黒川温泉の客室露天風呂(部屋風呂)がある旅館ならここ!おすすめ温泉宿12選

2人だけ、家族だけの露天風呂って贅沢ですよね。実は「客室露天風呂」を兼ね揃えた温泉宿って、そんなに多くないのはご存知ですか。Wondertripでは黒川温泉で人気の個室露天風呂付きの温泉宿をまとめました。黒川温泉のおすすめ旅館を、12つ紹介させていただきます。

黒川温泉とは?

黒川温泉とは?

日本の温泉地は歴史のある温泉であればあるほど栄えては、衰退の歴史を繰り返しています。
衰退時期にどんな工夫をしたか、誰が支援したかによって運命は変わります。

熊本県阿蘇郡の黒川温泉も衰退の時期がありました。
これを乗り越える原動力になった人が新明館の後藤哲也です。
後藤は「お風呂に魅力がないとお客様は来ない」との信念のもと3年の歳月をかけて自ら洞窟風呂や自然の木に覆われた露天風呂を作りました。
すると噂を聞きつけ特に女性客がくるようになりました。

他の旅館もこれにならってそれぞれ趣のある露天風呂を造るとお客様が増えだしました。
露天風呂が作れない旅館もあるので温泉街が一丸となって入湯手形という切符を作り出し、これがあれば3か所まで他の旅館のお風呂に入れるようにしました。

これをきっかけに温泉街全体での取り組みが増え、看板を廃止して自然の緑や統一されたしゃれた案内版を増やすなど景観づくりに励んだ結果現在の繁栄につながっています。
全国的にも有名になり、他の旅館経営者も見学に来るほどになりました。

#1 黒川温泉 山あいの宿 山みず木


黒川温泉全体に貫かれている「ありのままの自然や趣のある風情を重んじる」という方針は「山みず木」を見てもわかります。
「山みず木」は黒川温泉街東の渓流に沿って佇んでいます。
緑の木々のトンネルを抜けたところにある玄関、そして山小屋風の黒い太い柱で構成されたロビーを通って館内に入ります。
お部屋も繊細な純和風の味わいと山小屋風の大胆な柱の使い方が融合された、様々な趣の部屋が用意されています。
石造りと檜づくりの露天風呂付の部屋も風情があります。

大露天風呂は渓流の音が聞こえるよう川のそばに作られ、自然に溶け込むように岩と木々に囲まれたお風呂です。
内風呂も男女それぞれ大きな窓の広々した檜風呂と石風呂を設けています。
いずれも非の打ちどころのないしつらえです。

料理も無理に豪華にせず山の幸にこだわっています。

黒川温泉 山あいの宿 山みず木のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 山あいの宿 山みず木
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
電話 0967-44-0336(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし、または不明
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.9 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 14,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉 山あいの宿 山みず木」のプランをチェック >

黒川温泉 山あいの宿 山みず木の詳細ページ

#2 黒川温泉 源流の宿 帆山亭<離れ宿>



山みず木とは別の最上流「東奥黒川」に位置する帆山亭。
真横を渓流が流れる露天風呂「天狗の湯」は自然に溶け込んだ野趣あふれる露天風呂です。
女湯の「仙女の湯」も渓流沿いの岩風呂になっています。

客室はそれぞれ趣のことなる個性あふれる部屋が11室あり、全て露店風呂付です。
1部屋は宮大工が腕を振るった離れになっており、ついている風呂は内湯ですが旅館の大浴場といってもいいお風呂。
また3つある特別室のうち「かんあおい」の露天風呂も屋根のある湯船と岩風呂の2つの湯船を持っています。

料理は地産地消はもちろんのこと、全国から旬の食材を取り寄せるこだわりです。

黒川温泉 源流の宿 帆山亭<離れ宿>のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 源流の宿 帆山亭<離れ宿>
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町東奥黒川温泉6346
電話 0967-44-0059(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
800円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.7 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 15,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉 源流の宿 帆山亭<離れ宿>」のプランをチェック >

黒川温泉 源流の宿 帆山亭<離れ宿>の詳細ページ

#3 黒川温泉 いこい旅館


「いこいの旅館」は黒川温泉の中心部に位置します。
黒川温泉は「できるだけ自然に打ち解ける」ことを重視していますが、「いこいの旅館」はこの方針を実践していて、門から玄関までは緑に覆われています。

そして「いこいの旅館」の最大の特徴は1つの旅館内で温泉巡りができることです。
敷地内には13のお風呂があり自由に巡ることができます。
温泉旅館の場合、チェックイン時に夕食の時間を聞かれたとき、1時間半後くらいにするのがゆっくり寛げて、かつ時間を持て余さない時間と言われていますが、13も風呂があると半分に入るとしても2~3時間余裕を持った方がいいでしょう。

