タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選

タイの首都・バンコクから約160kmの位置にある「パタヤ」はタイの代表的なリゾート地。マリン・アクティビティやショッピングなどが発展したパタヤは、昼の観光にも夜の観光にも適した場所です。今回はパタヤを味わい尽くす人気スポット10選をご紹介します。

パタヤで最も有名なパタヤビーチ

パタヤで最も有名なパタヤビーチ

image by iStockphoto / 15154862

「パタヤビーチ」はパタヤ湾に面して南北にカーブを描くように約4km続くビーチで、パタヤで最も有名なビーチです。
常に観光客や地元の人々で賑わうパタヤ・ビーチでは、海水浴のほかにもパラセイリングやバナナボード、ジェットスキーなどのマリン・アクティビティを楽しめます。

ビーチ沿いには多くのレストランやカフェ、ショップが建ち並んでおり、海を満喫した後は食事とショッピングをするのも良いですね。
夜にはバーがオープンし、アジア屈指の歓楽街となります。

パタヤビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 パタヤビーチ
名称(英語) Pattaya Beach
住所 Pattaya, Cholburi
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/area/pattaya.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青空の下で楽しむアミューズメントがたくさん・パタヤ・パーク

青空の下で楽しむアミューズメントがたくさん・パタヤ・パーク

image by iStockphoto / 14927639

パタヤ中心部にあるアミューズメント施設「パタヤ・パーク」では地上およそ200mから急降下する絶叫マシーンやジェットコースターなど、マリンスポーツとはまた違ったスリリングな体験が出来ます。
屋外に作られたプールでは青空を眺めながらゆっくり過ごすことも。

また、パーク内にある「パタヤ・パーク・タワー」はパタヤ・ビーチとジョムティエン・ビーチの両方を一望出来る事で非常に人気です。

パタヤ・パークの住所・アクセスや営業時間など

名称 パタヤ・パーク
名称(英語) Pattaya Park
住所 345 Jomtien Beach, Pattaya City, Chonburi
営業時間・開場時間 9:00-19:00
利用料金や入場料 利用施設・サービスによる
参考サイト http://www.pattayapark.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ショッピングセンター内にあるアンダーウォーター・ワールド・パタヤ

ショッピングセンター内にあるアンダーウォーター・ワールド・パタヤ

image by iStockphoto / 87286955

南パタヤにあるショッピングセンター「テスコ・ロータス」内にある水族館「アンダーウォーター・ワールド・パタヤ」は外国人観光客用の料金設定があるほど人気のスポット。
館内にはタイ近海や世界各国から集められた約4500匹以上の海洋生物を見る事が展示されています。

なかでもみどころは100mもある水中トンネルで、さまざまな海の生き物たちをいろんな角度で眺める事が出来ます。

アンダーウォーター・ワールド・パタヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 アンダーウォーター・ワールド・パタヤ
名称(英語) Underwater World Pattaya
住所 54/1 Moo 11 Sukhumvit Rd., NongprueSub-District Banglamung
営業時間・開場時間 9:00-18:00
利用料金や入場料 450バーツ
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=158
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

テーマパークとして建てられたパタヤ水上マーケット

テーマパークとして建てられたパタヤ水上マーケット

image by iStockphoto / 83603081

パタヤ南部に位置する「パタヤ水上マーケット」は2008年にオープンした水上マーケットをテーマにタイの生活様式を再現したテーマパークです。

バンコク郊外に古くから存在する水上マーケットを模した人工の水上マーケットですが、タイ全土を4つの地域に区分し、それぞれの生活様式での民家や料理、おみやげなどを販売しているため、見ていて飽きることがありません。

パタヤ水上マーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 パタヤ水上マーケット
名称(英語) Pattaya Floating Market
住所 451 /304 Mool 2,Sukhumvi-Road Pattaya Nongprue,Banglamung,Chonburi
営業時間・開場時間 10:00-21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=160
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パタヤを代表する巨大ショー劇場・アランカーン

パタヤを代表する巨大ショー劇場・アランカーン

image by iStockphoto / 82012127

パタヤ中心部にある「アランカーン」は2000席もの客席がある巨大なショー劇場です。
広いステージでは、タイの誕生から現代までの歴史を描いた舞台や、ムエタイ、タイ伝統舞踏のショーなどを見る事が出来ます。
舞台では本物の象や水牛が踊ったり、レーザー光線や花火などあっと驚く仕掛けが盛り込まれているのも見どころの一つ。

最後にはパフォーマーたちと記念撮影も出来ます。
旅の思い出にいかがでしょうか?

アランカーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 アランカーン
名称(英語) Alangkan
住所 K.M 155, Jomtien,Chonburi
営業時間・開場時間 17:00-19:00
利用料金や入場料 ショーのみ1,000バーツ(食事つき1,200バーツ)
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=165
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆったり過ごしたい人におすすめのジョムティエン・ビーチ

ゆったり過ごしたい人におすすめのジョムティエン・ビーチ

image by iStockphoto / 70347333

パタヤ・ビーチの次に有名な「ジョムティエン・ビーチ」は、パタヤ中心部からミニバスで15分ほどの場所にある澄んだ海と象牙色の砂浜が魅力のビーチです。
パタヤ・ビーチとは違って人が少なく、家族連れや一人旅でゆっくり過ごすにはもってこいの場所です。

ビーチの北側には近代的なホテルやレストラン、コンビニが点在しているので不便さを感じる事なくリラックスして過ごせます。

ジョムティエン・ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジョムティエン・ビーチ
名称(英語) Jomtien Beach
住所 Nong Prue, Bang Lamung, Chon Buri
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cool-bangkok.com/sightseeing/sightseeing.php?id=00968
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

珍しい熱帯植物が見られるノン・ヌッ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン

珍しい熱帯植物が見られるノン・ヌッ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン

image by iStockphoto / 64737331

「ノン・ヌッ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」はパタヤ郊外にある広大な公園です。
園内では熱帯植物やラン園、ココナッツ林など日本では見る事の出来ないダイナミックな植物をたくさん見る事が出来ます。

特にエレファントショーは必見で、象が絵を描いたり、サッカーをしたりするショーは有名です。
他にも象乗り体験やムエタイ、民族舞踊などさまざまなプログラムがあります。

ノン ヌッ トロピカル ボタニカル ガーデンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ノン ヌッ トロピカル ボタニカル ガーデン
名称(英語) Nong Nooch Tropical Botanical Garden
住所 34/1 Moo7 Na Jomtien Sattahip Chonburi 20250, Pattaya
営業時間・開場時間 8:00-18:00
利用料金や入場料 500バーツ
参考サイト http://www.nongnoochtropicalgarden.com/th/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ユニークな像がたくさんのワット・プラヤイ

ユニークな像がたくさんのワット・プラヤイ

image by iStockphoto / 82402697

パタヤ・ビーチとジョムティエン・ビーチの間の、ブッダヒルと呼ばれる丘の上にある「ワット・プラヤイ寺」は、ビッグブッダという名前でパタヤの人々に親しまれている巨大な仏陀像があるお寺です。

この像は1940年代、パタヤの観光地化のために作られたものだそうで、他にも金色に輝くユニークな像などが建てられています。

ワット・プラヤイの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・プラヤイ
名称(英語) Wat Phra Yai
住所 Sataranaprayot road,Na Kluea, Pattaya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.bangkoknavi.com/miru/448/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

建設途中の聖地・サンクチュアリー・オブ・トゥルース

建設途中の聖地・サンクチュアリー・オブ・トゥルース

image by iStockphoto / 19401942

東洋のサグラダファミリアとの異名を持つ「サンクチュアリー オブ トゥルース」は、1981年の建設開始からおよそ30年以上もかけて建設しているお寺です。
現在までにおよそ325億円をかけて建設されているこのお寺は、17世紀から伝わるタイの木造建築技術を後世に伝えることを目的としているため、金属の釘を一切使わない木造建築にこだわって作られています。

完成までにはさらにあと15年ほどかかるといわれており、さらなる進化が期待できそうです。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの住所・アクセスや営業時間など

名称 サンクチュアリー・オブ・トゥルース
名称(英語) The Sanctuary of Truth
住所 206/2 Moo 5, Soi Naklua 12 , Naklua, Banglamung, Chonburi
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 450バーツ
参考サイト http://www.sanctuaryoftruth.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夕焼けが美しいラーン島

夕焼けが美しいラーン島

image by iStockphoto / 82126261

バタヤ・ビーチにあるバリハイ桟橋から船に乗りたどり着ける「ラーン島」は、パタヤ・ビーチよりもさらに透明度の高い海が人気の島です。

この島はパタヤから約7.5kmのところにある珊瑚礁に囲まれた鮮やかな緑の島で、特に島の北部にあるタウエン・ビーチ周辺は美しい珊瑚が見られ、シュノーケリングなどに最適です。
また、西部のサワイ・ビーチやサメー・ビーチから見られる夕焼けは格別です。

大人も子どもも楽しめる都市・パタヤ

パタヤには美しいビーチや、珍しい動植物が見られる植物園や水族館、都会的な公園や、タイ文化をテーマにしたテーマパークなど、大人も子どもも楽しめる観光スポットが多く存在します。
また、歓楽街も有名で、大人の夜も楽しく過ごせます。
是非家族やカップルで訪れてください。
photo by iStock