イタリア観光ならやっぱりここ!ルネッサンス文化の中心都市「フィレンツェ」で見た絶景

イタリア・フィレンツェは14~15世紀に花開いたルネッサンス文化の中心都市です。アルノ川沿いに広がる小さな街で、ルネッサンスにゆかりのある芸術品を収蔵する美術館や教会が集まっています。そんなフィレンツェは、まさに絶景の宝庫!その中から特におすすめの場所をご紹介します。

赤いドーム屋根がシンボルの大聖堂「ドゥオーモ」

赤いドーム屋根がシンボルの大聖堂「ドゥオーモ」

image by iStockphoto / 66453367

ドゥオーモの正式名称は「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」といいます。
1463年に完成し、かかった歳月はなんと100年以上といわれているから驚きです。
長い年月をかけて建てられたドゥオーモの奥行は153m、ドームの高さは107mと巨大です。
設計を担当した建築家ブルネレスキが提案した屋根を二重構造にする画期的な建築方法により、今でもアーチが美しく保たれています。

アクセス:S.M.N.駅から徒歩15分

料金:無料、ドゥオーモの関連施設入場には共通券€10が必要

image by iStockphoto / 84161125

三廊式の構造をもつドゥオーモの内部もぜひ見てください。
尖頭のアーチや壁面のフレスコ画、大理石の床などの装飾が見事です。

ドゥオーモのシンボルであるドームの屋根「クーポラ」には共通券で登ることができますよ。
463段の階段を登り、地上90mの見晴らし台からフィレンツェの街をぐるりと一周見てみましょう。
階段を登っていく途中のバルコニーからは、天井のフレスコ画を間近に見られるお楽しみも待っています。

image by iStockphoto / 23095721

ドゥオーモの外観を近くでじっくり見たいと思ったら「ジョットの鐘楼」に登りましょう。
塔の高さは84mで、5層の構造をした建物になっています。
第1層はジョット、第2層はアンドレア・ピサーノ、第3~5層はフランチェスコ・タレンティが引き継ぎ完成させたので、階層ごとに異なる様式で建設されています。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
名称(英語) Cattedrale di Santa Maria del Fiore
住所 Piazza del Duomo, Firenze
営業時間・開場時間 10:00 – 17:00(場所により異なる)
利用料金や入場料 無料, ドゥオーモの関連施設入場には共通券15ユーロが必要
参考サイト https://www.ilgrandemuseodelduomo.it/monumenti/1-cattedrale
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フィレンツェ最古の建築物の1つ「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」

フィレンツェ最古の建築物の1つ「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」

image by iStockphoto / 24502844

ドゥオーモ見学が終わったら、となりにある洗礼堂にも立ち寄ってみましょう。
ここは聖ジョヴァンニ(洗礼者ヨハネ)に捧げるため、11~13世紀に建設された建物です。
東の扉の門には旧約聖書をモチーフとしたレリーフがあり、その美しさに感動したミケランジェロが「天国の門」と賞賛したことで有名です。
聖ジョヴァンニの生涯と「最後の審判」を描いた天井モザイク画にも注目してみてくださいね。

料金:共通券€10

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・ジョヴァンニ洗礼堂
名称(英語) Battistero di San Giovanni
住所 Piazza del Duomo, Firenze
営業時間・開場時間 08:15-10:15, 11:15-18:30
利用料金や入場料 共通チケット15ユーロ
参考サイト https://www.museumflorence.com/monuments/3-baptistry
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

内部のフレスコ画にも注目したい「サンタ・クローチェ教会」

内部のフレスコ画にも注目したい「サンタ・クローチェ教会」

image by iStockphoto / 85159203

サンタ・クローチェ教会は14世紀末に完成したフランチェスコ修道会の教会です。
内部にはミケランジェロ、ダンテ、ガリレオ・ガリレイといったフィレンツェゆかりの偉人たちの墓碑が並んでいます。

内部は芸術作品が多数あり、祭壇の右にあるペルッツィ礼拝堂とバルディ礼拝堂には美しいジョットのフレスコ画が残されています。

アクセス:ドゥオーモから徒歩15分

料金:€6(付属博物館と共通)

サンタ・クローチェ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ・クローチェ教会
名称(英語) Basilica di Santa Croce
住所 Piazza di Santa Croce, 16, 50122 Firenze
営業時間・開場時間 9:30 – 17:30
利用料金や入場料 8ユーロ 学生:(11-17歳)4ユーロ
参考サイト http://www.santacroceopera.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ルネッサンス芸術という絶景を楽しむならここ「ウッフィッツィ美術館」

