絶景の宝庫!オーストラリア・メルボルンへ旅行したくなる観光スポットや現地名物10選

次の連休を見つけたら、常に旅行の計画を企ててしまう…そんな旅行好きの方も、非日常の世界へ旅立ちたい方も、次はオーストラリア・メルボルンへの旅お出かけはいかかがでしょうか。きっとあなたを魅了する観光スポットが見つかるはず。

市内を走るサークルトラム

市内を走るサークルトラム

image by iStockphoto / 88090303

非常にレトロな見た目の、サークルトラムと呼ばれる路面電車です。
なんと、このサークルトラムは、市内中心部であれば、無料で何度でも乗車する事が出来ます。
もちろん、路面電車なので、行ける範囲は限られていますが、それでも中心部の主要な観光スポットには、これだけでも行くことが出来るので、ただ記念に乗るだけでなく、旅行中の実際的な移動手段としても、効果を発揮することでしょう。
ただ、タイミングによっては、混むこともあるので、快適に移動したい場合は、別の公共交通機関を使うのも手です。

シティ・サークル・トラムの住所・アクセスや営業時間など

名称 シティ・サークル・トラム
住所 ハーバー・エスプラネード~フリンダース・ストリート~スプリング・ストリート~ラ・トローブ・ストリート~ハーバー・エスプラネードと、シティ中心部約2平方 kmの外周を運行。
営業時間・開場時間 運行時間:10:00~18:00(デイライト・セービング期間の木・金・土曜は21:00まで、クリスマスおよびグッドフライデーは休業)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.visitmelbourne.com/Information/Public-transport
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ビクトリア国立美術館

ビクトリア国立美術館

image by iStockphoto / 99477813

芸術の街でもあるメルボルンを、代表する美術館であるビクトリア国立美術館です。
この美術館は、なんと特別展以外は無料で楽しむ事が出来ます。
さすがは、芸術の街と言われるだけあります。
無料だから大したことないんじゃない?と思われるかもしれませんが、この写真から分かるように、非常に大規模な美術館で、全部を見ようとしたら、半日はかかるかもしれないほどです。
西洋の絵画だけでなく、古代エジプトの物や、日本の絵画など古今東西の美術品を一度に味わえるオススメのスポットです。

ビクトリア国立美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ビクトリア国立美術館
名称(英語) National Gallery of Victoria
住所 180 ST KILDA ROAD, MELBOURNE, AUSTRALIA
営業時間・開場時間 Open 10am–5pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ngv.vic.gov.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ビクトリア州立図書館

ビクトリア州立図書館

image by iStockphoto / 94282317

物価は高いですが、無料で楽しめる事の出来るスポットも多いメルボルン。
図書館もその一つで、もちろん無料で入る事が出来ます。
図書館が何故、観光スポットなのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この写真を見て頂くと分かるように、外観が非常に歴史を感じる重厚な造りです。
中は、吹き抜けとなっていて、開放感があり、数多くの書物が収蔵されています。
無料でWi-Fiも使え、パソコンやコンセントも使えるので、旅行の合間の休憩や、調べたい事がある時には、ぜひお立ち寄りください。

ビクトリア州立図書館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ビクトリア州立図書館
名称(英語) State Library Victoria
住所 328 Swanston St, Melbourne VIC 3000,Australia
営業時間・開場時間 Library Mon–Thurs 10am–9pm, Fri–Sun 10am–6pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.slv.vic.gov.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧メルボルン監獄

旧メルボルン監獄

image by iStockphoto / 20590198

もちろん、現役で使用している刑務所が観光スポットとはならないので、今は使用していない所ですが、監獄の中を実際に見学する事が出来ます。
死刑囚の顔を石膏で型どったデスマスクや、拷問用具、絞首台など日常生活では、お目にかかれない品の数々が見れます。
また、館内を周るミニツアーもあり、囚人のプチ体験をする事が出来ます。
ただ、日本語の案内パンフレットがあるものの、掲示物の文やツアーの説明はもちろん、全て英語なので、監獄に興味がない人は多少退屈なスポットかもしれません。

旧メルボルン監獄の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧メルボルン監獄
名称(英語) Old Melbourne Gaol
住所 377 Russell St, Melbourne VIC 3000,Australia
営業時間・開場時間 Open Daily 9.30am – 5.00pm (suggested last entry 3:30pm)
利用料金や入場料 大人25ドル 小人13.50ドル (5-15 years)
参考サイト http://www.oldmelbournegaol.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お洒落な通りのSouthbank

お洒落な通りのSouthbank

image by iStockphoto / 66801071

川沿いに、多くのお洒落な店やレストランが立ち並ぶ通りであるSouthbank。
オープンカフェもあり、朝食をここでとれば、爽やかで心地良い朝の一時を楽しむ事が出来るでしょう。
川沿いは、遊歩道となっていて、モニュメントもあったり、楽器演奏や、絵を書いている人など、人それぞれ思い思いの時間を過ごしていて、それらを見に、ただ歩くだけでも楽しめます。
夜は、イルミネーションスポットともなるので、昼と夜とではまた違う顔を楽しむ事が出来ます。

