スリランカ旅行なら「聖地アヌラーダプラ」は外せない!世界遺産や見どころなど観光情報まとめ

スリランカの北中部に位置するアヌラーダプラは、今からおよそ2500年以上前に都があった場所です。この地に栄えた王朝は高度な文明を持っていたといわれ、今なお人々に利用されている灌漑施設や上下水道もその当時に造られたものです。壮大な姿でそびえるダーガバ(仏塔)が町に点在するアヌラーダプラを紹介します。

涅槃像が横たわる イスルムニヤ精舎

涅槃像が横たわる イスルムニヤ精舎

image by iStockphoto / 18905441

岩肌を掘るようにして造った御堂と、岩の上に造られたダーガバ、極彩色に塗られた仏像を据えた本堂、貴重な発掘物を保管する宝物館があります。
岩肌にはゾウや、豊穣の神パリジャニ、火の神アグニなど数々の仏教彫刻が彫られています。
涅槃像は日本の協力できれいに塗り替えられたそうです。

イスルムニヤ精舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 イスルムニヤ精舎
名称(英語) Isurumuniya Temple
住所 At Royal Pleasure Gardens, Anuradhapura 50000, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 200ルピー
参考サイト http://www.srilankandriversguides.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

多くの巡礼者が祈りを捧げる スリー・マハー菩提樹

多くの巡礼者が祈りを捧げる スリー・マハー菩提樹

image by iStockphoto / 61394362

紀元前3世紀に、インドの王女が、インド・ブッダガヤの菩提樹(仏陀が悟りを開いた場所にあった木)の分け木をここへ運び、当時の王が植樹したものといわれています。
菩提樹の周りには野生動物が入らないように囲いが設けられています。
白い服を着た熱心な仏教徒が、菩提樹の木の下で一心に祈りを捧げている姿が見られます。

スリー・マハー菩提樹の住所・アクセスや営業時間など

名称 スリー・マハー菩提樹
名称(英語) Jaya Sri Maha Bodhi
住所 Anuradhapura, Sri Lanka
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://srimahabodhi.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白銀に輝く ルワンウェリ・サーヤ大塔

白銀に輝く ルワンウェリ・サーヤ大塔

image by iStockphoto / 49600788

スリー・マハー菩提樹から、街灯のある石畳の美しい歩道が続いています。
ダーガバは高さが55mあり、たくさんのゾウの彫刻に守られており、紀元前2世紀に建てられた僧院の跡の40本の石柱群も見ることができます。
仏塔は毎年石灰で白く塗り直されているため美しく保たれています。

ルワンウェリ・サーヤ大塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 ルワンウェリ・サーヤ大塔
名称(英語) Ruwanwelisaya Dagoba
住所 Anuradhapura, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 30ドル
参考サイト http://amazinglanka.com/wp/ruwanveli-maha-seya/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

仏陀の右鎖骨が祀られている トゥーパーラーマ・ダーガバ

仏陀の右鎖骨が祀られている トゥーパーラーマ・ダーガバ

image by iStockphoto / 76081717

緑の木立の中にひっそりと建っています。
高さは19mあり、アヌラーダプラ最古のものです。
ダーガバの周りには何本かの石柱が建っていますが、これはダーガバに屋根をつけるために建てられたもので、今では倒れかけているものもあります。
仏陀に関わりがあるということで、スリー・マハー菩提樹とトゥーパーラーマ・ダーガバはアヌラーダプラの聖地として位置付けられています。

トゥーパーラーマ・ダーガバの住所・アクセスや営業時間など

名称 トゥーパーラーマ・ダーガバ
名称(英語) Thuparama Dagoba
住所 Thuparama Mawatha、Anuradhapura
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.lonelyplanet.com/sri-lanka/anuradhapura/attractions/thuparama-dagoba/a/poi-sig/450859/357449
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

石の宮殿の跡 ラトゥナ・プラサーダ

石の宮殿の跡 ラトゥナ・プラサーダ

image by iStockphoto / 19572134

入り口には8世紀に造られた、スリランカで最も美しいガードストーンといわれる、立体感のある王の姿が彫られたガード・ストーンがあります。
現在は土台の部分と少しの柱が残されています。
かつて、王は経典を無視した圧政を行い僧侶を信奉する民衆の怒りを買ってしまい僧侶に謝罪しましたが、その後、僧侶の増長により国力は衰退してしまったというエピソードがあります。

