田中苑楷の木、岡山後楽園…岡山の絶景紅葉スポットならここ!5選

秋は涼しさと気候の良さから、アウトドアに活動したい季節ですね。食欲の秋や芸術の秋、スポーツの秋など楽しみも多いですが、「紅葉の秋」を楽しんでみるのはいかがでしょうか。今回は岡山で楽しめる、ライトアップ有りの紅葉スポットを5選ご紹介します。

日本三名園の庭園美・岡山後楽園

 

日本三名園の庭園美・岡山後楽園

image by iStockphoto / 90443531

金沢の「兼六園」や水戸の「偕楽園」と並び、日本三名園として有名なのが「岡山後楽園」でしょう。
ミシュランで三ツ星を獲得したこともあり、世界的にも誇れる日本を代表する庭園です。
元禄文化を象徴するような国の特別名勝で、その広さは東京ドームの約3倍!和の情緒あふれる庭園からは、隣接する「岡山城」も望めます。
そんな「岡山後楽園」の紅葉シーズンは11月中旬から12月上旬ごろ。
「千入の森」や「唯心山」付近の紅葉が特に美しくおすすめです。
「秋の幻想庭園」では紅葉した木々をライトアップ。
約300年前から雰囲気を残す庭園美を、ぜひ堪能してみては。

image by iStockphoto / 82590209

岡山後楽園の住所・アクセスや営業時間など

名称 岡山後楽園
住所 岡山市北区後楽園1-5
営業時間・開場時間 3月20日-9月30日 午前7時30分-午後6時 , 10月1日-3月19日 午前8時-午後5時
利用料金や入場料 大人15歳-64歳 (中・高校生を除く)400円  高校生以下無料  シニア65歳以上140円
参考サイト http://okayama-korakuen.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

春の桜も秋の紅葉も美しい・津山城鶴山公園

 

春の桜も秋の紅葉も美しい・津山城鶴山公園

image by PIXTA / 18678730

森蘭丸の弟であった森忠政が築城したのが「津山城」。
その城跡に造られた公園が「鶴山公園」です。
1873年に廃城となり全て取り壊されてしまいましたが、のちに「備中櫓」が再現され、畳敷きの御殿様式が復活しました。
複雑に入り組んだ石垣は高さ10mもの規模。
遠くから見ても雄大な風景が望めます。

「鶴山公園」は西日本有数の桜スポットとしても知られていますが、秋にはモミジやカエデの紅葉もまた一見の価値ありです。
シーズンは11月中旬から下旬ごろ。
「日本100名城」にも選ばれた「津山城」をバックに、幻想的な紅葉光景が広がりますよ。
「津山お城まつり」も賑やかなのでぜひ訪れてみては。

image by PIXTA / 24567070

津山城(鶴山公園)の住所・アクセスや営業時間など

名称 津山城(鶴山公園)
住所 岡山県津山市山下135
営業時間・開場時間 4-9月 8:40-19:00 、 10-3月 8:40-17:00
利用料金や入場料 大人300円 中学生以下無料
参考サイト http://www.tsuyamakan.jp/tour/detail/?pk=58
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラデーションを楽しんで・田中苑楷の木

 

グラデーションを楽しんで・田中苑楷の木

image by iStockphoto / 76805083

「田中苑」は「南斗山」の斜面を背景にした広大な日本庭園で、市民憩いの場として親しまれています。
東京「北の丸公園」の池や岡山市「西川緑道公園」を設計した造園家によるデザインです。
「田中苑」というだけあって、田中翁の作品である「鏡獅子」や「岡倉天心先生像」、「長寿明王」や「西山公」といった5つの銅像が置かれ、気軽に本物の実術品に触れ合えるようになっています。

春はソメイヨシノやシダレザクラの桜が楽しめ、秋になると学問の木とも呼ばれている「楷の木」が、色鮮やかに紅葉を見せてくれます。
紅葉の見頃は11月上旬から中旬と短めですが、赤黄緑の美しいグラデーションが見応えたっぷりです!

image by iStockphoto / 89372645

田中苑の住所・アクセスや営業時間など

名称 田中苑
住所 岡山県井原市井原町315
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%91
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山間に佇む特別史跡・旧閑谷学校

 

山間に佇む特別史跡・旧閑谷学校

image by PIXTA / 18047109

「閑谷学校」は1670年に、岡山藩主だった池田光政により創建されました。
庶民のために造られた公立学校としては、世界最古のもの。
最近では「近世日本の教育遺産群」として最初の日本遺産にも認定されるなど、近代化の原動力として大きな役割を果たしたことが認められ、受け継がれています。
今も研修生たちがここで学び続けています。

閑静な山あいという自然に囲まれた環境にあるため、春の新緑は瑞々しく、秋の紅葉では燃えるような鮮やかな色合いが楽しめます。
特にカイノキは、赤や黄色の紅葉が圧巻。
10月下旬から11月上旬の見ごろには、幻想的なライトアップも見られますよ。

image by PIXTA / 1561230

旧閑谷学校の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧閑谷学校
住所 岡山県備前市閑谷784
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 大人400円 小中学生100円 65歳以上200円
参考サイト http://shizutani.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

渓谷美をそぞろ歩きで楽しむ・宇甘渓

 

渓谷美をそぞろ歩きで楽しむ・宇甘渓

image by PIXTA / 6022631

「宇甘川」が最も狭まって流れが激流になるあたり、奇岩がさまざまそそり立つ山肌と、紅葉の見頃なコラボレーションが楽しめるのが「宇甘渓」です。
「吉備清流県立自然公園」にもなるほど自然豊かで、モミやツガを中心とした天然林が広がっています。
春は山桜や新緑、夏は清らかな川遊び、秋は燃えるような紅葉、冬は凛とした雪景色。
四季折々の自然風景が満喫できます。

「宇甘渓」の紅葉のシーズンは11月中旬ごろ。
「宇甘渓」のシンボルとなっている「赤橋」のほか、句碑が並ぶ「川柳の小径」もおすすめの見どころです。
昼間は青空市を楽しんで、夜は21時まで行われている「宇甘渓自然公園ライトアップ」で、幻想的な空気を味わってみましょう!

image by iStockphoto / 105809261

吉備清流県立自然公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 吉備清流県立自然公園
住所 岡山県岡山市北区建部
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/sizenkouen.etc/park/kibiseiryu.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豊かな自然の中でリフレッシュできる紅葉狩り

 

いかがでしたでしょうか。
日差しを浴びて色とりどりに広がる昼間の紅葉も美しいですが、夜ライトアップの光の中で楽しむ紅葉も、また趣があって美しいですね!ロマンチックな雰囲気はデートにもぴったり。
秋だけの風景を楽しんでみましょう。
photo by PIXTA and iStock