サウスバンクの住所・アクセスや営業時間など

名称 サウスバンク
名称(英語) Southbank
住所 Southbank VIC 3006,Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitvictoria.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ユーレカタワー・スカイデッキ88

ユーレカタワー・スカイデッキ88

image by iStockphoto / 91494101

メルボルン一高いビルである、このユーレカタワー・スカイデッキ88は、展望台である88階から、360度見渡す街や海を見渡す事の出来ます。
昼間に行けば、近代的な都市と、雄大な自然のコントラストを、夜に行けばメルボルンの素敵な夜景が見れます。
また、夕日が沈む時間を狙っていけば、息を飲むほどに美しい光景を見る事が出来るでしょう。
少々、入場料は高いですが、デートに持って来いのスポットなので、ぜひお立ち寄りください。

ユーレカ・スカイデッキ88の住所・アクセスや営業時間など

名称 ユーレカ・スカイデッキ88
名称(英語) Eureka Skydeck 88
住所 7 Riverside Quay, Southbank VIC 3006,Australia
営業時間・開場時間 毎日午前10時から午後10時まで、最終入場は午後9時30分(クリスマスの日および元日は午後5時30分終業、最終入場は午後5時)
利用料金や入場料 大人20ドル 小人11.50ドル
参考サイト https://www.eurekaskydeck.com.au/japanese/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブロック・アーケード

ブロック・アーケード

image by iStockphoto / 77396531

もともとはオーストラリアはイギリス領だったことを思いおこさせる、英国風のお洒落なアーケードであるこのブロック・アーケード。
洋服や、ジュエリーなど様々なショップがありますが、レストランやオープンカフェがメインとなっています。
このオープンカフェでまったりとお茶をするなら、ドラマや映画のワンシーンに自分がいるかのような気分を味わう事が出来るでしょう。
また、チョコレートの有名店もあり、好きな人はぜひ立ち寄るべきスポットです。

ブロックアーケードの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブロックアーケード
名称(英語) The Block Arcade
住所 282 Collins St, Block Arcade Studios, Melbourne VIC 3000,Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://theblock.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

戦争慰霊館

戦争慰霊館

image by iStockphoto / 20100594

第一次世界大戦に従軍したオーストラリアの兵士を慰霊する施設である、この戦争慰霊館。
戦争の愚かさを感じる、観光スポットというよりも、人間として歩むべき道とは何かを考えさせるスポットです。
建物自体も、歴史を感じる雄大な建物で、屋上からはシティの様子を一望する事が出来ます。
また、周りは公園となっていて、市民の憩いの場ともなっているので、今は平和を楽しむ事が出来ているという喜びを感じる場所ともなっています。

戦争慰霊館の住所・アクセスや営業時間など

名称 戦争慰霊館
名称(英語) Shrine of Remembrance
住所 Birdwood Ave, Melbourne VIC 3001,Australia
営業時間・開場時間 毎日10am – 5pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shrine.org.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖パトリック大聖堂

聖パトリック大聖堂

image by iStockphoto / 50773886

オーストラリア最大のゴシック建築で、80年以上の歳月をかけて建設された荘厳な教会です。
トラムでも行けますし、無料でもちろん中に入る事が出来るので、クリスチャンの人ではなくともオススメのスポットです。
中は、シンプルな教会ですが、歴史を感じる椅子や、ステンドグラスなど、日本の神社仏閣とは別の雰囲気を味わう事が出来ます。
他の賑やかなスポットとは違い、静かなスポットなので、旅行で歩き疲れた時は、ぜひお立ち寄りください。

聖パトリック大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖パトリック大聖堂
名称(英語) St Patricks Cathedral
住所 1 Cathedral Pl, East Melbourne VIC 3002,Australia
営業時間・開場時間 月-金 9.00am – 5.00pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cam.org.au/cathedral
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ポートキャンベル国立公園

ポートキャンベル国立公園

image by iStockphoto / 62148766

メルボルンの郊外に位置する、ポートキャンベル国立公園。
一番のメインスポットである、自然が作り出した奇岩・12使徒は人生で一度は見てみたい絶景です。
また、そこのスポットまで行くのに通るグレート・オーシャン・ロードは世界一美しい海岸線と言われ、国際免許を持っているのであれば、ぜひレンタカーでその景色を自分のペースで見る事をオススメします。
メルボルンからは、少し離れているので、往復を考えると一日弱スケジュールを確保しなくてはいけませんが、メルボルンに来た際は、最も見ておくべき絶景スポットです。

ポート・キャンベル国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ポート・キャンベル国立公園
名称(英語) Port Campbell National Park
住所 Great Ocean Road, Port Campbell VIC 3269,Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://parkweb.vic.gov.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オーストラリア・メルボルン旅行に行こう!

いかがでしたか。
オーストラリア・メルボルンの観光スポットや名物はまだまだあります。
ぜひ次の連休の予定を立ててください。
photo by iStock