富士山より高い「玉山」をはじめ、台湾で見れる大自然の絶景5選

グルメやショッピング、文化施設が人気の台湾ですが、雄大な自然もまた魅力のひとつ。今回はスケールの大きな台湾の大自然の魅力に触れて、地球という星を感じてみましょう。
台湾観光の絶対行くべきスポット決定版はこちらから。

富士山より高い!台湾最高峰玉山

富士山より高い!台湾最高峰玉山

image by iStockphoto / 33650286

海に囲まれた台湾ですが、その地形は高低差が大きく、中央には3,000メートルを越す高い山々が連なっています。
中でも台湾の最高峰として君臨するのが玉山です。
玉山の標高は3,952メートルと富士山よりも高く、日本統治時代には新しい領土で見つかった日本の最高峰として「新高山」と呼ばれていました。
これだけ高い山なので、上り下りには宿泊を伴います。
お天気が良ければ、満点の星と美しいご来光を楽しむことも出来るでしょう。

image by iStockphoto / 33650054

玉山周辺は国立公園となっており、登山するには事前に入山許可証を申請する必要があります。
希望者が多い場合は抽選となるので、日本からでしたらツアー会社等を利用して手配するのが良いでしょう。
登山道はよく整備されていて比較的安心してチャレンジできる山ですが、高山病にかかる登山者も少なからずいるので無理は禁物です。
豊かな自然を満喫できるよう、しっかり準備をして登山に挑みましょう。

玉山の住所・アクセスや営業時間など

名称 玉山
名称(英語) Yushan
住所 花蓮県卓溪郷卓清村83-3号
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ysnp.gov.tw/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山岳地帯を走るドライブウェイ

山岳地帯を走るドライブウェイ

image by iStockphoto / 56391732

玉山登山はハードルが高いという方には、こんなドライブウェイがおすすめです。
台湾の山岳地帯を走る国道は標高の高い場所を通過するので、山々が連なる絶景をより手軽に楽しむことができます。
台湾国道の最高地点は武嶺でなんと標高3,275メートルもあります。
ちなみに日本で一番標高の高い道路は、群馬県の渋峠で標高2,172メートルですから、ちょっと比べ物にならない高さですね。

image by iStockphoto / 38430802

車はもちろんのことバイクでのツーリングにも人気の山岳道路ですが、なんと自転車で登ってくる人もいるというから驚きです。
自転車なら、景観だけでなく高地ならではの植物などをより身近で感じることはできるでしょうが、そのハードさは想像を超えています。
チャレンジ精神に感服!車なら容易く通ることが出来ますが、標高の高い場所を通過するので服装や体調には注意しましょう。
夜になれば美しい星空を見ることができ、つい見とれてしまいそうですが、くれぐれも運転にはご注意を。
何より安全が第一です。

一度は見たい 阿里山のご来光

一度は見たい 阿里山のご来光

image by iStockphoto / 90864711

星空の次はご来光はいかがでしょうか。
台湾でも有数の日の出スポットとして人気なのが 阿里山です。
阿里山とは一つの山の名前ではなく、嘉義県にある山々の総称で、隣接する玉山とともに、新高阿里山国立公園に指定されています。
玉山山系より望む日の出はまさに絶景と言える美しさで、海外からの旅行客に人気なのはもちろん、台湾の人たちにとっても一度はご来光を仰ぎたいと願う場所だそうです。

中でも一番人気なのは祝山です。
阿里山駅から日の出スポットへの出発点の祝山駅まで高山鉄道が走っていて、アクセスしやすいことが人気の秘密のひとつのようです。
電車は日の出の時間に合わせ、毎日時間が変わるため、前日に予約して切符を買っておく必要があります。
非常に人気があるので、電車は混雑しますが、それさえクリアすれば素晴らしいご来光が拝めるのですから、行ってみる価値は十分にあると思います。

阿里山の住所・アクセスや営業時間など

名称 阿里山
名称(英語) Alishan
住所 Chiayi County, Alishan Township
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ali-nsa.net/user/Main.aspx?Lang=3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まさに断崖絶壁といえばここ

まさに断崖絶壁といえばここ

image by iStockphoto / 48174634

さて、今後は海に目線を移してみましょう。
清水断崖は花蓮県の海岸線で見られる絶景スポットです。
まさに断崖絶壁と言える、切り立った岩肌と、青い海と空のコントラストに目を惹きつけられてしまいますね。
写真では分かりにくいですが、展望台から海岸へ階段を使って降りる事ができるようになっているので、海岸から見上げてみると、その迫力もまた圧倒されるものがあるでしょう。

image by iStockphoto / 48175548

清水断崖へのアクセスは主に車でとなります。
よく見るとトンネルがあるのがお分かりでしょうか。
海岸線沿いには蘇花公路と呼ばれる道路が通っています。
この道路が建設され始めたのは1874年で、日本統治時代の1932年に完成したとのことです。
当時これだけ厳しい地形に道路を作ることは相当な苦労だったことは想像に難くありません。
先人たちの苦労の上にこの絶景スポットを鑑賞できることを忘れてはなりませんね。

清水断崖の住所・アクセスや営業時間など

名称 清水断崖
名称(英語) Qingshui Duanya
住所 花蓮県秀林郷蘇花公路
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003124&id=2228
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イルカとの出会いも楽しみな島

イルカとの出会いも楽しみな島

image by iStockphoto / 26747101

最後にもうひとつ、海の青と緑のコントラストが美しい絶景スポットを紹介しましょう。
こちらは台北県のお隣り宜蘭県の沖合に浮かぶ亀山島です。
この島は何度かの火山爆発により、今の地形が出来上がったといわれており、島の形が亀に似ていることからこの名前がついたそうです。
亀の甲羅の部分は標高が高く頂上からは太平洋を一面に見渡すことができます。
スケールの大きな景観に心を奪われてしまいそうです。

image by iStockphoto / 26747260

こちらは尻尾の部分で、砂浜となっています。
亀山島は自然保護の観点から、島への上陸と登山は人数制限があり、事前に申請が必要です。
頂上への登山は1,706段の階段を登るので覚悟が必要!その他人気なのが、島の周りを船で回るツアー。
絶景+イルカ、運が良ければ鯨も見られるというのは実に魅力的。
台北からもそう遠くないので、台湾旅行のオプションプランにピッタリではないでしょうか。

亀山島の住所・アクセスや営業時間など

名称 亀山島
名称(英語) Guishan Island
住所 宜蘭県頭城鎮
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003106&id=C100_164
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

何度行っても見所いっぱいの台湾

いかがでしたか?今回は台湾の絶景スポットの中から5つの場所を紹介しました。
グルメには少し飽きてしまったリピーターの方にも台湾の新たな魅力を見つけてもらえたのではないでしょうか。
photo by iStock