タイ旅行ならチェンマイへ!チェンマイ観光で見たい寺院まとめ

タイ北部にある都市チェンマイは、バンコクから北へ約700kmに位置しています。チェンマイには黄金色に輝く仏塔や、インドやビルマの影響を受けた建物が多く残っており、現在も訪れる人々を魅了し続けています。

タイ語で花園と名付けられた ワット・スアン・ドーク(外観)

タイ語で花園と名付けられた ワット・スアン・ドーク(外観)

image by iStockphoto / 55146074

ランナータイ王宮の庭に造られた寺院で、広々とした境内に立つ大きな仏塔が印象的ですが、これにはスコタイから派遣された高僧が持ってきた仏舎利(釈迦の遺骨)が納められています。
その周囲に立つさまざまな形をした真っ白なチェディには王族の遺灰が納められています。

ワット・スアン・ドークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・スアン・ドーク
名称(英語) Wat Suan Dok
住所 139 Suthep Rd, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.thailandtravel.or.jp/wat-suan-dok/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

巨大な仏像 ワット・スアン・ドーク(内部)

巨大な仏像 ワット・スアン・ドーク(内部)

image by iStockphoto / 66205673

巨大な本堂に安置されている仏像も必見です。
タイ屈指の大きさを誇る座像と立像が背中合わせに安置され迫力があります。
天上や柱の美しい模様と金色に輝く仏像がマッチした見ごたえある寺院です。

チェンマイで最も格式の高い寺院 ワット・プラ・シン(外観)

チェンマイで最も格式の高い寺院 ワット・プラ・シン(外観)

image by iStockphoto / 67363499

チェンマイ市内で最大の寺院で、ランナータイ王朝のバー・ユー第5代王が先王カム・フーの遺灰を納めるために建設しました。
寺の名前の由来ともなった黄金のプラ・シン像が納められているのは本堂左奥のライカム礼拝堂です。

ワット・プラ・シンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・プラ・シン
名称(英語) Wat Phra Singh
住所 Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai
営業時間・開場時間 5:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.thailandtravel.or.jp/wat-phra-singh/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

黄金のプラ・シン像が納められている ワット・プラ・シン(内部)

黄金のプラ・シン像が納められている ワット・プラ・シン(内部)

image by iStockphoto / 57393016

プラ・シン像はスリランカで作られ移されたといわれています。
毎年4月に行われる水掛け祭の際には、一般市民が参拝できるよう市内を巡回します。
また礼拝堂にはランナー地方の生活習慣や風俗を描いた14世紀ごろの壁画もあり、当時の北タイの生活や文化を知ることができます。

格式高い寺院 ワット・チェディ・ルアン

格式高い寺院 ワット・チェディ・ルアン

image by iStockphoto / 76683639

ワット・プラケオにあるエメラルド仏が一時納められていたことでも知られています。
チェンマイの寺院としてはワット・プラ・シンと並び格式がある寺院で、見どころは境内の裏手にある巨大な仏塔で、1441年に建立されましたが、1545年の大地震で半壊したため1992年に修復されました。
3つの頭を持つ蛇神ナーガが仏塔へ続く階段の入り口で塔を守っています。

ワット・チェディ・ルアンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・チェディ・ルアン
名称(英語) Wat Chedi Luang
住所 103 Road King Prajadhipok Phra Singh, Muang District, Chiang Mai
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.thailandtravel.or.jp/wat-chedi-luang/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チェンマイ最古の寺院 ワット・チェン・マン

チェンマイ最古の寺院 ワット・チェン・マン

image by iStockphoto / 102341611

ランナータイ王朝の初代の王であるメンライ王が建立し、かつては王宮としても使われていました。
伝統的な北タイ様式の建物で、15頭の象に支えられた仏塔があります。
本堂には雨を降らせることができると信じられている水晶の仏像、毎年行われるソンクラーン祭に登場する大理石の仏像の2体の仏像があり必見です。

ワット・チェン・マンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・チェン・マン
名称(英語) Wat Chiang Man
住所 Sri Phum Chiang Mai
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.thailandtravel.or.jp/wat-chiang-man/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

緑の中にたたずむ ワット・チェット・ヨート(外観)

緑の中にたたずむ ワット・チェット・ヨート(外観)

image by iStockphoto / 42312708

チェット・ヨートとはタイ語で7つの尖塔の意味です。
その名のとおり、緑豊かな境内には高い仏塔を囲むように6つの塔が立ち並んでいます。
ランナータイ王朝9代目の王であるティロカラートによって造られました。
仏塔を取り巻く黄色い布はお祭りのためのものです。

