台湾旅行なら「高雄(カオシュン)」観光にいこう!蓮池潭や愛河など観光スポット10選

台湾南部の高雄市は、台湾の中でも海辺の商工業が活発な地域で、世界有数の国際貿易を有している都市です。日本と似た気候の台湾北部と比べ、高雄の平均気温は一年を通して25度ほど。とても暖かく過ごしやすい都市です。今回は高雄で見られるロマンチックな景色をご紹介します。
「高雄(カオシュン)」だけじゃない、台湾観光の絶対行くべきスポット決定版はこちらから。

高雄屈指のパワースポット・蓮池潭

高雄屈指のパワースポット・蓮池潭

image by iStockphoto / 17001806

高雄郊外にある「蓮池潭」は、中国風の塔や廟が特徴の蓮池で、高雄を代表する景勝地です。
なかでも2つの塔に龍と虎のオブジェが飾られている「龍虎塔」は高雄屈指のパワースポットとしても有名で、龍の口から入り、虎の口から出ると厄落としになるといわれています。

塔の中には地獄を描いた「閻魔大王審罰刑図」や天国を描いた「十殿玉皇大帝三十六宮将図」などの絵が見られます。
また、池の奥にある孔子廟は台湾最大の大きさを誇るそうで、多くの人々が参拝しています。

蓮池潭(れんちんたん)の住所・アクセスや営業時間など

名称 蓮池潭(れんちんたん)
名称(英語) Lotus Pond
住所 高雄市左營區翠華路1435號
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://khh.travel/Article.aspx?a=6891&l=3&stype=1055
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

運河に輝くイルミネーションが美しい・愛河

運河に輝くイルミネーションが美しい・愛河

image by iStockphoto / 64017865

高雄を流れる「愛河」は日本統治時代に造られた運河で、幻想的なイルミネーションが施された美しい風景が楽しめるスポットです。
夕方から夜にかけては7色に輝くイルミネーションが輝き、観光客だけでなく高雄市民のデートスポットとして人気です。

リーズナブルな値段でナイトクルージングを体験することも出来るので、カップルやファミリーにぴったりのスポットです。

愛河の住所・アクセスや営業時間など

名称 愛河
名称(英語) Love River
住所 Hedong Rd, Qianjin District, Kaohsiung City
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003121&id=625
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高雄最古の洋館・前清打狗英国領事館

高雄最古の洋館・前清打狗英国領事館

image by iStockphoto / 26423742

高雄を見下ろせる小高い丘にある「前清打狗英国領事館」は1865年の清朝時代にイギリスが建てた領事館と官邸です。

レンガ造りのバロック様式で建てられた西洋建築で、高雄で一番古い洋館といわれている領事館は、現在1階が高雄の歴史や自然を紹介する展示館になっており、2階がレストランとお土産屋さんになっています。
また、裏庭からの眺めが美しく、高雄市を一望出来ます。

前清打狗英国領事館の住所・アクセスや営業時間など

名称 前清打狗英国領事館
名称(英語) The British Consulate at Takow
住所 高雄市蓮海路18号
営業時間・開場時間 9:00-21:00
利用料金や入場料 66元
参考サイト http://britishconsulate.khcc.gov.tw/home01.aspx?ID=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

新たなアートが生まれる場所・駁二芸術特区

新たなアートが生まれる場所・駁二芸術特区

image by iStockphoto / 90876525

西子湾の隣にある「駁二芸術特区」は、台湾の若者やアート好きな旅行客から注目を集めているスポットです。
ここでは台湾全土から新進気鋭のアーティストが集まり、屋外に所せましとアート作品が展示されています。
また、湾の付近ということもあり古い倉庫を改造して造られたお洒落なカフェやギャラリーが多くあります。

駁二芸術特区で撮影された洋画も多いので、ロケ地を探してみるのもいいですね。

駁二芸術特区の住所・アクセスや営業時間など

名称 駁二芸術特区
名称(英語) The Pier-2 Art Centre
住所 高雄市鹽埕區大勇路1号
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://pier-2.khcc.gov.tw/home01.aspx?ID=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

細長く伸びる夜市・六合国際観光夜市

細長く伸びる夜市・六合国際観光夜市

image by iStockphoto / 102921367

高雄を代表する観光スポットの一つ、「六合国際観光夜市」はたくさんの屋台がある高雄最大規模を誇る夜市です。
他の地方の夜市と同じく食べ物や雑貨などの屋台が建ち並び、毎夜賑わっています。

高雄は港町だけあって、魚介類の屋台が多く、シーフード入りの麺やお粥が人気です。
また、夜には歩行者天国になるため日本人でも安心して散策出来ます。

六合国際観光夜市の住所・アクセスや営業時間など

名称 六合国際観光夜市
名称(英語) Liuhe Night Market
住所 高雄市新興區六合二路
営業時間・開場時間 18:00-翌2:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003040
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フェリーで渡れる細長い島・旗津島

