デンマーク観光といえばここ!「コペンハーゲン」で行くべき絶景スポット10選

デンマークの首都「コペンハーゲン」は北欧ならではのメルヘンでロマンチックなお城や公園が多く存在する街です。カラフルで優雅な街並みは歩くだけで幸せな気分に。今回はコペンハーゲンで行くべき絶景スポットを10選ご紹介します。

堂々たる存在感のコペンハーゲン市庁舎

堂々たる存在感のコペンハーゲン市庁舎

image by iStockphoto / 79527013

コペンハーゲンで最も高いおよそ105mもの高さの塔を持つ「コペンハーゲン市庁舎」は1905年に建てられたコペンハーゲン6代目の市庁舎です。
中世デンマーク様式と、北イタリア・ルネッサンス様式を混ぜ合わせた建物は、無機質なイメージの日本の市庁舎とは違って重厚な佇まいです。

なかでもホールに飾られたイェンス・オルセンの天文時計は100年に1000分の1しか誤差が生まれない事で有名です。
中庭はとても静かで、休憩にもおすすめのスポットです。

コペンハーゲン市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 コペンハーゲン市庁舎
名称(英語) Copenhagen City Hall
住所 Rådhuspladsen 1, 1599 København, Denmark
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Denmark/Copenhagen/sightseeing/around_Radhus/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロマンチックな愛の住処・ローゼンボー離宮

ロマンチックな愛の住処・ローゼンボー離宮

image by iStockphoto / 100017637

コペンハーゲンを代表する「ローゼンボー離宮」は1606年から28年の長い時間をかけて作られたクリスチャン4世の夏の離宮です。
オランダ・ルネッサンス様式の荘厳なお城で、内装はとても豪華絢爛。
クリスチャン4世とその王妃との愛の新居でもあったことから大変縁起が良いといわれ、カップルにもおすすめのスポットです。

コペンハーゲンの中心部にあるため、散歩ついでに周辺を散策してみるのも良いですね。

ローゼンボー離宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 ローゼンボー離宮
名称(英語) Rosenborg Castle
住所 Øster Voldgade 4A, 1350 København, Denmark
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kongernessamling.dk/rosenborg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アンデルセンが愛したニューハウン

アンデルセンが愛したニューハウン

image by iStockphoto / 89142271

たくさんの小舟が停まる運河に沿ってカラフルで可愛い木造家屋が建ち並ぶ「ニューハウン」はコペンハーゲンの中でも絶好の撮影スポットです。

お洒落な佇まいのカフェや雑貨屋もあり、夏にはテラス席に座って運河を眺めながら食事が楽しめます。
このエリアはコペンハーゲン出身のお伽噺作家・アンデルセンが愛した地としても知られ、実際に3つあるアンデルセンの住まいが現在も残されています。

ニューハウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ニューハウン
名称(英語) The Memorial Anchor (Mindeankeret)
住所 Nyhavn 1F, 1051 København K, Denmark
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ニューハウン
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コペンハーゲン発祥の地・クリスチャンボー城

コペンハーゲン発祥の地・クリスチャンボー城

image by iStockphoto / 12734799

運河に囲まれたバロック様式の宮殿「クリスチャンボー城」1167年にアプサロン大主教によって建立されたコペンハーゲン発祥の地です。
かつては王宮として使われていましたが、現在は国会議事堂や裁判所、迎賓館として使われています。

地下には12世紀の遺跡が残り、王家の王持つなどが多く展示されています。

クリスチャンスボー城 の住所・アクセスや営業時間など

名称 クリスチャンスボー城
名称(英語) Ruinerne under Christiansborg
住所 Christiansborg Slotsplads, 1218 København, Denmark
営業時間・開場時間 火曜日から日曜日10:00-17:00
利用料金や入場料 ジョイントチケット 大人:150 クローネ 学生:125 クローネ 子供(4-17歳):75 クローネ 
参考サイト http://kongeligeslotte.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

見事な交替式が見られるアメリエンボー宮殿

見事な交替式が見られるアメリエンボー宮殿

image by iStockphoto / 86411143

18世紀末、クリスチャンボー城が火事に遭った際に一時的に宮殿にしていた「アメリエンボー宮殿」は、クリスチャンボー城と比べるとシンプルな外観ですが、ここの見どころは何といっても衛兵の行進です。

正午ちょうどになると見事な行進の交替式を見物出来ます。
また、内部は大きく4つの建物に分かれており、その中の2つがクリスチャン8世の宝物展示室や、アメリエンバー博物館として開放されています。

アメリエンボー宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 アメリエンボー宮殿
名称(英語) Amalienborg
住所 Amalienborg Slotsplads 5, 1257 København K, Denmark
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kongernessamling.dk/amalienborg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コペンハーゲンの子どもたちが育ったチボリ公園

