メキシコ観光なら世界遺産都市「カンペチェ」へ行こう!

メキシコと聞いてと真っ先に思い浮かぶのはなんでしょうか?料理だとブリトーやタコスなんかは日本でも知られていますね。アボカドを使ったワカモーレも美味しいですよね。あとは伝統的な衣装の帽子だったり、サボテンなんかをイメージするでしょうか?

カンペチェはメキシコ湾岸にあるメキシコの都市で、カンペチェ州の州都です。このカンペチェは日本ではメジャーではないですが、1999年に世界遺産に登録されている歴史的価値のある都市なのです。ここではこのカンペチェで楽しめるメキシコの絶景をご紹介していきましょう。

鮮やかに彩られた街並み

鮮やかに彩られた街並み

image by iStockphoto / 62972173

メキシコの観光地としてはリゾート地の「カンクン」が思い浮かぶ人も多いと思います。
事実ハネムーンなどで日本人が利用することも多い場所です。
休暇を楽しむにはもってこいのリゾートですが、カンクンだけでメキシコを分かった気になるのは少し早いかも?メキシコのまだまだ知られていない魅力に迫るのにオススメなのが「カンペチェ」です。

カンペチェの街中で視界に飛び込んでくるのが、このカラフルな家々。
おもちゃのようなかわいい色味の家がたくさん建ち並んでいます。
使われている色は各家でバラバラなのですが、不思議と全体としてまとまって見えるのが面白いですよね。

カンペチェはメキシコ湾に面している都市のため、霧が立ち込みやすいんだとか。
そういった時でも自分の家がすぐに分かるようにと、それぞれが分かりやすい色にしたという話もあります。

image by iStockphoto / 66581291

確かに霧の中でも、はっきりと主張してきそうな壁の色が多いです。
これらは霧の中での不便を考えての配色なのでしょうが、晴れた日差しにも映えるということが面白いですよね。

カンペチェの住所・アクセスや営業時間など

名称 カンペチェ
名称(英語) Campeche
住所 Av. Central 199, Santa Ana, 24050 Campeche, Camp., Mexico
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmexico.com/ja-jp/state-of-campeche
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

要塞都市カンペチェの名残

要塞都市カンペチェの名残

image by iStockphoto / 22425503

かつてはスペインの植民地として栄えたカンペチェですが、スペインへの拠点港であったため、カリブの海賊から狙われるといった面もありました。
度重なる海賊からの襲撃により、カンペチェは防衛のために砦や防壁を築き、要塞都市へとなっていきました。
カンペチェではその頃の名残を今でも見ることができます。

image by iStockphoto / 3555886

カンペチェの城壁や防衛施設は保存状態の良さと建築水準の高さが認められ、ユネスコの世界遺産に1999年登録されました。
当時はスペイン人たちが城壁の中に居を構え、現地の先住民たちは壁の外側で暮らしていたようです。

遠くから見ると、そのスケール感が見て取れます。
現在の建築技術はもちろんない中でここまでのものを作り上げることを想像すると、スケールと相まって更に圧倒されるでしょう。

海賊を蹴散らすための砲撃

海賊を蹴散らすための砲撃

image by iStockphoto / 16924253

砦や防壁を築くことで、海賊からの防衛をしていたカンペチェですが、襲撃をただじっと耐え忍ぶだけではありません。
海を一望できる位置に並んでいるのは砲台です。
発見した海賊に、ここから砲撃を加えたのかな?など、当時の様子を想像するのも面白いですね。

image by iStockphoto / 4702925

見渡すかぎりの水平線に現れる怪しい船影。
あなたは見落とすことなく発見できそうでしょうか?

中心にそびえるカテドラル

中心にそびえるカテドラル

image by iStockphoto / 41778052

カンペチェ中心部のメインスクエアにそびえるのはカテドラル(大聖堂)です。
カンペチェはもともとマヤ文明の人々の地でしたが、スペインが植民地化した際にローマ・カトリック主義が持ち込まれ、その結果、キリスト教はメキシコの主要な宗教となりました。

image by iStockphoto / 56299222

真っ白でシンプルな大聖堂ですが、夜になると周囲にある植民地時代の歴史的建造物と一緒にライトアップがされ、辺りに流れる厳かな雰囲気が増します。
日没後は明るい時間とはまた違った表情を楽しむことができます。

カテドラル(大聖堂)の住所・アクセスや営業時間など

名称 カテドラル(大聖堂)
名称(英語) Catedral de Ntra. Sra. de la Purísima Concepción
住所 Calle 55 S/N, Col. Centro, 24000 Campeche, Camp., Mexico
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmexico.com/ja-jp/state-of-campeche
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産のマヤ遺跡「カラクムル」

世界遺産のマヤ遺跡「カラクムル」

image by iStockphoto / 97669675

カンペチェがあるカンペチェ州には、最多の記念碑を有するマヤ遺跡カラクムルがあります。
この遺跡の特徴はその規模と場所です。
カラクムルは鬱蒼とした熱帯雨林の中より、突如その姿を表します。

このカラクムル、マヤ遺跡としてその規模は大きいものなのですが、今ひとつ知名度が低いです。
理由として考えられるのがアクセスの悪さ。
遺跡自体は凄いのですが熱帯雨林のど真ん中ということで、なかなか足を踏み入れにくい遺跡です。

ただし、そんな知名度の低い遺跡もその価値を認められ2002年には世界遺産の登録がなされました。

image by iStockphoto / 102483141

熱帯雨林を越えて行くと現れるカラクムル遺跡は、圧倒的な規模でマヤ文明の様子を眼前に広げてきます。
遺跡内の最大級の建物は、それ一つで一辺が140メートル、高さが55メートルにも達します。

ビルで考えるとその高さは15〜20階ほどに相当し、そうした建物を含めたこの遺跡の広さは30平方kmというのですから、その規模がいかに大きいかということがわかります。
ガイドを付けずに単独で観光しようものなら、迷子になってしまうでしょう。

カラクムル の住所・アクセスや営業時間など

名称 カラクムル
名称(英語) Calakmul
住所 Campeche, Mexico
営業時間・開場時間 月曜日-日曜日 午前8時から午後05時まで
利用料金や入場料 65ペソ
参考サイト http://www.inah.gob.mx/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

メキシコの文化を感じる旅

メキシコと一口に言っても、場所ごとでその雰囲気はもちろん変わってきます。
リゾート地もいいですが、メキシコならではの歴史や文化を味わうのにカンペチェはオススメの地域です。
ぜひ、その雰囲気を五感で感じ取ってみてください。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