フランス旅行ならここ!絶対行きたい定番観光スポット18選

次の連休を見つけたら、常に旅行の計画を企ててしまう…そんな旅行好きの方も、非日常の世界へ旅立ちたい方も、次はフランスへの旅お出かけはいかかがでしょうか。きっとあなたを魅了する観光スポットが見つかるはず。

世界的に有名なショッピング街、シャンゼリゼ通り

世界的に有名なショッピング街、シャンゼリゼ通り

image by iStockphoto / 17599656

image by iStockphoto / 46177698

シャンゼリゼ通りとは凱旋門からコンコルド広場までの約2kmの老舗カフェや大型ブランド店が並ぶパリの目抜き通りのこと。
マロニエの街路樹が爽やかで、世界中の観光客で常に賑わいをみせています。
シャンゼリゼ通りはパリを代表する通りで、革命記念日のパレードはここで行われ、ツール・ド・フランスのゴール地点であったり、クリスマスのイルミネーション、大晦日の歩行者天国など、パリ市民の晴れの日の舞台としての役割も担っています。

ショッピングスポットとしてもとても賑やかで、有名ファッションブランドの本店や、スイーツ店、レストラン等が通りの両端に数多く立ち並びます。
そのため、沢山の観光客が訪れ、外国語で接客出来るお店の販売員も多くいます。

近年では高級ブランド店だけではなく、世界的に人気が高く、庶民にも手が届きやすいファストファッションの店舗も増え、更に多くの観光客を集めています。

道路両端はマロニエ並木となっており、秋には黄色く色づき、美しい紅葉を楽しむことが出来ます。

シャンゼリゼ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 シャンゼリゼ通り
名称(英語) AVENUE DES CHAMPS-ELYSEES
住所 Champs-Elysees Paris
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AA%E3%82%BC%E9%80%9A%E3%82%8A
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリ市内を一望できる、エッフェル塔

パリ市内を一望できる、エッフェル塔

image by iStockphoto / 84618755

パリのランドマークといえばエッフェル塔を誰もが思い浮かべるのではないでしょうか。
エッフェル塔は1889年に開催されたパリ万国博覧会の目玉として建設されました。
完成した当初は、博覧会の20年後に解体される予定でしたが、取り壊しが議論されるたびに保存の声が上がり今ではパリに不可欠な存在となっています。
「鉄の刺繍」と称されるこの塔には3つの展望台があり、異なる視線でパリを一望することができます。
塔をより間近で眺めたい人は階段で展望台へ上るのもおすすめです。

塔には有料で登ることが出来ますが、エレベーターを使わずに徒歩で登るなら少し安い価格で、塔の3分の1くらいの高さまで登ることが出来ます。

塔の最上階にあるレストランは予約が取れない程の超人気店です。
また、毎晩の塔のイルミネーションが大変人気で、塔近隣の公園には、観光客だけではなく地元の人もこれを見に大勢集まりますよ。

image by iStockphoto / 102204327

image by iStockphoto / 84618755

エッフェル塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 エッフェル塔
名称(英語) Tour Eiffel
住所 5 avenue Anatole France, Champ de Mars, 75007 Paris
営業時間・開場時間 9:00-24:00
利用料金や入場料 17ユーロ
参考サイト http://www.toureiffel.paris/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

元は駅として建てられた、オルセー美術館

元は駅として建てられた、オルセー美術館

image by iStockphoto / 49946402

このオルセー美術館の建物は、1900年のパリ万博開催のため、オルセー駅兼ホテルとしてオルレアン鉄道によって建てられました。
美術館となったのは1986年で、元駅舎の特徴を活かし、広いロビーの形はそのまま残され展示物が並べられています。
ここには奥の印象派やポスト印象派の作品が所蔵されており、パリ市内でも人気の美術館となっています。
この写真の大時計には、美術館の内部から入ることが出来、文字盤越しに街を見下ろすことが出来ます。

オルセー美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 オルセー美術館
名称(英語) Musee d\’Orsay
住所 1 Rue de la Légion d\’Honneur, 75007 Paris
営業時間・開場時間 9:00-18:00
利用料金や入場料 9ユーロ
参考サイト http://www.musee-orsay.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリ市民の台所、アリーグル市場

パリ市民の台所、アリーグル市場

image by iStockphoto / 78590233

この市場にはパリの12区に位置し、屋内外に多くの店舗が並ぶ朝市です。
屋外は野菜や果物、花屋が多く、その隣の広場ではアンティーク雑貨や家具、古着、古本等が売られる蚤の市となっています。
屋内はチーズやお惣菜等の加工品や、肉、魚が主に売られています。
月曜日以外は開催されており、店舗数も多いので、観光客も多く訪れます。
果物や野菜はだいたい1キロ単位で値段が表示されていますが、少量でも売ってくれることが多く、観光客にも優しい市場です。

