タイ・チェンライへ旅行したくなる!観光スポットや体験アイディア10選

次の連休を見つけたら、常に旅行の計画を企ててしまう…そんな旅行好きの方も、非日常の世界へ旅立ちたい方も、次はタイ・チェンライへの旅お出かけはいかかがでしょうか。きっとあなたを魅了する観光スポットが見つかるはず。

田舎にあるエレファント村

田舎にあるエレファント村

image by iStockphoto / 42465454

チェンライの町から車で田舎道を車で走り、山に囲まれるような地帯に入り、民家が点々と見えるようになってきます。
その辺りにくると、舗装された道路も凸凹が目立つようになってきたころ、村の子どもたちが観光客とわかる車の周りに近寄ってくるようになります。
そこにあるのがこのゾウ村です。
大きな都市の近くにある多くの観光客が集まるエレファント村とは趣が異なり、手づくりの柵を入ると、衣装を着せられるようなこともなく、大きなゾウの背にイスがのせられています。
ゆったりと、景色の変化も少ないなか、ゾウの背にのって揺られると、土地のそのままのアップダウンのあるところをゾウが歩き、自然の中をゾウと歩いているような感覚になれるところです。

エレファントキャンプの住所・アクセスや営業時間など

名称 エレファントキャンプ
名称(英語) Elephant Camp
住所 229 Moo 1, Chiang Saen Chiang Rai 57150 Thailand
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://goldentriangle.anantara.com/elephantcamp.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夜の屋台街

夜の屋台街

image by iStockphoto / 73808841

バンコクやチェンマイの夜の街と同じように、チェンライの中心地には屋台街があります。
外国人をメインのお客とするような、大きなレストランもありますが、屋台の大きなものと壁で覆われた部分が合わさったような感じです。
ですから、大きなヤモリ(現地ではトッケーなどと呼び、幸運を呼ぶ生き物)が目に入ることも多々あります。
屋台の数は多くはないですが、タイならではの食べ物もあり、現地の方の夕飯を食べる場所としても人が多く集まっています。

ナイトマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ナイトマーケット
名称(英語) Chiang Rai Night Market
住所 Thansai Rd., Tha Sai, Muang Chiang Rai, Chiang Rai 57000 Thailand
営業時間・開場時間 現地時間18:00-23:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.bangkokpost.com/travel/sightseeing/20466/night-market-chiang-rai
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

稲作の盛んな地

稲作の盛んな地

image by iStockphoto / 73284631

日本人がチェンライに訪れて、自動車などで観光をすると、どこか懐かしく感じることが多いと思います。
それは、木造の田舎の家だったり、稲作が盛んな土地柄の田んぼの風景があるからではないでしょうか。
ここでは日本米ではなく、タイ米が栽培されていますが、その風景は日本と同様に、稲が風にふかれ、収穫期には金色の稲穂が一面に広がります。
また今でこそ収穫に機械が導入されていますが、水牛を使っての作業を見ることもできるかもしれません。

濡れる覚悟で楽しむ水かけ祭り

濡れる覚悟で楽しむ水かけ祭り

image by iStockphoto / 39442134

タイでのお正月祭りといわてる水かけ祭りです。
この時には、村人の子どもも大人も、みんなが道路沿いに、大きなバケツや水鉄砲などを用意いして、その道を通る人、車にも水をかけてきます。
それは観光客でも同じですから、水に濡れる覚悟で通らなければなりません。
もちろん、バスタブのようなものに水を蓄えてトラックの荷台に乗せた車から、道路にいる人たちに水をかけることもあります。
このシーズンでは、寒さもなくTシャツで参加することがおすすめです。

ソンクラーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ソンクラーン
名称(英語) The Songkran Festival
住所 Chiang Rai, Thailand
営業時間・開場時間 4月13日-18日
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.chiangmai-chiangrai.com/songkran_chiangrai_activities.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

健康診断におすすめの地、タイ

健康診断におすすめの地、タイ

image by iStockphoto / 93016355

医療分野の発展も著しいタイです。
チェンライのような都市から離れた都市でも大きな病院はありますが、目を見張るのはチェンマイなどの中都市にある大病院です。
世界各国の患者、というよりもお客様に対応するように、ホテルのような造りでサービスとしても同様に、各国の言葉での通訳サービスもあります。
ある程度のお金は必要になりますが、最先端の健康診断を受けることができ、患者(お客様)の要望に応えるべくさまざな治療や医療技術がそろっているのがタイでもあります。

