台湾旅行で欠かせない九份の絶景8選。「千と千尋の神隠し」との共通点とは

九份は台湾北部、新北市芳区にある山々に囲まれた小さな街です。日本統治時代には金鉱山として台湾有数の繁栄を収めた九份でしたが、金と石炭の生産量が減り1971年には閉山。衰退の時代を迎えますが、1989年の台湾映画「非情城市」の舞台になったことで改めて観光地として注目されるようになりました。日本では「千と千尋の神隠し」のモデルになったとしても有名のスポットで、台湾を訪れる日本人が必ず一度は訪れる場所でもあります。今回はノスタルジックな街・九份で見られる絶景をご紹介します。
「九份」ももちろんランクイン!台湾観光の絶対行くべきスポット決定版はこちらから。

九份のメインストリート・賢崎路

九份のメインストリート・賢崎路

台湾の映画「悲情城市」のロケ地でもある賢崎路は、赤い提灯が急な階段に沿うように古い建物が所狭しと並び、赤ちょうちんがそこかしこに付けられている路地です。
九份といえばこの光景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。あらゆる旅行雑誌で取り上げられており、細い路地から続く階段は観光客の絶好の写真スポットです。
おすすめ時間帯は夕暮れ時で、どこか懐かしいノスタルジックな空気と異国情緒に心が揺さぶられること間違いありません!

賢崎路の住所・アクセスや営業時間など

名称 賢崎路
住所 新北市瑞芳区賢崎路
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003091&id=290
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

映画のモデルにもなった美しい茶館・阿妹茶楼

映画のモデルにもなった美しい茶館・阿妹茶楼

豎崎路の近くにある「阿妹茶楼」は「千と千尋の神隠し」の屋敷のモデルになったともいわれており、日本人観光客に人気の茶館&レストランです。
店内からは提灯が灯った九份の街が眺めることが出来ます。
二階には台湾東部の海を一望できるテラス席があるのも魅力の一つです。台湾の緑濃い山々と海を眺めながら美味しい中国茶とお茶菓子をいただけます。
また、お店の方が中国茶の淹れ方をレクチャーしてくれるので、日本とはまた違った文化を楽しめます。

阿妹茶樓の住所・アクセスや営業時間など

名称 阿妹茶樓
名称(英語) Ah mei tea house
住所 新北市瑞芳區豎崎路市下巷20號
営業時間・開場時間 8:00-24:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.amei-teahouse.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

金鉱山としての歴史を伝える黄金博物園区(金瓜石)

金鉱山としての歴史を伝える黄金博物園区(金瓜石)

「金瓜石」はかつて金鉱山として栄えていた九份の歴史が色濃く残されている場所です。
金瓜石は九份に比べて観光化が進まなかったため、昔のままの家屋が残されており、その一部は「黄金博物園区」という金鉱山の歴史を伝えるための散歩道として運用されています。園内には日本家屋風の建物や神社などが多く残されており、日本統治時代の面影を感じられます。

黄金博物園区の住所・アクセスや営業時間など

名称 黄金博物園区
住所 新北市瑞芳區金瓜石金光路8號
営業時間・開場時間 9:30-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.gep.ntpc.gov.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

労働者たちのために建てられた福山宮

労働者たちのために建てられた福山宮

福山宮は200年以上の歴史を持つ、金鉱労働者たちの土地の神を祀っている廟です。
かつて金鉱山が繁栄していた頃、祈願に訪れる労働者たちが急増したため、本来あった廟を増築したため、大きく立派な廟が残されています。外観は台湾風の絢爛豪華で色とりどりの彩色が施され、廟の梁や柱には、台湾では珍しい女体の彫刻が施されているのが特徴です。
また、高台は九份など近隣の街並みを見下ろすことが出来る絶景スポットとなっています。

福山宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 福山宮
住所 新北市瑞芳區九份崙頂路2號
営業時間・開場時間 6:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://tour.ntpc.gov.tw/page.aspx?wtp=1&wnd=136&id=1248cbf8c8c0000085cd
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

