映画「パッション」のロケ地にもなった!イタリア南部の世界遺産「マテーラの洞窟住居群」

イタリア南部に位置するマテーラ(Matera)は、イタリアを長靴に例えるとくるぶしのあたり。マテーラの旧市街地区には、「サッシ」と呼ばれる洞窟住居があります。サッシ(Sassi)とはイタリア語で「岩」をあらわすサッソ(Sasso)の複数形。崖や斜面の岩を掘って造られた「マテーラの洞窟住居群」は、1993年に世界遺産にも登録されました。その独特な景観を眺めにイタリア南部を旅してみませんか?

映画のロケ地にもなった「マテーラの洞窟住居群」

映画のロケ地にもなった「マテーラの洞窟住居群」

image by iStockphoto / 60054946

サッシはドゥオーモ(大聖堂)を挟み、北側の「サッソ・ヴァリサーノ(Sasso Barisano)」と南側の「サッソ・カヴェオーゾ(Sasso Caveoso)」の2つの地区に分かれています。
中でも最も古く、リアルに当時の生活を感じることが出来るのが北側の「サッソ・ヴァリサーノ」。

イエス・キリストが処刑されるまでを描いた映画「パッション」のロケ地。
また、宮崎駿監督が「天空の城ラピュタ」を思いついたとも言われる景観は必見!

image by iStockphoto / 88946147

image by iStockphoto / 95643587

image by iStockphoto / 68527725

image by iStockphoto / 74782855

マテーラの洞窟住居群の住所・アクセスや営業時間など

名称 マテーラの洞窟住居群
名称(英語) Sassi di Matera
住所 Matera | Piazza Vittorio Veneto, 75100, Matera, Italy
営業時間・開場時間 12:00-24:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sassidimatera.net
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マテーラの洞窟住居群を歩く

マテーラの洞窟住居群を歩く

image by iStockphoto / 74786259

サッシの中には車が入れないため、サッシは歩いて見学!石で出来た道が続き、階段が多いので、歩きやすい靴がおススメ。
石灰岩で出来たサッシの独特な景観の中を探検すれば、洞窟は住居だけでなく岩窟教会やお墓として使われてきたことがわかります。
道が入り組んでいるので、ところどころに案内表示板もありますが、サッシの中央に建つドゥオーモを目印にしてみてくださいね。

image by iStockphoto / 46323722

image by iStockphoto / 74788615

image by iStockphoto / 70149153

image by iStockphoto / 52191630

image by iStockphoto / 71252809

image by iStockphoto / 54825998

マテーラの洞窟住居の住所・アクセスや営業時間など

名称 マテーラの洞窟住居
名称(英語) Sassi di Matera
住所 Matera | Piazza Vittorio Veneto, 75100, Matera, Italy
営業時間・開場時間 12:00-24:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sassidimatera.net
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

当時の生活がわかる「洞窟住居博物館(Casa Grotta)」

当時の生活がわかる「洞窟住居博物館(Casa Grotta)」

image by iStockphoto / 89349937

洞窟住居は、当時の生活がそのまま再現されている「Casa Grotta」で見学可能です。
内部には家具などが展示してあり、当時の様子がわかるように復元されているので必見。
入口からしか空気や光を取り入れられず、家畜も一緒に同居していたようです。
「Casa Grotta」の他にもいくつかの洞窟住居を見ることが出来るので、当時の人々の生活を見ることが出来るでことでしょう。

洞窟住居博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 洞窟住居博物館
名称(英語) Casa Grotta
住所 Vico Solitario no 11, 75100, Matera, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.casagrotta.it/index.php?lang=jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

洞窟住居、その暗い歴史

洞窟住居、その暗い歴史

image by iStockphoto / 96415535

今は世界遺産となって注目されているサッシですが、昔は裕福な人は高台に暮らし、貧しい人々がこの洞窟住居に住んでいました。
南イタリアの「貧しさの象徴」として暗い影を落としていたサッシ。
第二次世界大戦時にはその不衛生さと経済的な問題から住民は一時退去させられ廃墟化。
サッシの荒涼とした景観は、その歴史を物語るかのような雰囲気を漂わせているようにも見えますが、今は一般住民が戻ってきているそう。

image by iStockphoto / 74790043

マテーラの洞窟住居の住所・アクセスや営業時間など

名称 マテーラの洞窟住居
名称(英語) Sassi di Matera
住所 Matera | Piazza Vittorio Veneto, 75100, Matera, Italy 
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sassidimatera.net
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幻想的なマテーラの夜

幻想的なマテーラの夜

image by iStockphoto / 99834669

家々が重なり合うように密集して建つサッシの街並みは、昼間は壮観でしたが、夜になるとまた違った幻想的な姿が見られます。
洞窟や教会などが美しくライトアップされ、浮かび上がるオレンジ色の光の点在。
この街に流れるゆったりとした時間に似合う夜です。
静かな街なので夜散策するのはこわいかも知れませんが、夜のサッシは見逃せません。

image by iStockphoto / 89319029

image by iStockphoto / 60688484

マテーラの住所・アクセスや営業時間など

名称 マテーラ
名称(英語) Sassi di Matera
住所 Matera | Piazza Vittorio Veneto, 75100, Matera, Italy 
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sassidimatera.net
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

洞窟ホテルや洞窟レストラン

廃墟だったマテーラは、今ではサッシを利用したホテルやレストランが出来、観光客で賑わっています。
人が戻ってきたことによって街が息を吹き返しているのがわかりますね。
洞窟ホテルは独特の雰囲気たっぷりで、夜景も気軽に堪能出来ます。
イタリアには見どころがたくさんあり、駆け足の観光になってしまいがちですが、余裕があればぜひ洞窟ホテルに一泊してみてはいかがでしょうか。

セクスタンチオ ル グロッタ デラ チビタの住所・アクセスや営業時間など

名称 セクスタンチオ ル グロッタ デラ チビタ
名称(英語) Sextantio Le Grotte della Civita
住所 Via Civita 28, 75100, Matera, Italy
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://legrottedellacivita.sextantio.it/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マテーラへのアクセス

マテーラへのアクセス

image by iStockphoto / 28735872

マテーラから約60kmの位置にあるバーリ空港。
日本からバーリへの直行便はないため、ローマかミラノまたはヨーロッパの主要都市で乗り換えです。
バーリ空港からバーリ駅や直接マテーラに行くバスもあります。
マテーラ中央駅には、各都市行きのバスも発着しているので、旅の行程によっていろいろな行き方がありますね。

バーリ空港の住所・アクセスや営業時間など

名称 バーリ空港
名称(英語) Aeroporto di Bari
住所 Viale Enzo Ferrari, 70128 Bari, イタリア
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.seap-puglia.it/index.asp?idlingua=2&
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「マテーラの洞窟群」の圧倒的な存在感

「マテーラの洞窟群」は、今でも洞窟住居の原型を留めている貴重なものでしたね。
静寂で荒涼とした景観ですが、ゆったりとした雰囲気も魅力的。
当時の人々の暮らしが感じられる、その独特な佇まいには圧倒されてしまうことでしょう。
photo by iStock