コペンハーゲンの子どもたちが育ったチボリ公園

image by iStockphoto / 87158631

1843年に開園された「チボリ公園」は、コペンハーゲン達で育った多くの人々が子ども時代を過ごした遊園地で、その美しさはウォルト・ディズニーが参考にしたともいわれているほどです。

当時、それまで娯楽施設が少なかったコペンハーゲンに、階級の差なく楽しめるような場所を作りたいという思いから作られたこの場所では、現在でも様々なアトラクションや、パントマイムショー、音楽のライブなどが開催され、たくさんの人々で賑わっています。

チボリ公園 の住所・アクセスや営業時間など

名称 チボリ公園
名称(英語) Tivoli
住所 Vesterbrogade 3, 1630 København, Denmark
営業時間・開場時間 金曜日-土曜日 11-24
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tivoli.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヨーロッパを代表する歩行者天国・ストロイエ

ヨーロッパを代表する歩行者天国・ストロイエ

image by iStockphoto / 39827704

世界初の歩行者天国といわれている「ストロイエ」は、コペンハーゲン市庁舎広場から、コンゲンス・ニュート広場までを繋ぐショッピングストリートです。
ストロイエには高級ブティックが建ち並び、まるで日本の銀座のような趣。

日本でもお馴染みの陶磁器メーカー「ロイヤル・コペンハーゲン」もあり、ルネッサンス様式の店内に併設されたカフェでは美味しいコーヒーやサンドイッチが味わえます。
他にも教会や家屋などヨーロッパらしい建物が並び、歩いているだけで充分楽しめるエリアです。

ストロイエの住所・アクセスや営業時間など

名称 ストロイエ
名称(英語) Strøget
住所 Strøget København Denmark
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%A8
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

市民たちから親しまれるフレデリクス教会

市民たちから親しまれるフレデリクス教会

image by iStockphoto / 102474927

アメリエンボー宮殿などを建築した建築家・ニコライ・アイトブによって建設された「フレデリクス教会」は建設当初からノルウェー産の高価な大理石を使用していたため大変費用がかかり、何度も建設中止となりました。

そのため完成までにおよそ100年以上の時間がかかりましたが、大理石がふんだんに使われたロマネスク・バロック様式は大変美しく、コペンハーゲンの人々からは「大理石の教会」と呼ばれ親しまれています。

フレデリクス教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 フレデリクス教会
名称(英語) Frederik\’s Church
住所 Frederiksgade 4, 1265 København, Denmark
営業時間・開場時間 木曜日と土曜日 10:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.marmorkirken.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

星形のカステレット要塞

星形のカステレット要塞

image by iStockphoto / 78084671

コペンハーゲン港からの侵入を防御する目的で1662年に建設された「カステレット要塞」は、ヨーロッパ各地に見られる星形をした要塞です。
現在はその大部分が破壊され、「チャーチル公園」と名付けられ緑が美しい星型の公園として生まれ変わっています。
園内には聖アルバニ教会があり、そのそばにはゲフィオンの噴水があります。

水しぶきの中、噴水中央に置かれた4頭の雄牛と女神の象は迫力満点。
また、公園の名前の由来となったイギリスの政治家・ウインストン・チャーチルの銅像も飾られています。

カステレット要塞の住所・アクセスや営業時間など

名称 カステレット要塞
名称(英語) Kastellet
住所 Gl. Hovedvagt, Kastellet 1, 2100 København, Denmark
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kastellet.info/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コレクションが有名なニュー・カールスベア美術館

コレクションが有名なニュー・カールスベア美術館

image by iStockphoto / 102603357

1888年、有名なデンマークビールのカールスベア社の創設者J.C.ヤコブセンによって開設された「ニュー・カールスベア美術館」は19世紀から20世紀にかけてコレクションされたエジプト、メソポタミア、ローマ、ギリシアなどの彫刻、美術品、石棺などのコレクションが有名です。

また、その外観自体も大変美しく、ガラスがふんだんに使われた白亜の館内には光が差し込みます。
パティオには緑の木々が豊かに茂り、カフェでくつろぐことも出来ます。

ニューカールスベア美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ニューカールスベア美術館
住所 Dantes Plads 7, 1556 København, Denmark
営業時間・開場時間 火曜日-日曜日11:00-18:00 月曜日に閉館
利用料金や入場料 大人:95 デンマーククローネ 火曜日:無料
参考サイト http://www.glyptoteket.dk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北欧の魅力がたくさんつまったコペンハーゲン

コペンハーゲンはアンデルセン童話の生まれた街でもあり、優雅で可愛い街並みが魅力です。
緑豊かな自然と運河に囲まれたコペンハーゲンは北欧の玄関口。
北欧の旅行はここから始まります。
是非ここ、コペンハーゲンから北欧旅行を初めてはいかがでしょうか。
photo by iStock