アリーグルの市場の住所・アクセスや営業時間など

名称 アリーグルの市場
名称(英語) Marche d\’Aligre
住所 Place d\’Aligre 75012 Paris
営業時間・開場時間 7:30-13:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://marchedaligre.free.fr/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

赤い風車が目印のキャバレー、ムーランルージュ

ムーランルージュとは、そのシンボルである「赤い風車」を意味しています。
1889年にモンマルトルに建てられたキャバレーで、歌やダンス等のエンターテイメントショーが有名です。
現在でも1日に2公演が開催されています。
当時、画家のロートレックがここの踊り子達を描き、その作品は今でもポスターや装飾品として人気があります。
第一次、第二次大戦中にも営業を続け、ドイツがパリに攻め入った際にもドイツ軍がここに多く訪れました。

ムーラン ルージュの住所・アクセスや営業時間など

名称 ムーラン ルージュ
名称(英語) La Machine du Moulin Rouge
住所 82 Boulevard Clichy 75018 Paris
営業時間・開場時間 19:00-1:00
利用料金や入場料 80ユーロから
参考サイト http://www.moulinrouge.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モンマルトルの丘の上にそびえる、サクレクール寺院

モンマルトルの丘の上にそびえる、サクレクール寺院

image by iStockphoto / 68183573

モンマルトルのサクレクール寺院は、フランスにいくつかあるサクレクールの名を持つ寺院の中で最も有名です。
丘の頂上にそびえ、ビザンティン様式兼ロマネスク様式のバジリカ大聖堂で、ポール・アバディにより設計され、19世紀後半に建設されました。
観光客が沢山訪れるため、寺院周辺にはお土産屋さんや大道芸人も多くいます。
1875年に第三共和政の憲法が発布された際に新しい門出を祝うという意味をこめて建てられたといわれています。

サクレ クール寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 サクレ クール寺院
名称(英語) Basilique du Sacre Coeur
住所 35 Rue du Chevalier de La Barre, 75018 Paris
営業時間・開場時間 6:00-22:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sacre-coeur-montmartre.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリ市民憩いの場、リュクサンブール公園

パリ市民憩いの場、リュクサンブール公園

image by iStockphoto / 10285133

この公園は、リュクサンブール宮殿の庭園として、1612年にマリー・ド・メディシスがジャック・ボワソーに命じて造園させたもので、数々の噴水や記念碑、彫刻が園内に並びます。
入園料は無料で、その広さ(約22万平方メートル)と、遊具や売店、カフェ等もあることから、市民の憩いの場して親しまれています。
人形劇の劇場やポニー乗り場等もあり、大人から子供までここで一日中楽しむことが出来ます。
パリ市内ではビュットショーモン公園に次ぐ2番目の広さを誇ります。

リュクサンブール公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 リュクサンブール公園
名称(英語) Jardin du Luxembourg
住所 71 boulevard st michel 75005 Paris
営業時間・開場時間 日の出-日没まで
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.senat.fr/visite/jardin/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリを代表する歌劇場、オペラ座

パリを代表する歌劇場、オペラ座

image by iStockphoto / 43370848

1875年に建設されたガルニエ宮の名でも知られているこのオペラ座は、オペラやクラシック音楽、バレエが上演される歌劇場として有名です。
ミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台となったことでも有名で、ストーリーでも描かれているように「怪人が住んでいるのではないか」と思わせる程、劇場としては大きなものです。
建物内部は黄金色を多く使用された豪華絢爛な見た目となっており、公演を見ない人でも内部を見学することが可能です。

オペラ座 の住所・アクセスや営業時間など

名称 オペラ座
名称(英語) l\’Opéra de Paris
住所 8 Rue Scribe 75009 Paris
営業時間・開場時間 10:00-17:00
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セーヌ川が流れる街パリ

セーヌ川が流れる街パリ

image by iStockphoto / 74269117

image by iStockphoto / 102094575

パリはセーヌ川を中心に20の区で街がつくられています。
セーヌ河岸にはノートル・ダム大聖堂やエッフェル塔といったフランスの名所が立ち並び、その美しさは世界遺産に登録されているほどです。

そんな素晴らしいセーヌ川沿いの景色を堪能するなら、遊覧船に乗るのもおすすめ!複数のクルーズ会社があり1日に何本も運航されているため気軽に乗船することができます。
セーヌ川クルーズを楽しんでいると、景色だけでなく装飾の美しい橋の数々にも感銘を受けます。
また、夜のクルーズであれば昼間とは異なるライトアップされた美しいパリの街並みを堪能することもできます。