ワット・チェット・ヨートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・チェット・ヨート
名称(英語) Wat Chet Yot
住所 Chang Phuak, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50300
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Wat_Chet_Yot
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

インドの影響を受けた ワット・チェット・ヨート(外観のレリーフ)

インドの影響を受けた ワット・チェット・ヨート(外観のレリーフ)

image by iStockphoto / 22979842

釈迦が悟りを開いたインドのブッダガヤにあるマハーボディ寺院をモデルにしたといわれており、尖塔を囲む外壁に彫られた天上の神々のレリーフは、インドの仏教美術に影響を受けたもので、やさしい表情が印象的です。

金の仏塔が美しい ワット・プラタート・ドイ・ステープ(外観)

金の仏塔が美しい ワット・プラタート・ドイ・ステープ(外観)

image by iStockphoto / 52189566

標高が1080mのステープ山の山頂に立ち、タイ仏教の聖地といわれています。
クーナー王が建立しました。
高さ22m金の仏塔に納められているのは仏舎利。
金箔を貼ったり、ろうそくを灯したり、参拝に訪れる人々が多く見られる圧倒的な存在感のある寺院です。
お坊さんにお布施をすると聖なる水をかけて簡単な祈祷をしてもらうこともできます。

ワット・プラタート・ドイ・ステープの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・プラタート・ドイ・ステープ
名称(英語) Wat Phra That Doi Suthep
住所 Su Thep, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
営業時間・開場時間 8:00-18:00
利用料金や入場料 50バーツ
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g8286767-d456320-Reviews-Wat_Phra_That_Doi_Suthep-Doi_Suthep.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チェンマイ市街を一望できる ワット・プラタート・ドイ・ステープ(鐘)

チェンマイ市街を一望できる ワット・プラタート・ドイ・ステープ(鐘)

image by iStockphoto / 65209831

山頂まで行くには、蛇神ナーガを模した350段の階段を上りますが、ケーブルカーを利用することもできます。
寺の秘宝を展示する博物館、チェンマイ市街を一望することのできるテラスやみやげ物屋などがあり、境内には見どころが点在し、たくさんの人であふれています。

ビルマ様式の仏塔 ワット・クータオ

ビルマ様式の仏塔 ワット・クータオ

image by iStockphoto / 45475476

かつてこの地を統治していたビルマ王の墓として建てられたといわれている寺院です。
お団子を5つ重ねたようなユニークな形の仏塔は、釈迦が最初に教えた5人の修行僧の托鉢の鉢を表したもの。
格段に切れ目があり、内部に仏像が安置されています。
陶器やガラスの小片でモザイク模様に飾られた上部も特徴的でめずらしい仏塔です。

ワット・クータオの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・クータオ
名称(英語) Wat Ku Tao
住所 Soi 6, Th Chotana/Th Chang Pheuak
営業時間・開場時間 6:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.lonelyplanet.com/thailand/chiang-mai-province/chiang-mai/sights/religious/wat-ku-tao
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

仏像が置かれた神秘的な洞窟 ワット・ウモーン

仏像が置かれた神秘的な洞窟 ワット・ウモーン

image by iStockphoto / 97711823

ランナータイ王朝の初代の王であるメンライが建立しました。
静かな瞑想をするために、街の喧騒から離れた森の中にあります。
境内にはトンネルが掘られていて、その中に仏像が安置され夏でもひんやりした空気に包まれています。
各地から厳しい修行をしようとする僧侶が訪れる神聖な場所です。

ワット・ウモーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・ウモーン
名称(英語) Wat Umong
住所 135 Moo 10, Su Thep Rd, Muang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.watumong.org/web/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チェンマイへの行き方

 

バンコクからは、飛行機、鉄道またはバスで行くことができます。
飛行機ではスワンナプーム国際空港からタイ国際航空が毎日8〜10便が運航[所要1時間10分]。
鉄道ではフアランポーン駅から1日6本運行[所要12時間〜15時間]。
バスでは北バスターミナルより05:30から22:20まで約40分間隔で運行[所要約10時間]しています。
photo by iStock
海外航空券を今すぐ検索・購入する

出発地

目的地

大人 子供 幼児

大人:ご搭乗時の年齢が11歳以上、子供:11歳未満 幼児:2歳未満