ルネッサンス芸術という絶景を楽しむならここ「ウッフィッツィ美術館」

image by iStockphoto / 101944745

ウッフィッツィ美術館はレオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ボッティチェッリなどの作品を一堂に鑑賞することができる場所です。
その中でも「ヴィーナスの誕生」はここに来たら絶対に見ておきたい作品の1つです。

美術館の建物自体も歴史があり、着工は1560年です。
展示室は時代や作家別に分類されているので、順路に沿って見学すればルネッサンス絵画の変遷がわかりますよ。

アクセス:ドゥオーモから徒歩5分

料金:€8(特別展は別途)

ウッフィッツィ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウッフィッツィ美術館
名称(英語) Galleria degli Uffizi
住所 Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI
営業時間・開場時間 8:15 – 18:50
利用料金や入場料 8ユーロ(特別展は別途)
参考サイト http://www.uffizi.it/index.php?it/171/gli-uffizi
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フィレンツェ最古の橋「ヴェッキオ橋」

フィレンツェ最古の橋「ヴェッキオ橋」

image by iStockphoto / 76378309

ヴェッキオ橋はアルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋です。
一度は洪水に流されたものの1345年に再建されて現在に至っています。
橋の上にはメディチ家の秘密の通路「ヴァザーリの回廊」もあります。

橋の両脇には金細工のお店がずらりと並んでいて、散策するのも楽しい場所です。
橋の中央からはアルノ川の眺望も楽しむことができますよ。

アクセス:ドゥオーモから徒歩10分

ヴェッキオ橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴェッキオ橋
名称(英語) Ponte Vecchio
住所 Ponte Vecchio, Firenze
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E6%A9%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フィレンツェの街を一望するならここしかない「ミケランジェロ広場」

フィレンツェの街を一望するならここしかない「ミケランジェロ広場」

image by iStockphoto / 68929297

ミケランジェロ広場は街の南東にある丘の上の絶景スポットです。
アルノ川の向こうにドゥオーモなどの市内を望むことができます。

広場にはダヴィデ像のレプリカが立っています。
ブロンズ製なのでオリジナルとは少し雰囲気が異なっています。
ちなみに、オリジナルのダヴィデ像はフィレンツェの「アカデミア美術館」に展示されているので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

アクセス:バス13番線でグラツィエ橋から約10分、バス停PIAZZALE MICHELANGELO下車すぐ

ミケランジェロ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミケランジェロ広場
名称(英語) Piazzale Michelangelo
住所 Piazzale Michelangelo, 50125 Firenze
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://it.wikipedia.org/wiki/Piazzale_Michelangelo
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フィレンツェを代表する華麗なる一族の栄華を辿るならまずはここ「メディチ家礼拝堂」

フィレンツェを代表する華麗なる一族の栄華を辿るならまずはここ「メディチ家礼拝堂」

image by iStockphoto / 76210167

メディチ家は14世紀末に銀行業からスタートした実業家一族です。
多くの芸術家のパトロンとして作品の制作を依頼し、ルネッサンス文化の発展に貢献してきました。

この礼拝堂の見どころは、天然の色大理石で美しく飾られた八角形の君主礼拝堂と、そこから通ずる新聖具室です。
新聖具室はミケランジェロが設計・装飾をてがけたもので、時間を擬人化した彫刻は必見ですよ。

アクセス:ドゥオーモから徒歩5分

料金:€6

メディチ家礼拝堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 メディチ家礼拝堂
名称(英語) Cappelle medicee
住所 Piazza di Madonna degli Aldobrandini, 6, 50123 Firenze
営業時間・開場時間 8:15 – 16:50
利用料金や入場料 8ユーロ
参考サイト http://www.bargellomusei.beniculturali.it/index.php?it/268/museo-delle-cappelle-medicee
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芸術の街で絶景を思いっきり楽しんで

ルネッサンス芸術が花開いた古都フィレンツェには、他にも巡り切れないほど見どころがあります。
この街であなただけのお気に入り絶景スポットを見つけましょう。
散策に疲れたらトスカーナ料理やスイーツでリフレッシュして、美食の街としてのフィレンツェも堪能してみてくださいね。
photo by iStock