バトーパリジャンの住所・アクセスや営業時間など

名称 バトーパリジャン
名称(英語) Bateaux Parisiens
住所 Port de la Bourdonnais 75007 Paris
営業時間・開場時間 10:00-22:00
利用料金や入場料 13ユーロ
参考サイト http://www.bateauxparisiens.com/japanese-new-website.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリの旅で絶対に訪れたいルーヴル美術館

パリの旅で絶対に訪れたいルーヴル美術館

image by iStockphoto / 80357263

image by iStockphoto / 87669103

なんといってもパリの文化を支え続けてきたのは、世界的にも名高い美術館や博物館。
その中でも所蔵品30万点以上、世界最大級とされるのがルーヴル美術館です。

ルーヴル美術館の歩みは、王宮所蔵の美術品をフランス革命時の1793年に革命政府が公開したことに始まっています。
その後、ナポレオンがヨーロッパ各地から戦利品として持ち帰った品々が所蔵品として加わることで発展していったそうですよ。

エントランスに位置するガラスのピラミッドは、外見はもちろん、その地下にも見所が沢山あります。
ピラミッドの地下は、近隣の地下鉄の駅と繋がっており、悪天候の日でも駅と美術館の間のアクセスは簡単です。
また、スイーツ店やお土産屋さん、ファッション雑貨店等も立ち並び、美術館に入らない人でもピラミッドの中だけで充分楽しめるようになっています。

広さ約6万平方メートルを誇るルーヴル美術館でモナ・リザやミロのヴィーナスといった世界各地から集められた素晴らしい美術品の数々を堪能してください。

ルーブル美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ルーブル美術館
名称(英語) Musee du Louvre
住所 Place du Carrousel, 75001 Paris, France
営業時間・開場時間 9:00-18:00、9:00-21:45
利用料金や入場料 15ユーロ
参考サイト http://www.louvre.fr/jp/homepage
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリの顔「凱旋門」

パリの顔「凱旋門」

image by iStockphoto / 53411330

image by iStockphoto / 87792271

1806年にアウステルリッツの戦いに勝利した記念としてナポレオン・ボナパルトの命令により建造されたことで有名な凱旋門。
その外観は戦士や馬の彫刻が美しく、またアーチ内部の装飾も華やかです。
門の地下には入口があり、入場料を支払って、門の最上階に登ることも出来ます。
ここから見下ろす広いシャンゼリゼ通りの景色は圧巻ですよ!凱旋門を中心に12本の街路が放射状に伸びており、凱旋門の展望台からエッフェル塔をはじめとするパリの街を、ぐるっと一望することができます。

また凱旋門の下には第一次世界大戦の死者を追悼し、無名戦士の墓があり常時多くの花が捧げられています。

なお、凱旋門の周囲をぐるりと取り囲むロータリー状の道路は多くの車やバイクが行き来し、渋滞が起こることも多々あるようなので、スケジュール管理にはご注意を。

凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 凱旋門
名称(英語) Arc de Triomphe
住所 Place Charles de Gaulle 75008 Paris
営業時間・開場時間 10:00-23:00、10:00-22:30
利用料金や入場料 9.5ユーロ
参考サイト http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゴシック宗教建築の最高峰ノートル・ダム大聖堂

ゴシック宗教建築の最高峰ノートル・ダム大聖堂

image by iStockphoto / 93019391

ノートル・ダム大聖堂はパリの中心部を流れるセーヌ川の中州であるシテ島に建つフランス・カトリックの総本山です。
優れた建築技術と見事な彫刻によって彩られた大聖堂は、じつに200年の歳月を経て建築着工当初の設計部分が完成しました。
ここの見どころはなんといっても広い堂内を華麗な光で満たすステンドグラスです。
また頂上からの眺めも見逃せないポイントで、北塔階段からテラスを渡って南塔の頂に出れば、パリの全貌を望むことができます。

アミアン大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 アミアン大聖堂
名称(英語) Amiens Cathedral
住所 30 Place Notre Dame, 80000 Amiens
営業時間・開場時間 8:30-17:15
利用料金や入場料 5.5ユーロ
参考サイト http://www.amiens-tourisme.com/tourinsoft/details/patrimoineculturel/PCUPIC0800010896/PCU
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランスの地下鉄に乗ってみよう