ラトゥナ・プラサーダの住所・アクセスや営業時間など

名称 ラトゥナ・プラサーダ
名称(英語) Ratna Prasada
住所 Anuradhapura
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://1st.geocities.jp/natori_yn_band/srilanka-10-ratna-prasada.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

クイーンズ・パビリオン(ムーン・ストーン・サイト)

クイーンズ・パビリオン(ムーン・ストーン・サイト)

image by iStockphoto / 36079624

王妃の建物跡です。
一番外側の炎の輪は、人間の世界とそこに渦巻く欲望のを意味し、その内側の動物の輪は生命の力と活力を表しており、ゾウは誕生、馬が老齢、ライオンが病、牡牛が死を意味し、これらすべてで輪廻を表しています。
花の輪は愛する心を、花をくわえた鳥は純潔を、蓮の花は天国を意味し、死後、人はここへたどり着くことを象徴しています。
ムーンストーンは柵で囲まれ美しい彫刻が良く残っています。
ムーンストーンだけでなく、周辺の階段の彫刻なども美しく一見の価値があります。

クイーンズ・パビリオンの住所・アクセスや営業時間など

名称 クイーンズ・パビリオン
名称(英語) Queens Pavilion (Moonstone Site)
住所 Baswakkulama Rd Anuradhapura
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://loco.yahoo.co.jp/place/g–n97U3mPZ4k/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高さが75mある アバヤギリ大塔

現存するアヌラーダプラのダーガバの中では最大です。
紀元前1世紀に造られ、当時は高さが110mありましたが現在は75mです。
12世紀には大乗仏教と上座部仏教とのあいだに勢力争いが起こり、時の王、パラークラマ・バーフ1世は大乗仏教を抑え仏教界を統一しました。
その結果、大乗仏教はスリランカから姿を消すこととなりました。

アバヤギリ大塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 アバヤギリ大塔
名称(英語) Abhayagiri Dagoba
住所 Anuradhapura, Anuradhapura 50000, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Abhayagiri_vihāra
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

瞑想する仏陀の姿 サマーディ仏像

瞑想する仏陀の姿 サマーディ仏像

image by iStockphoto / 80899607

サマーディとは悟りの状態を意味するそうです。
4世紀の完成当時は背後に菩提樹があり、まさしく仏陀が悟りを開いた、そのままの姿であったといわれています。
穏やかで柔和な表情を見せるこの仏像は、見る人すべてに安らぎを与えてくれます。
また、正面、左・右、違った表情を見られるともいわれています。

サマーディ仏像の住所・アクセスや営業時間など

名称 サマーディ仏像
名称(英語) Samadhi Buddha Statue
住所 Anuradhapura
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Samadhi_Statue
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いにしえの僧たちの沐浴場 クッタム・ポクナ(ツイン・ポンズ)

いにしえの僧たちの沐浴場 クッタム・ポクナ(ツイン・ポンズ)

image by iStockphoto / 75518243

アバヤギリ大塔の麓にあった僧院で修行していた僧たちの沐浴場でした。
今では、水が入れ替えられることもなく緑色になっています。
当時は近くの池から水を引き、沐浴後、近くの水田に流していたといわれています。
周りが緑に囲まれた立派な沐浴場です。

クッタム・ポクナの住所・アクセスや営業時間など

名称 クッタム・ポクナ
名称(英語) Kuttam Pokuna
住所 Watawandana Rd、Anuradhapura
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Kuttam_Pokuna
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アバヤギリ大塔とよく似た ジェータワナ・ラーマヤ

アバヤギリ大塔とよく似た ジェータワナ・ラーマヤ

image by iStockphoto / 97569515

3世紀に建てられました。
1982年には9世紀頃のサンスクリット文字で書かれたマハーセーナ経典の金板が発見されました。
現存するサンスクリット文字で書かれた経典としては、非常に貴重なものです。
当時は3000人の僧がここで生活していたといわれています。

ジェータワナ・ラーマヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジェータワナ・ラーマヤ
名称(英語) Jatavana Ramaya
住所 Watawandana Rd Anuradhapura
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Jetavanaramaya
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アヌラーダプラへのアクセス

バス:所要時間はコロンボから5~6時間。
キャンディから3時間30分。
鉄道:コロンボ駅から所要時間4~7時間。
photo by iStock