紅茶の産地

紅茶の産地

image by iStockphoto / 94425273

稲作と同様に日本らしさを感じる風景に茶畑があります。
といっても日本のように、整然と茶樹が並んでいるのではなく、茶樹が自由にのびて葉を茂らせているのがタイの茶畑といえるかもしれません。
タイの茶葉は日本の茶葉よりもやや硬く、長時間をかけて発酵させる紅茶に適しています。
ヨーロッパを中心に香りがよい茶葉ということで、世界の歴史上でも重要な貿易品となった紅茶葉が今でもつくられています。
標高が高く、寒暖差もあることから、香りの強い茶葉ができるといわれております。

ライムにもたくさん出会う街

ライムにもたくさん出会う街

image by iStockphoto / 61964386

タイの料理というと、パクチーの香りが苦手という印象を持たれる方もいるかもしれません。
もちろん、レストランや屋台でもパクチーがたっぷり用意されているところがほとんどで、お好みで追加でのパクチーをオーダーすれば当たり前のように持ってきてくれます。
もちろん、苦手な方はパクチー抜きで、とオーダーすれば抜いてくれることも自由です。
それと同じように、お皿に添えられているのがライム。
日本でレモンをカットしたものが添えられている以上に、ライムが用意されています。
ビールやカクテルにもあいますし、辛い料理にもさっとしぼり汁をかけるとすっとして、より美味しく食べることもできます

歩いて国境を超える体験

歩いて国境を超える体験

image by iStockphoto / 72444969

タイの北部は、三角地帯と呼ばれるようにタイ、ミャンマー、ラオスとの国境がつながっています。
ですから、タイのチェンライなどを超えて国境付近まで行くと、川がありそこには国境がみえてきます。
日本にいると国境を意識することはほとんどありませんが、その川にかかる橋を超えると国がかわるのです。
ですからパスポートのチェックも川端にあるところで行われウォークと記されたスタンプをもらいます。
たったいまタイにいたのに、このゲートをくぐるともう別の国、という体験はちょっと不思議な気持ちもしますが、そのエリアそのものも観光地となっていて、お土産店やタクシーなどもたくさんあり、気軽に日帰りできる海外旅行体験ができると思います。

メーサーイマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 メーサーイマーケット
名称(英語) Mae Sai Market
住所 Mae Sai, Chiang Rai, Thailand
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.accessiblethailand.com/city/mae-sai-market/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

色鮮やかな手工芸品

色鮮やかな手工芸品

image by iStockphoto / 84192759

傘やバッグ、小物に鮮やかな刺繍がされている手工芸品をお土産でよくみみかけます。
実際にタイの女性が、一針、一針を刺して創り上げています。
伝統的な柄もあれば、鳥や花、アルファベットなどをくみあわせた近代的な柄も見ているだけでも楽しいです。
刺繍に限らず、染織用のペンでTシャツや帽子に好みの絵を描いてくれる場合もあります。
タイのシルクも有名ですが、シルクは高価なものも多いですが、シルクの端に刺繍や絵を描いたものや小さなものは手頃な価格のものもたくさんあります。
お土産におすすめです。

神聖さと黄金を感じる寺院

神聖さと黄金を感じる寺院

image by iStockphoto / 41421882

仏教国であるタイ。
街をあるいていると、オレンジ色の衣装をみにまとった子どもの列に出会うこともあります。
日本の木造造りのお寺とは異なり、黄金に装飾され、豪華な印象を外観から内装にまで見せているのがタイのお寺です。
ただ日本と同じように、内部へは履物をぬぎ、きれいに磨かれた床が目にはいってくることと思います。
住民はお坊さん、それがこどもであっても大切に思い、托鉢にお金や食べ物を供えている様子もみることができると思います。

ワット・プラタート・ドイ・トゥンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・プラタート・ドイ・トゥン
名称(英語) Wat Phrathat Doi Tung
住所 Wat Phra That Doi Tung, Huai Khrai, Mae Sai, Chiang Rai, Thailand
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=66
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タイ・チェンライ旅行に行こう!

いかがでしたか。
タイ・チェンライの観光スポットや名物はまだまだあります。
ぜひ次の連休の予定を立ててください。
photo by iStock