日帰り九州旅行の締めに…福岡・長崎で見られる「夕日100選」の絶景5選

雄大な自然が作り出す風景、夕日。だんだんと日が沈み、街が夜の表情に変わっていく様子は、とってもロマンチックで素敵ですね。大切の人と一緒に眺めれば距離も縮まりそう。今回は福岡・長崎で見られる「夕日100選」の絶景を5選ご紹介します。

ドライブスポットとしても人気・桜井二見ケ浦

ドライブスポットとしても人気・桜井二見ケ浦

image by PIXTA / 13780423

景色が美しくオシャレな店舗も立ち並び、グルメも人気の「糸島」。
その中で代表的な観光地として挙げられるのが、「桜井二見ヶ浦」です。
福岡市内から車で約1時間とアクセスの良さも手伝って、ドライブスポットやデートスポットとして多くの人々が訪れています。

「夫婦岩」と言えば三重県二見町のものが全国的にも知られていますが、ここ「桜井二見ヶ浦」の海岸線から沖合約150mにも「夫婦岩」が浮かんでいます。
また白い鳥居も圧巻。
「桜井二見ヶ浦」周辺ではマリンスポーツが楽しめたり、浜辺でゆったり遊んだり。
のんびりデートするにもぴったりですよ。
青い空と広い海が段々と夕焼けに染まっていくと、鳥居と「夫婦岩」が美しく照らされます。
開放的な夕焼け空は一見の価値ありです!

image by PIXTA / 2779034

桜井二見ヶ浦の住所・アクセスや営業時間など

名称 桜井二見ヶ浦
住所 福岡県糸島市志摩桜井
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.itoshima.lg.jp/soshiki/24/sakurai.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

異国情緒漂う街に沈む・西海国立公園鯛の鼻

異国情緒漂う街に沈む・西海国立公園鯛の鼻

image by PIXTA / 15428690

長崎県平戸市は、かつての大航海時代から城下町として栄え、大陸とのつながりも深い街でした。
外国文化の入口として異国情緒漂う雰囲気で、和風建築の城や寺院が建ち並ぶ一方、その向こうに洋風建築の教会やオランダ商館、イギリス商館などが垣間見えたりと、和洋折衷の街並みは平戸ならではの風景ですね。

そんな平戸市では、西側全てから美しい夕日が見られますが、中でも特に「西海国立公園」や展望台、平戸の最高峰「安満岳」から南へ広がる一帯は「西海国立公園鯛の鼻」と呼ばれており、見晴らしの良い公園となっています。
海抜534mの「西海国立公園鯛の鼻」からは、天気の良い日には「五島列島」も望めるほか、「生月大橋」もくっきり見られます。
海も空も黄昏色に染まり、ゆったりと沈んでいく夕日は、どこか歴史と南国風情を感じさせてくれます。

image by iStockphoto / 93166709

鯛の鼻自然公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 鯛の鼻自然公園
住所 長崎県平戸市獅子町2609-10
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.hirado.nagasaki.jp/kanko/shizen/shi12.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

九十九島が連なる黄金ライン・石岳展望台

九十九島が連なる黄金ライン・石岳展望台

image by iStockphoto / 13028391

佐世保市の西側にある「石岳展望台」からは、「九十九島」の大パノラマが360度展望できるのがポイント。
「九十九島動植物園」から徒歩15分、標高191mの「石岳」頂上に位置しています。
佐世保の港街も眼下に広がり、その美しさと迫力は息をのむほど。

約200もの島々が連なる多島海リアス式海岸の風景は、ここでしか見られない特に美しい風景で、名曲のモチーフになったほどです。
四季折々に良さがありますが、特に10月から12月の秋冬が絶好シーズン。
島々が影のように浮かび、黄金色の夕日のラインが連なっていく様子は圧巻です。
有名ハリウッド映画にも登場した自然の風景を、ぜひその目で見てみましょう!

image by PIXTA / 24680588

石岳展望台の住所・アクセスや営業時間など

名称 石岳展望台
住所 長崎県佐世保市船越町2277
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.city.sasebo.lg.jp/tosiseibi/kouenk/ishidake.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本で最後に沈みゆく夕日・大瀬崎断崖

日本で最後に沈みゆく夕日・大瀬崎断崖

image by PIXTA / 9585411

九州随一の景勝地としても知られる「大瀬崎断崖」は、「福江島」の西端にあります。
東シナ海の荒波によって造り出された、高さ100mから160mの断崖絶壁は20kmも続いていきます。
黒と白の縞模様が大きな特徴で、まさに自然の彫刻と言える雰囲気でしょう。
岬の先端には、明治時代から脈々と灯火を灯し続けてきた白い灯台が、凛とした風情を漂わせています。

荒々しい青い海と岩にぶつかり跳ね上がる白波、白い灯台が相まって、素晴らしい絵画のような風景が広がります。
地上から景色を眺めるのも良いですが、断崖遊覧船に乗って海の上から眺めてみるのもおすすめ。
貴重な学術的資料にもなっている地層を間近に観察することができますよ。
日本の中で最後に沈みゆく夕日は、「大瀬崎断崖」をキラキラとオレンジに染めていきます。

image by iStockphoto / 101529105

大瀬崎断崖の住所・アクセスや営業時間など

名称 大瀬崎断崖
住所 長崎県五島市玉之浦町玉之浦
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/669/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キリシタンの強さが感じられる・渕ノ元

キリシタンの強さが感じられる・渕ノ元

image by PIXTA / 433945

「福江島」の北西、東シナ海に面している草原で、「大瀬崎断崖」にも近い場所にあります。
その一角は大規模な墓地になっており、マリア像や十字の墓標といった、異国情緒漂う神秘的な雰囲気が広がっています。
墓地の向こうには遣唐使船も通った東シナ海。
また「嵯峨島」が浮かんでいます。

段々と夕焼け空が近づいてくると、夕日に照らされた十字架やマリア像が、幻想的なシルエットを作り出します。
かつての風当たり厳しい歴史や、負けずに立ち向かっていったキリシタンたちの芯の強さが垣間見られるような風景ですね。

image by iStockphoto / 37351376

渕ノ元 カトリック墓碑群の住所・アクセスや営業時間など

名称 渕ノ元 カトリック墓碑群
住所 五島市三井楽町渕ノ元
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/map/detail.php?content_id=2692
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

異国情緒あふれる夕日

いかがでしたでしょうか。
地平線の彼方に沈んでいく夕日は、辺りをオレンジ色に染め、美しい景観を作り出してくれますね。
夜景ともまた違うロマンチックな風景を、ぜひ大切な人と一緒に眺めてみれば、素敵な思い出が作れることでしょう!
photo by PIXTA and iStock