富山県「立山」の絶景に感動…立山のおすすめコースや行き方、所要時間や周辺観光スポットまとめ

立山は、富士山、白山と並ぶ”日本三霊山”として、古から山岳信仰の対象として選ばれてきた場所です。峰は雄山、大汝山と富士ノ折立の3つから成り立ち最高峰は大汝山の3015m!かなりの高さに怯んでしまいそうですが、じつは標高2422mの室堂平までは乗り物に乗って行けるんです。さっそく見てみましょう。

あっという間に1/3”立山ケーブルカー”

あっという間に1/3”立山ケーブルカー”

image by iStockphoto / 81688645

富山地方鉄道の立山駅が、富山県側からの立山黒部アルペンルートの出発点になります。
ここから”立山ケーブルカー”に乗って標高977mの美女平に到着です。
所要時間は約7分です。
紅葉のシーズンとなれば、眼下に赤の世界が広がって美しいと人気なんですよ。

立山ケーブルカーの住所・アクセスや営業時間など

名称 立山ケーブルカー
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺千寿ケ原
営業時間・開場時間 公式サイトURL参照
利用料金や入場料 公式サイトURL参照
参考サイト http://www.alpen-route.com/access_new/timetable/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伝説の美女杉にお願いを…”美女平”

伝説の美女杉にお願いを...”美女平”

image by iStockphoto / 60587726

ケーブルカーとバスの乗り継ぎ地点である美女平です。
駅には伝説の美女杉があり、恋のお願いをすると成就するのだとか…。
また近くには森林浴100選にも選ばれたブナや杉の原生林があるので、時間があれば散策をされてもいいですね。

美女平の住所・アクセスや営業時間など

名称 美女平
住所 富山県中新川郡 立山町芦峅寺美女平
営業時間・開場時間 公式サイトURL参照
利用料金や入場料 公式サイトURL参照
参考サイト http://www.alpen-route.com/access_new/timetable/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ラムサール条約に登録”弥陀ヶ原湿原”

ラムサール条約に登録”弥陀ヶ原湿原”

image by iStockphoto / 62904750

立山高原バスを途中下車すると、弥陀ヶ原湿原を散策できますよ。
湿原の中に敷かれた木道を通って「餓鬼の田」と呼ばれる池塘やワタスゲなどの高山植物の観察ができるのでおススメです!ただし下車の際にはバス停スタッフの方に申し出ておかないと、ここからの乗車が出来なくなるので気を付けてくださいね。

弥陀ヶ原湿原の住所・アクセスや営業時間など

名称 弥陀ヶ原湿原
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.town.tateyama.toyama.jp/ramsar/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

雄大な景色が望めるぞ”室堂平”

雄大な景色が望めるぞ”室堂平”

image by iStockphoto / 103967375

立山高原バスに乗って50分(美女平→弥陀ヶ原まで30分→室堂平まで20分)、ここから登山が始まります!と思ったら、観光スポットが結構あるんです。
登山をなさらない方は、こちらをメインに廻られたらよろしいと思います。

image by iStockphoto / 71207853

ここからは、立山の三山のほか剱岳など3000m級の山々が望めるんです。
水面に立山の影が入りハート形にみえる”みくりが池”や火山ガスを噴出させている”地獄谷”など見どころ満載!でも、火山ガスの発生が多いときは通行止めになることもあるんだそうです。

image by iStockphoto / 65592061

それと立山は、特別天然記念物である雷鳥が日本で最も多く生息している山なんです!高山でしか観ることのできない権化のような生物に会ってみたいですよね。
でも年々個体数が減少傾向にあるようなので、見ても見てないふりをしておきましょうね。

室堂平の住所・アクセスや営業時間など

名称 室堂平
住所 富山県中新川郡 立山町芦峅寺
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.town.tateyama.toyama.jp/spot/index.html#murodoudaira
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

登山に挑戦”室堂ターミナル”

登山に挑戦”室堂ターミナル”

image by iStockphoto / 77074391

立山の一番長い登山コースは室堂ターミナル→新室堂乗越→別山→真砂岳→大汝山→雄山→一之越→室堂ターミナルを約7時間掛けてまわります!一般的には、2時間程度の登山コースを選ばれるそうですけど…。
また、雄山神社では登拝料を払えば神主さんが祝詞をあげてお祓いをしてくださるんだそうですよ。

image by iStockphoto / 90698291

山頂からは、晴れた日であれば北アルプスの槍ヶ岳の穂先まで望め、眼下にはさっきまでいた室堂が箱庭のように小さく見えるんだそうです。
登った甲斐があった景色が必ず見られますよ!登山の適期は7月中旬~9月下旬です。

室堂ターミナルの住所・アクセスや営業時間など

名称 室堂ターミナル
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林内室堂平 室堂ターミナル
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.town.tateyama.toyama.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長野側に下りれば”黒部平”

長野側に下りれば”黒部平”

image by iStockphoto / 75787893

室堂から来た道を帰ってもいいのですが、長野県側に出る道を行けば黒部湖や、黒部ダムが観られます!黒部湖で遊覧船ガルベに乗れば、日本で一番標高の高いクルージングを楽しむことができますよ。

image by iStockphoto / 75787621

黒部ダムでは、例年6月26日~10月15日にかけて毎秒10立方メートル以上の大迫力の観光放水が行われます。
ビューポイントとして、展望台や外階段、新展望広場が設置されていて間近で観ることができます。
晴れた日には、虹も現れますよ。

黒部平の住所・アクセスや営業時間など

名称 黒部平
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kurobe-dam.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さぁ、行ってみよう!

かつては女人禁制で、山伏や修行僧の修行の場だったなんて思えないほど、快適で便利に整備されていますね!それも先人達のお蔭と感謝しながら、登山に臨みたいですね。
photo by iStock