フランス旅行で「凱旋門」は外せない!パリのランドマークの観光情報まとめ

凱旋門はエッフェル塔とともにフランス・パリを象徴するランドマークです。せっかくパリに来たら、遠くから凱旋門を眺めるだけではもったいない!オススメの楽しみ方をご紹介します。

そもそも「凱旋門」ってなに?

そもそも「凱旋門」ってなに?

image by iStockphoto / 89753219

「凱旋門」とは、戦いに勝利したことの記念として造られた門のことです。

1805年、オーステルリッツの戦いに勝利したことを称えるために、皇帝ナポレオンの命によりパリのエトワール広場にて着工されました。
完成したのはナポレオンの死後15年経った、1836年でした。

今では世界中の観光客を魅了する「パリの顔」として親しまれています。

凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 凱旋門
名称(英語) Arc de triomphe de l\’Étoile
住所 Place Charles de Gaulle, 75008 Paris
営業時間・開場時間 10:00 – 22:30(10月-3月), 10:00 – 23:00(4月-9月)
利用料金や入場料 12ユーロ
参考サイト http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

こんなにも大きい!

こんなにも大きい!

image by iStockphoto / 85613641

写真やテレビだとなかなか気づかないのですが、凱旋門の大きさは高さ50m、幅45mにもなり、とても巨大です。
近くにいる人たちと比べてみると凱旋門の大きさがよりわかるのではないでしょうか。

さっそく行ってみましょう!

さっそく行ってみましょう!

image by iStockphoto / 90179869

凱旋門はシャンゼリゼ大通りの西端、シャルル・ド・ゴール広場の中央に立っています。
広場の周りは車が行きかっているので、地上を横断することはできません。

そこで、入場するときはシャンゼリゼ大通りとグランメタル通りを結ぶ地下通路を利用してください。
展望台の入場券は地下道で購入することができますよ。

アクセス:メトロ1・2・6号線シャルル・ド・ゴール・エトワール駅から徒歩3分

料金:€12(2016年1月現在)

展望台へのぼってみましょう

展望台へのぼってみましょう

image by iStockphoto / 82139273

入場券を購入したら、さっそく展望台へのぼってみましょう。
展望台へ行くには284段のらせん階段をのぼる必要があります。
車いすや足の不自由な方には専用のエレベーターが用意されているので、係の方に尋ねてみてくださいね。

展望台へ向かう途中には「アッティカの間」という部屋があります。
ここでは最新テクノロジーを使って凱旋門の歴史が紹介されています。
ミュージアムショップもあるので、お土産を買うこともできますよ。

展望台からの絶景をご堪能あれ

展望台からの絶景をご堪能あれ

image by iStockphoto / 89434897

展望台からは、真っすぐに伸びるシャンゼリゼ大通りを一望することができます。
凱旋門を中心に12本の街路が伸びていることもしっかり確認できますよ。

クリスマスの時期であれば、シャンゼリゼ大通りのイルミネーションを鑑賞するのもおすすめです。
凱旋門の営業時間は4~9月は10:00~23:00、10~3月は10:00~22:30までとなっているので、確認してから訪れてみてくださいね。

(入場は45分前まで。
2016年1月現在)

image by iStockphoto / 89434741

南側には、凱旋門とならんでパリのシンボルといわれている「エッフェル塔」も見つけられますよ。
他にもモンマルトルの丘、ノートルダム大聖堂などパリのランドマークを一望できます。

外観も見てみましょう

外観も見てみましょう

image by iStockphoto / 83699201

凱旋門の展望台から降りてきたら、外観も近くで見てみましょう。

凱旋門のアーチを真下からのぞき込んでみてください。
アーチの大きさは高さ36.6m、幅14.6mにもなります。
内側の柱にはフランス革命時代の革命家と帝政時代の将軍名が刻み込まれていますよ。

レリーフの彫刻が美しい

レリーフの彫刻が美しい

image by iStockphoto / 93258049

門には10個のレリーフが飾られています。
これらはナポレオンの偉業をテーマに彫刻されています。

シャンゼリゼ大通り側の左下にあるのは「1810年の勝利」という作品です。
1809年に締結されたウィーン条約を記念したもので、女神から桂冠を授かっているナポレオンの姿が描かれています。

右下は「1792年の義勇兵の出陣」という作品で、通称「ラ・マルセイエーズ」として知られています。
マルセイユから集まってきた義勇兵たちが国境を越える勢いを表現した作品です。

無名戦士の墓

無名戦士の墓

image by iStockphoto / 86376411

門の下に「無名戦士の墓」があります。
第一次世界大戦の死者を追悼するための場所で、毎日18時30分から30分間セレモニーが行われ、退役軍人とフランス在郷軍人会によって追悼の火が灯されています。

無名戦士の墓の住所・アクセスや営業時間など

名称 無名戦士の墓
名称(英語) The Unknown Soldier At The Base Of The Arc De Triomphe
住所 Place Charles de Gaulle, 75008 Paris
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.arcdetriompheparis.com/history/the-unknown-soldier
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シャンゼリゼ大通りのカフェで一休み

シャンゼリゼ大通りのカフェで一休み

image by iStockphoto / 15889115

凱旋門を満喫したら、シャンゼリゼ大通りのカフェで休憩はいかがでしょうか。

シャンゼリゼ大通りは凱旋門からコンコルド広場までの約2kmの大通りです。
ブティックなどのショッピングスポットだけでなく、カフェも沢山ありますよ。
お天気が良ければテラス席で華やかな通りを眺めてみるのも素敵ですね。

パリにはもう1つ凱旋門が!

パリにはもう1つ凱旋門が!

image by iStockphoto / 16208381

じつは、パリに凱旋門は2つあるのですよ。
それはパリのラ・デファンスという地区にある「新凱旋門」です。
1989年、フランス革命200周年を機に建てられました。
その大きさはなんと凱旋門が2つも入るほどになっています。

ラ・デファンスはパリ北西部に開発された近代都市です。
車道や鉄道などの交通機関はすべて地下に収容され、高層ビルが立ち並ぶオフィス街となっています。
またビルの間に立つ多くの野外彫刻の見学を楽しむこともできます。
ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

アクセス:メトロ1号線ラ・デファンス駅地下直結

料金:展望台€10

新凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 新凱旋門
名称(英語) la Grande Arche
住所 1 Parvis de la Défense, 92044 Puteaux
営業時間・開場時間 10:00 – 20:00(4月-8月), 10:00 – 19:00(9月-3月)
利用料金や入場料 展望台10ユーロ
参考サイト http://www.grandearche.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

凱旋門に行ってみませんか

展望台から景色を見たり、近くで彫刻をじっくり堪能したり、シャンゼリゼ大通りのカフェから眺めてみたり、凱旋門の楽しみ方は尽きません。
また昼間と夜で違った雰囲気を楽しむことができるのも凱旋門の魅力ではないでしょうか。
展望台へ入場するには並んでいる場合もあるので、時間に余裕をもって訪れてくださいね。
photo by iStock