かつての九份を代表する娯楽施設・昇平新楽園(九份昇平戯院)

かつての九份を代表する娯楽施設・昇平新楽園(九份昇平戯院)

「昇平新楽園」は金鉱山で栄えていた1934年に完成した旧映画館で、当時の九份の一番の娯楽施設だったそうです。
建築当時は台湾最大規模の大きさを誇っていたといわれています。九份が金鉱山で栄えていた日本統治時代に建てられたこの映画館では、現在でも古い映写機や映画に関する資料、ポスターなどがあり、定期的に九份の歴史を紹介するドキュメンタリー映像や、昔の映画を上映しているそうです。

九份昇平戯院の住所・アクセスや営業時間など

名称 九份昇平戯院
住所 新北市瑞芳區九份輕便路141號
営業時間・開場時間 9:30-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://tour.ntpc.gov.tw/page.aspx?wtp=1&wnd=136&id=1248cf37e2f000007e9a
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青と黄金色のコントラストが神秘的な陰陽海(濂洞湾)

青と黄金色のコントラストが神秘的な陰陽海(濂洞湾)

陰陽海は金水海岸や黄金海岸とも呼ばれている湾で、地質に含まれる重金属が下流域や海底に沈着し黄金色に染められていることから陰陽海と呼ばれています。
砂浜が溶け出たかのような黄土色と真っ青な海とのコントラストは神秘的で、他では見られない風景を作り上げています。また、金瓜石から見た陰陽海の眺めも美しく、思わず写真に収めたくなることでしょう!夕日や夜景も美しく、地元のカップルも訪れるほど絶好のデートスポットでもあります。

陰陽海の住所・アクセスや営業時間など

名称 陰陽海
住所 新北市瑞芳区濂洞里社区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://tour.ntpc.gov.tw/page.aspx?wtp=4&wnd=536&id=_382000000A_011882
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

なだらかな岩肌に滝が流れるインパクト大の黄金瀑布

なだらかな岩肌に滝が流れるインパクト大の黄金瀑布

豊かな森を割くようにして突如現れる「黄金瀑布」では、黄土色に錆びてむき出しになった岩肌の斜面を水が滝のように流れ落ちている独特の光景を見にすることが出来ます。かつて鉱山跡があったことから坑道口から流れ出た鉱山水が集まって滝になり、このような景観が生まれたそうですが、まるで人工物かのような滑らかで不思議な曲線が広がっています。

黄金瀑布の住所・アクセスや営業時間など

名称 黄金瀑布
名称(英語) Golden Waterfall
住所 Jinshui Rd, Ruifang District, New Taipei City
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.necoast-nsa.gov.tw/user/Article.aspx?Lang=1&SNo=04000076
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミステリアスで美しい廃墟・十三層遺跡

ミステリアスで美しい廃墟・十三層遺跡

「十三層遺跡」は1933年に日本人によって建設された製錬所で、最盛期には7000人ほどの人々が働いていた大企業だったそうですが、1985念に閉鎖後、廃墟となりました。かつては十三層に分かれた建物だったそうですが、現在は朽ち果て、原形をとどめているのは最上部のみですが、そのミステリアスで儚げな姿は台湾のアーティストのMVにも多く登場するほど人気のスポットです。

金瓜石十三層遺址の住所・アクセスや営業時間など

名称 金瓜石十三層遺址
住所 新北市瑞芳區明里路7-1號
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.studioss.com/goldstory/stone/point-02.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どこか懐かしく、異国情緒溢れる街・九份

かつては金鉱山として、現在はその美しい景観で栄えている九份では、どこか懐かしさを感じるような、それでいて異国情緒あふれる光景にたくさん出会えます。
日本統治時代の文化と、台湾本来の文化が混ざり合って生まれた絶景は九份ならでは。
台湾旅行の際は、絶対一度は訪れてみたくなること間違いありません。

海外航空券を今すぐ検索・購入する

出発地

目的地

大人 子供 幼児

大人:ご搭乗時の年齢が11歳以上、子供:11歳未満 幼児:2歳未満