フェリーで渡れる細長い島・旗津島

image by iStockphoto / 92697271

高雄港から、地元の人々が使うフェリーに乗って渡る「旗津島」は、もともとは半島でしたが、高雄港の拡張のため陸を削られ、現在は一つの島になっている場所です。
島にはシーフードのお店が多くあり、具材を選ぶと好きなメニューを調理してくれます。

細長い形の旗津島にはたくさんの見どころがあり、中国風の要塞建築が特徴の「旗後砲台」や、バロック様式の「旗後燈塔」、道教の守護神「媽祖」が祀られている「旗後天后宮」などが見られます。

旗津島の住所・アクセスや営業時間など

名称 旗津島
住所 高雄市旗津區
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tabitabi-taipei.com/topics/20110228/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高雄でロマンチックな夜を過ごせる城市光廊

高雄でロマンチックな夜を過ごせる城市光廊

image by iStockphoto / 77335875

夜の高雄散策の人気スポットといえば「城市光廊」です。
かつて鬱蒼としていた五福路のイメージを払拭するべく、高雄在住のアーティストたちが「光」をテーマに一連の作品を作ったとのことで、眩しい光をまとったオブジェやフロアが各所に飾られています。

周辺にはカフェテラスやレストランが建ち並び、若者や大人たちがロマンチックな空気を楽しんでいます。
また、休日には街頭のパフォーマンスが開かれていることもあり、高雄の夜を彩る一角になっています。

城市光廊の住所・アクセスや営業時間など

名称 城市光廊
名称(英語) Urban Spotlight Arcade
住所 高雄市前金区中華三路6号
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://khh.travel/Article.aspx?a=6935&l=3&stype=1059&sitem=4147
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

一日中楽しめる寿山公園

一日中楽しめる寿山公園

image by iStockphoto / 54909558

「寿山公園」は高雄南北にかけて広がっている珊瑚礁の上に出来た丘陵地の公園です。
緑に囲まれた広大な園内には中国宮殿建築様式の祠や石灰岩の洞窟、動物園、寺院などが点在しているため、一日中楽しむことが出来るスポットです。

また、丘の上にある展望台からは高雄港から西子港を一望でき、美しい夕日が眺められます。
園内にはロマンティックな装飾が施された「LOVE]の形のオブジェもあるのでデートスポットとしても最適ですね!

寿山国家自然公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 寿山国家自然公園
名称(英語) Shoushan National Nature Park
住所 No. 350, Wanshou Rd, Gushan District, Kaohsiung City
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://snnp.cpami.gov.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さまざまな神が祀られる珍しい三鳳宮

さまざまな神が祀られる珍しい三鳳宮

image by iStockphoto / 47209122

300年もの歴史のある「三鳳宮」は、絢爛豪華な中国北方宮殿式の寺廟として台湾屈指の位の寺廟です。
前殿・中殿・後殿に分かれている広大な寺廟で、中殿に祀られている中壇元帥を主神として、後殿には釈迦如来や観音菩薩などさまざまな神を祀られているという道教と仏教の神が同じ寺廟で祀られているという珍しい場所です。

外観はこれぞ台湾、というほどの見事な極彩色で彩られており、夜に周囲に設置された提灯がライトアップされると現世とは思えない幻想的な空気になります。

三鳳宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 三鳳宮
住所 No. 134, Hebei 2nd Rd, Sanmin District, Kaohsiung City
営業時間・開場時間 5:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sunfong.org.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幻想的なステンドグラスアートの世界・光之穹頂

「光之穹頂」は高雄を走るMRT・美麗島駅のコンコースに設置されたパブリックアートです。
世界的に有名なイタリアのマエストロ・ナルシサス・クアグリアータというアーティストによるステンドグラス作品で、「祈り」や「水」「土」「光」「火」をテーマに造られているとのこと。

ダイナミックでありながら繊細で幻想的な作品は、高雄の街を表しており、MRTを利用しなくても一度は見ておきたい場所です。

光之穹頂の住所・アクセスや営業時間など

名称 光之穹頂
名称(英語) The Dome of Light
住所 高雄市新興区中正三路
営業時間・開場時間 6:00-23:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003121&id=A12-00059
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海辺のロマンチックな街・高雄

高雄には、日本文化やイギリス文化の残る建築物や、台湾ならではの歴史ある建築物を見る事が出来ます。
また、夜市では港町ならではの新鮮な魚介類が味わえます。

また、運河や街角、駅などで「光」をテーマにしたロマンチックな風景が楽しめるのも高雄の魅力。
是非カップルやファミリーで行きたいですね。
台北から1時間半で行ける高雄に是非行ってみませんか?

photo by iStock