タイ旅行なら涅槃寺「ワット・ポー」は必見!行き方や入場料は?

ワット・ポーはワット・プラケオ、王宮から徒歩15分ほどのところにある3大仏教寺院のひとつです。別名涅槃寺ともいわれ、仏堂には黄金色の大寝釈迦仏が横たわっています。ほかにも、広い境内では、いかにもタイらしい寺院や、仏塔、回廊を見ることができます。

境内にマッサージ学校があるワット・ポー

境内にマッサージ学校があるワット・ポー

image by iStockphoto / 41441866

ワット・ポーでは、寺院を学問の場にしようと考えたラーマ3世により、医術や天文学、歴史学の学問所が設けられ、大学並みの教育が行われていました。
その学問のひとつが現代に伝わるタイ古式マッサージで、ワット・ポー・タイ・トラディショナル・マッサージという名前のマッサージ学校があります。
マッサージ学校では学生に施術してもらうこともできます。

ワット・ポーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・ポー
名称(英語) Wat Pho
住所 Pra Nakorn, Bangkok
営業時間・開場時間 現地時間8:30-18:30
利用料金や入場料 200バーツ
参考サイト https://www.thailandtravel.or.jp/wat-pho/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

金色に光り輝く寝釈迦仏

金色に光り輝く寝釈迦仏

image by iStockphoto / 74314291

寝釈迦仏とは悟りを開いた釈迦が涅槃に入る直前を表現したもので、眼は半開き、肩肘をついて頭を支え、ゆったりと体を横たえています。
頭からつま先まで46mの長さがあり、全身が金箔で覆われて、つやつやと光り輝いています。
背中側の通路には器があり、コインを入れると徳を積むことができるといわれています。
タイに来れば必ず見ておきたい仏像のひとつです。

寝釈迦仏の偏平足の足の裏

寝釈迦仏の偏平足の足の裏

image by iStockphoto / 28945950

寝釈迦仏の足の裏には、バラモン教から生まれた仏教の宇宙観を表した絵が描かれています。
須弥山図、捧げ物、神々など108の絵が、真珠貝を使い螺鈿細工で細かに描かれ、これらの絵は人々に幸福をもたらすといわれています。
また、足の裏が偏平足なのは、人を超越していることも示しています。

きらびやかで美しい本尊 本堂

きらびやかで美しい本尊 本堂

image by iStockphoto / 85636913

本堂に納められた本尊は、ブロンズに金箔が施されており光り輝いています。
ラーマ1世がトンブリにあったワット・サラシーナの本堂から移したもので、台座にはラーマ1世の遺骨が納められています。
真剣にお参りをされる人々の姿が多く見られ、厳粛な雰囲気が漂います。

興味深い壁画 本堂

興味深い壁画 本堂

image by iStockphoto / 67859523

堂内の壁には螺鈿細工で壁画が描かれています。
「ラーマキエン」(インドの叙事詩ラーマヤナが元になっている)の物語や、その他、釈迦の一生や、釈迦にまつわる言い伝え、釈迦が弟子たちに説いた話、天国の話、タイの童話のもとに なった話なども描かれています。

仏像が並ぶ回廊(座像)

仏像が並ぶ回廊(座像)

image by iStockphoto / 66483739

外回廊と内回廊で二重になっており、信者から寄進された仏像が内回廊には150体、外回廊には244体の仏像が安置されています。
仏像はそれぞれ表情が異っており、仏像コレクションを楽しむことができます。

仏像が並ぶ回廊(立像)

仏像が並ぶ回廊(立像)

image by iStockphoto / 82069483

それぞれに少しずつ異なる姿は見応えがあります。
回廊には世界各国の国旗が掲げられ、タイ国民以外の人たちも受け入れてくれるような雰囲気に包まれています。

ナーガが守る西の仏堂

ナーガが守る西の仏堂

image by iStockphoto / 74043847

本堂を囲んでいる回廊の四方に4つの仏堂があり、それぞれに仏像が安置されています。
西の仏堂では、木の下に座る釈迦をナーガ(蛇神)が雨風から守っている姿といわれる仏像が、堂の中央に安置されています。

境内に置かれている石像

境内に置かれている石像

image by iStockphoto / 30190234

ワット・ポーの境内にはいたるところにユニークな石像が置かれていますが、この石像は、バラスト(船の重量を増したり重量のバランスを取ったりするために積み込む重し)で、中国への貿易船がタイに戻る際に乗せられてきました。
長い髭を生やした仙人や、シルクハットをかぶった西洋人の石像などいろいろ見つけることができます。

王の遺骨を納めた大きな4つの仏塔

王の遺骨を納めた大きな4つの仏塔

image by iStockphoto / 85273553

寝釈迦仏の仏堂のとなりに、色鮮やかな細かい陶器片で飾られた仏塔がいくつか立っています。
特に大きな4つの仏塔の、緑色に見えるものがラーマ1世、白色がラーマ2世、黄色がラーマ3世、青色がラーマ4世を表し、それぞれの塔の中には遺骨が納められています。
以前は王族専用でしたが、現在では寄進すれば誰でも納骨できるようです。

バンコク最古の仏教寺院

 

ワット・ポーには入り口がいくつかありますが、観光客はタイ・ワン通りの門から入るのが一般的です。
タイ人は無料ですが、外国人は入館料が必要なのでチケット売り場でチケットを購入します。
チケットにはミネラルウォーターと交換する半券が付いてきます。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