大理石の粉末を使用している程の力の入れよう・・・それだけこだわって造られているからこそ、見る方も「すごい!自分も小さくなってこの世界に飛び込みたい!」と思うのでしょうね。

我が国 日本の建造物も!

ワールドスクウェアの中には、日本の建造物もあります!日本全国の有名な建造物が、ぎゅっと一ヵ所に…なんとも不思議な風景となっておりますが、かなりクオリティーは高い!


umamegu (引用元:Instagram)

夜になると、ライトアップされたりもするので、より一層リアルになりますね。
盆踊りの曲が聞こえてきそう…


探して回るのが面白い!

小さな人々の住む世界には、様々なキャラクターが潜んでいます。
たとえば、孫悟空ご一行。
どこにいるのかは、なんとなくわかりますよね?水戸黄門ご一行もいれば、ローマの休日の撮影風景まで…小さな世界の中に、人々の日常が多く表現されています。
泥棒が逃げていく様、転んでしまった人、交通事故現場までもが、今にも動き出しそうなまでに細かく表現されています。

kimura_kun (引用元:Instagram)

小さな住人たちが作り出しているストーリー、あなたはいくつ見つけられるか?!

東武ワールドスクウェアはココ!

ワールドスクウェアの住所は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原209−1(電話0288-77-1055)
東京方面から車で行く場合

東北自動車道、宇都宮IC~日光宇都宮有料道路へ「今市IC(今市、鬼怒川方面出口)」で降りて、国道121号線に出たら鬼怒川温泉方面へ(約20分)。
または、日光宇都宮有料道路の「土沢IC(今市、鬼怒川方面出口)」を降りて一般道で(約30分)。

仙台方面から車で行く場合

東北自動車道、矢板ICより国道461号線、鬼怒川方面へ向い、約30分行くと国道121号線へ合流、そこから約8分。
または、東北自動車道、宇都宮IC~日光宇都宮有料道路「今市IC(今市・鬼怒川方面出口)」を降りて、国道121号線を鬼怒川温泉方面へ(約20分)。

駐車場料金は、普通車500円、原付・自動二輪200円です。

電車の場合は、鬼怒川温泉駅からバスで約5分、小佐越駅下車からだと徒歩で約8分です。

※車、電車ともに、詳しくは公式HPに載っています。

開園時間は、年中無休、9:00~17:00(季節によって異なります。
公式HPの「本日の開園時間」をご確認ください)入園料は、当日が大人(中学生以上)が2,500円、小人(4歳以上)が1,200円(前売りは、大人2,200円、小人1,000円)
残念なことに、入園料は、H28年度12月に改訂になります。
改定後は、大人は300増、小人は200円増になりますので、ご注意ください!

東武ワールドスクウェアの住所・アクセスや営業時間など

名称 東武ワールドスクウェア
名称(英語) Tobu World Square
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
営業時間・開場時間 夏期(3/20-11/30) AM9:00-PM5:00 冬期(12/1-3/19) AM9:30-PM4:00
利用料金や入場料 大人 2,500円 小人 1,200円 ・平成28年12月1日より「大人 2,800円 小人 1,400円」となります。
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅に出かけよう!

栃木県観光なら「東武ワールドスクウェア」は必見!という事で、東武ワールドスクウェアをご紹介してまいりました。
ミニチュア好きにはたまらない、東武ワールドスクウェアは人気の観光スポットになっています。
リアルに再現された建造物は勿論、その小さな世界の中にある、小さな人々のストーリーが見えてくる、何度でも行って、何度でもみて回りたくなること間違いなし!公式HPには、200円引きになるオンラインクーポンもあるので、これを機にぜひ栃木のワールドスクウェアへ行ってみてはいかがですか?