「鴨川」周辺を歩く京都観光を楽しもう!おすすめスポットやグルメまとめ

京都市内を流れる全長約31キロの「鴨川」。平安京の時代には都の東の境界でもあり、現代では河川敷が遊歩道にも整備され、市民にも観光客にも愛される川となっています。この鴨川沿いは、京都ならではの観光やグルメが楽しめる場所ですので、鴨川にそってご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

「鴨川」の豆知識

「鴨川」の豆知識

image by iStockphoto / 86332677

京都駅よりも少し東を流れる鴨川を上流へのぼっていくと、賀茂川と表示されているものに出会うことがあります。
加茂川の表記をふくめて、どれも「かもがわ」で、どれが間違いということはないそうです。
古代、賀茂氏の領地であったことで「賀茂」が使われていたことや、高野川で合流する地点より上流を「賀茂川」、下流を「鴨川」と区分けするための表記の違いであった時代もありました。

現在は、一級河川として「鴨川」の表記に統一されていますが、地名や古い橋などでは、加茂の文字をみることができます。

鴨川の住所・アクセスや営業時間など

名称 鴨川
名称(英語) Kamo River
住所 京都府京都市北区・伏見区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%A8%E5%B7%9D_(%E6%B7%80%E5%B7%9D%E6%B0%B4%E7%B3%BB)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自然の美しさを保つ川

自然の美しさを保つ川

image by iStockphoto / 103367209

鴨川の両側には、古い建物も新しい建物もあり、道路や大きな橋もかかっています。
それでも水流がきれいに保たれているのは、かつて水害にあった際に鴨川が氾濫した後の工事で、川幅を広くすることや流れをせき止める工夫をが施されたからです。

生き物にとっても大切な川で、上流には特別天然記念物のオサンショウウオの生息域があったり、冬になると越冬するためのユリカモメの姿も見られます。
市民の手による河川の環境保護やゴミ拾いなどが通年行われているので、いつでもきれいな川を眺めることができます。

春のお花見シーズンがおすすめ「京都御所」

春のお花見シーズンがおすすめ「京都御所」

image by iStockphoto / 9265891

賀茂川と高野川の合流点にかかる賀茂大橋のそばにあるのが、京都御所です。
東西約250メートル、南北約450メートルの広い京都御苑のなかにあり、歴代天皇が即位した建物や古いものでは1855年に造られたものも残る、宮内庁管轄の施設です。

長い壁で囲われた庭園には、たくさんのサクラが植えられ、春には美しい風景が見られます。
御苑内に入るのは無料ですが、夕方早めに閉門してしまうので、お昼すぎくらいまでに入りましょう。
鴨川沿いにも枝垂れ桜が咲きますので、あわせてみたい春の風景です。

京都御所の住所・アクセスや営業時間など

名称 京都御所
名称(英語) Kyoto Imperial Palace
住所 京都府京都市上京区
営業時間・開場時間 4-8月9:00-17:00、10-2月9:00-16:00、3・9月9:00-16:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夏にはここでランチも 「納涼床」

夏にはここでランチも 「納涼床」

image by iStockphoto / 66070341

鴨川上流の貴船神社近くでの、竹林に囲まれ川のすぐそばにある納涼床も有名ですが、鴨川沿いの納涼床もおすすめです。
江戸時代から、建物の外へ櫓を組むように桟敷席を設け、川からの風で涼みながら一杯飲むという町衆流の文化が続いています。

京料理のお店はもちろん、イタリアンありカフェありとさまざまなメニューはもちろん、お手頃価格でのランチやティータイム、ディナーまで楽しめるお店など多数あります。
季節限定で鴨川で育ったアユを食べさせてくれるお店もありますよ。

image by iStockphoto / 96623943

納涼床の住所・アクセスや営業時間など

名称 納涼床
住所 京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kyoto-yuka.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

しっとりとした大人の雰囲気「祇園」

しっとりとした大人の雰囲気「祇園」

image by iStockphoto / 35778034

鴨川にそって下ると、京都市内でも特に賑わっている三条から四条通りに入ります。
この川沿い一体が祇園エリアで、かつてはお寺の門前町として、また中心部から少し離れた大人の遊び場として栄えてきた場所です。
今でも一見さんお断りのお店もありますが、観光客向けのお店もあるので、食事をしてちょっと酔いを冷ますように、夜の鴨川沿いを歩く楽しみもあります。

舞妓さんの稽古場等もありますので、運がよければ舞妓さんと写真を撮らせてもらうこともできるかもしれませんね。

image by iStockphoto / 2668794

祇園の住所・アクセスや営業時間など

名称 祇園
名称(英語) Gion
住所 京都市東山区祇園
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.gion.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京の食材やお土産ものなら「錦市場」

京の食材やお土産ものなら「錦市場」

image by iStockphoto / 82072617

四条河原町駅から西に歩くと、京の台所といわれる「錦市場」になります。
東西約400メートルにわたって、100件以上のお店が並び、どこも通りに面して商品を並べてあるので、その日のおすすめ品がすぐ見て買えるようになっています。
京都市内の料理店や旅館のプロ御用達の食材もあれば、家庭の手軽な夕飯材料になるような加工食品もあります。
 

漬物やお惣菜を炊く匂いも楽しみながら、京都ならではの食のお土産なら、ここで購入がおすすめです。

錦市場の住所・アクセスや営業時間など

名称 錦市場
名称(英語) Nishiki Market
住所 京都府京都市富小路通四条上る西大文字町609
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kyoto-nishiki.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歌舞伎発祥の地 「南座」

歌舞伎発祥の地 「南座」

image by iStockphoto / 96925551

四条大橋の東にあるのが、伝統を伝える歌舞伎の「南座」です。
踊りの名手であたった出雲の阿国が、四条河原町でかぶき踊りをはじめたことが歌舞伎の発祥とされ、同じエリアで1615年~1623年頃に公に認められた7つの櫓の中で現存する唯一の場所であることから、発祥の地とされています。

伝統の場所で歌舞伎を観劇できれば、京都の伝統にもより深くふれられることでしょう。

京都四條南座の住所・アクセスや営業時間など

名称 京都四條南座
名称(英語) Minami-za
住所 京都府京都 市東山区四条通大和大路西入中之町198
営業時間・開場時間 公演による
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鴨川へのアクセス

鴨川へのアクセス

image by iStockphoto / 98615881

鴨川らしさを先ず見たい場合は、京都市役所や四条河原町を目印に移動しましょう。
そこから、東方面に歩くと鴨川にぶつかりますので、橋の側から遊歩道に降りて、のんびりと散策ができます。

京阪本線も鴨川沿いに走っていますので、三条または祇園四条で下車するとすぐに鴨川が目に入ってきますし、繁華街になっていますのでランチやショッピングもしやすい場所です。

季節と一日の移り変わりも

自然を守りながら、京都らしさを残して栄えている鴨川エリア。
四季ごとの風景も楽しめますし、一日の中でも朝日をあびる川から夜の灯りに照らされる川までさまざまな表情を見せてくれますので、ぜひ訪ねて歩いてみてください。
photo by iStock