フランスの地下鉄に乗ってみよう

image by iStockphoto / 102160867

フランスにいって初めて地下鉄にに乗った時の印象は、「思ったよりシンプル(簡素)」でした。
日本みたいに案内などがごちゃごちゃ書いてないのですね。
スッキリしているけど、初めての人は迷ってしまいそう。
この電車はカラーがすごくおしゃれですね。
こんな色彩を日本の電車で使うことはなかなかないのではないでしょうか?駅の中もモダンなデザインで、すごくかっこいい写真です。
ここに人が映ったりしてくるとまた違った印象にもなりそうですね。

パリ北駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 パリ北駅
名称(英語) Gare du Nord Paris
住所 Gare du Nord, 18 Rue de Dunkerque, Paris, France eurostar.com
営業時間・開場時間 6:15-23:50
利用料金や入場料 1.8ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E5%8C%97%E9%A7%85
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ステンドグラスといえばサント・シャペル

ステンドグラスといえばサント・シャペル

image by iStockphoto / 65533167

ノートル・ダム大聖堂と同じシテ島内に万華鏡のように美しいステンドグラスを見られる場所があります。
サント・シャペルは王宮付属の礼拝堂として建てられ、1階は巨下や従者のための礼拝堂、2階は王のための礼拝堂となっています。
2階にある15面のステンドグラスは息をのむほど美しく、新旧聖書のエピソードが描かれたステンドグラスではパリで現存する最古のものとされています。
またステンドグラスのほかにも色大理石の床や青地基調の天井も素晴らしく見どころです。

サント シャペルの住所・アクセスや営業時間など

名称 サント シャペル
名称(英語) Sainte chapelle
住所 8 Boulevard du Palais, 75001 Paris
営業時間・開場時間 9:30-18:00、9:00-17:00
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト http://www.sainte-chapelle.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリ歌劇の歴史を堪能できる場所オペラ・ガルニエ

パリ歌劇の歴史を堪能できる場所オペラ・ガルニエ

image by iStockphoto / 73452783

その宮殿のような豪華さで、パレ・ガルニエとも呼ばれている通称オペラ座です。
世界最大規模の劇場で、舞台は一度に450人ものパフォーマーが上がれるほど広く、赤と金色で彩られた5層の観客席には、6t以上の巨大なシャンデリアが輝いています。
現在はオペラ座バレエ団の公演が主におこなわれていますが、公演やリハーサルがないときは見学も可能です。
見どころは、色とりどりの大理石をふんだんに駆使したテラスの柱廊や、完成当時はまだなかったシャガールの天井画です。

ガルニエ宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 ガルニエ宮
名称(英語) Palais Garnier
住所 8 Rue Scribe 75009 Paris
営業時間・開場時間 10:00-17:00
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト https://www.operadeparis.fr/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白亜の教会サクレ・クール寺院

白亜の教会サクレ・クール寺院

image by iStockphoto / 64843763

サクレ・クール寺院はゴッホやピカソなど芸術家たちとゆかりが深いモンマルトルという地区にあります。
そしてモンマルトルの丘の頂に立つのがこの寺院です。
「サクレ・クール」は「聖なる御心」という意味を持ち、カトリック教徒がキリストの御心にささげた一大モニュメントでもあります。
澄んだ青空を背景に遠くから眺める純白の外観も美しいですが、ぜひ教会を彩る彫刻や内部の大きなモザイク画もじっくり鑑賞してください。
そして最後にはドームの頂上に上り、360度に広がるパリの大パノラマを堪能することができます。

サクレ クール寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 サクレ クール寺院
名称(英語) Basilique du Sacre Coeur
住所 35 Rue du Chevalier de La Barre, 75018 Paris
営業時間・開場時間 6:00-22:30
利用料金や入場料 入場は無料、ドームは6ユーロ
参考サイト http://www.sacre-coeur-montmartre.com/english/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

新しいパリの名所ラ・ディファンス

新しいパリの名所ラ・ディファンス

image by iStockphoto / 73806605

パリにも高層ビルが立ち並ぶオフィス街が存在しています。
車道や鉄道などの交通機関はすべて地下に収容された、ラ・ディファンスという地区です。
その中心となるのは1989年にフランス革命200周年を記念して建てられた新凱旋門です。
新凱旋門は凱旋門から一直線上に見ることができます。
ここではモダンな高層建築や、ビルの間に立つ多くの野外彫刻を見学することもでき面白いです。
パリの新たな一面を見ることができる今注目の地区です。

新凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 新凱旋門
名称(英語) Le Grand Arche
住所 2 Place de La Défense 92044 Paris La Défense
営業時間・開場時間 10:00-20:00、10:00-19:00
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト http://www.grandearche.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランス旅行に行こう!

いかがでしたか。
フランスの観光スポットや名物はまだまだあります。
ぜひ次の連休の予定を立ててください。
photo by iStock