贅沢なウィンターリゾートの旅。ドイツ「ガルミッシュ パルテンキルヘン」の魅力

ガルミッシュ パルテンキルヘン、舌を噛んでしまいそうな長い名前のこの街について聞いたことはありますか?今回はその長い名前の謎に加え、豊かな自然に恵まれたこのドイツの街の魅力をお伝えいたします。

長い名前の由来はオリンピック

長い名前の由来はオリンピック

image by iStockphoto / 98633131

ガルミッシュ パルテンキルヘンは、オーストリア国境近くに位置するドイツ南部の町です。
アルプスの山々に囲まれたこの町は、1936年に冬季ガルミッシュパルテンキルヘンオリンピックが開催されたことでも知られています。
長い町の名前の由来もオリンピックにあります。
ガルミッシュとパルテンキルヘンは、それまで別の町でしたが、小さな町ではオリンピックを誘致できなかったため、政府主導で二つの町を合併させたのです。

ガルミッシュ パルテンキルヘンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ガルミッシュ パルテンキルヘン
名称(英語) Garmisch-Partenkirchen
住所 Garmisch-Partenkirchen
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%9D%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%92%E3%82%A7%E3%83%B3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドイツ最高峰ツークシュピッツェ

ドイツ最高峰ツークシュピッツェ

image by iStockphoto / 17291143

ガルミッシュ パルテンキルヘンと言えば、何と言ってもドイツ最高峰ツークシュピッツェ山への登山口として有名。
標高2,962メートルの高山と言えば厳しい登山になりそうなイメージですが、ここでは鉄道とロープウェイを利用して、山頂まで手軽に登ることができるのです。

ツークシュピッツェの住所・アクセスや営業時間など

名称 ツークシュピッツェ
名称(英語) Zugspitze
住所 Zugspitze, Garmisch-Partenkirchen
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://zugspitze.de/de/sommer
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

登山鉄道を利用していざ出発

登山鉄道を利用していざ出発

image by iStockphoto / 99510581

ツークシュピッツェ山へ向かう登山鉄道へは、ガルミッシュパルテンキルヒェン駅から乗車できます。
標高705メートルのガルミッシュパルテンキルヒェン駅から電車は急勾配の線路をゆっくりと登っていき、標高2,588メートルある終点のツークシュピッツプラット駅に到着します。
かなりの高さに見えますが、ここはまだ途中地点。
山頂へはさらにケーブルカーで登ります。

急勾配のケーブルカー

急勾配のケーブルカー

image by iStockphoto / 96931893

ツークシュピッツェ山頂へ向かうルートは二つあって、一つはツークシュピッツプラット駅まで登山鉄道で登り、そこから山頂までケーブルカーで登るルート。
もう一つは途中のアイプ湖駅でケーブルカーに乗り換えて一気に山頂まで登っていくルートです。
どちらのルートにも言えるのは、さすがドイツ最高峰だけあって、ケーブルカーが非常に急勾配なこと。
途中の景色は美しいにせよ、高所恐怖症の人には足が竦みそうです……

山頂からの眺めは天候次第

山頂からの眺めは天候次第

image by iStockphoto / 96119657

こちらが山頂付近からの景色。
山の天気は変わりやすいので、眺めの良さは天候次第。
天気が良ければガルミッシュパルテンキルヒェン町や遠くの山々まで一望の大パノラマを満喫できます。
それにしても、こんな厳しい環境の中で、鉄道やケーブルカーを建設するなんてすごい!興味のある方は公式ページをご覧になってはいかがでしょう。
素晴らしい景色がたくさん見られますよ。

鏡のような湖面が美しいアイプ湖

鏡のような湖面が美しいアイプ湖

image by iStockphoto / 81247165

湖面に映し出された雄大な山々の姿が美しいアイプ湖も、またこの町の見所の一つです。
ツ-クシュピッツェへの行き帰りに立ち寄ることが出来るので、ぜひ時間を取って訪れてみることをおすすめします。
湖畔を散策したり、ボートに乗ったりして、家族や恋人とゆっくりと大自然を楽しみたいですね。

アイプ湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 アイプ湖
名称(英語) Eibsee
住所 Grainau, Bavaria, Germany
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://de.wikipedia.org/wiki/Eibsee
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

忘れてはならないウィンタースポーツ

忘れてはならないウィンタースポーツ

image by iStockphoto / 83868209

ガルミッシュ パルテンキルヘンと言って忘れてはならいのはウィンタースポーツ。
ここはスキーやスノーボードを始め、ウィンタースポーツを楽しめるドイツ屈指のリゾート地として名高い町なのです。
その中でも一番有名なのはツークシュピッツェのスキー場。
初心者から上級者まで、レベルに応じて存分に楽しめるコースが用意されているので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

夏に訪れても魅力的な町

夏に訪れても魅力的な町

image by iStockphoto / 100088539

寒いイメージの町ですが、夏も避暑地として人気です。
トレッキングはもちろん、サイクリング、ゴルフ、カヌーなどの、さまざまなアクティビティが用意されています。
山岳地の地形を生かしたパラグライダーもぜひ体験したいことの一つです。
アルプスの山々や眼下に広がる景色を眺めながらの空中散歩は、この上なく気分爽快に違いありません。

人々のぬくもりが感じられる町

人々のぬくもりが感じられる町

image by iStockphoto / 79997553

シンとした静けさの中にも、温かみのあるカラフルな町並み。
家々は美しい壁絵で飾られています。
ドイツ屈指のリゾート地だけあって、ホテルやレストランには困りません。
お土産物を探してお店を見て回ったり、美味しいビールとドイツ料理を楽しみながら、現地の人々と交流するのも楽しみですね。

ミュンヘンからは電車で約1時間半

ミュンヘンからは電車で約1時間半

image by iStockphoto / 80009057

夏は美しい自然を満喫しながらリラックスできる避暑地として、冬はウィンタースポーツの楽しめる町として人気のガルミッシュ パルテンキルヘン。
バイエルン州の州都ミュンヘンからは、電車で1時間半ほどのアクセスです。
ここから少し足を伸ばして、ノイシュバンシュタイン城やリンダーホーフ城を見学すれば、さらに旅も充実しそうです。

一生忘れられない思い出の旅に

いかがでしたか?今回はドイツ屈指のリゾート地、ガルミッシュ パルテンキルヘンをご紹介しました。
アルプスの雄大な自然を堪能できるこの町なら、一生忘れられない思いで作りができそうです。
ドイツへ行く方はぜひこの町も旅先の候補に入れてみてくださいね。
photo by iStock