また客室も敷地内に本館以外に別棟が2つあります。
1つはそのまま1部屋として利用しており、もう1つの別棟もまるで古民家風の1軒屋の雰囲気になっています。

黒川温泉 いこい旅館のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 いこい旅館
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り
電話 0967-44-0552(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
6480円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.8 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 16,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉 いこい旅館」のプランをチェック >

黒川温泉 いこい旅館の詳細ページ

#4 黒川温泉 お宿 野の花



黒川温泉は新明館の後藤哲也が「お風呂に魅力がないとお客様は来ない」との信念で洞窟風呂などを自ら造ったのをきっかけに他の旅館も魅力的な露天風呂を造り、今の人気に結びついています。
しかしお風呂だけではありません。
まるで「部屋に魅力がないとお客様は来ない」と言わんばかりに部屋にも趣向を凝らしています。
ほとんどの旅館で、いわゆる普通の部屋はありません。
ここ「野の花」も、本館、離れに分かれて、古民家風、山小屋風などの趣向を凝らした部屋とその部屋にマッチした露天風呂が造られています。
趣向を凝らしていると言っても派手にしているわけではなく、木のぬくもりを感じるモノトーンの造りが多いのが特徴です。
「自然に溶け込む雰囲気づくり」という黒川温泉の方針がそうさせます。
料理は自家菜園の新鮮野菜を提供しています。

黒川温泉 お宿 野の花のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 お宿 野の花
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6375-2
電話 0967-44-0595(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし、または不明
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 9.99 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 18,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉 お宿 野の花」のプランをチェック >

黒川温泉 お宿 野の花の詳細ページ

#5 山みず木別邸 深山山荘



奥黒川の山みず木の別館として八つの離れに16の部屋からなるお宿を作りました。
それが深山山荘です。
名前の通り山荘の佇まいで全ての部屋にそれぞれ趣の異なった内風呂がついています。
公式サイトで調べて好みの部屋を予約するといいでしょう。
敷地内には共同で入れる広々した桧風呂もあり外来でも利用できます。

黒川温泉は全体として「自然は自然のままに」をモットーにしており深山山荘もかなり山あいのお宿です。
道も狭くなり、近くには虫や動物もいるかも知れませんが、それも楽しめる方々にオススメのお宿になっています。
深山山荘は泊食分離の方針をとっており、食事は敷地内のレストラン「みやまダイニング畦(あぜ)」でいただきます。
外来の方も温泉と一緒に楽しむことができます。

山みず木別邸 深山山荘のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 山みず木別邸 深山山荘
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6393
電話 0120-380-154(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
大人500円 子供300円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.9 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 17,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「山みず木別邸 深山山荘」のプランをチェック >

山みず木別邸 深山山荘の詳細ページ

#6 黒川温泉 旅館 奥の湯



新明館などのある黒川温泉の中心街から少し東の山あいで渓流沿いの温泉街が奥黒川温泉と呼ばれていますが、その入り口付近にあるのがその名も「奥の湯」です。
さらに一番奥にあるのが「山みず木」や「帆山亭」ですが、いずれの旅館も山の自然と渓流を生かした造りになっています。
奥の湯はお風呂だけでも男女大浴場、混浴露天風呂、洞窟風呂、川の風呂、女性専用露天風呂、ひのきの風呂に家族風呂が3つで合計10ものお風呂を擁しています。
それぞれが自然に溶け込んだ野趣あふれる造りになっています。

客室は全26室で本館、離れ、新館に分かれ純和風の和室から徐々に山小屋風やモダンな部屋になっていき、離れや新館の部屋には大きな露天風呂もついています。

食事も趣の異なった4か所の食事処でいただけるというバラエティーの多さです。

黒川温泉 旅館 奥の湯のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 旅館 奥の湯
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6567
電話 0967-44-0021(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
入湯手形1300円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.0 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 9,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉 旅館 奥の湯」のプランをチェック >

黒川温泉 旅館 奥の湯の詳細ページ

#7 黒川温泉 旅館 山河



黒川温泉のはずれ、森に包み込まれるように佇む旅館山河。
黒川温泉では新明館とともに日本秘湯を守る会会員の山河はまさしく自然の中に溶け込んだ秘湯です。
温泉は森の中に溶け込む7つの湯。
混浴露天風呂「もやいの湯」、女性専用露天風呂「四季の湯」、男女別大浴場、3つの貸切風呂があり露天風呂はいずれも木々に囲まれ、内湯は木漏れ日のさす東屋の中にあり野趣たっぷりです。

客室は本館と離れに分かれ、それぞれ太い柱を配した重厚感のある部屋になっており趣向をこらした露天風呂や石風呂の内湯が付いています。

食事は地のもの旬のものをふんだんに使った本格会席料理をお食事処「木々の集い」で召し上がっていただきます。



黒川温泉 旅館 山河のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 旅館 山河
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1
電話 0967-44-0906(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし、または不明
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.6 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 15,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉 旅館 山河」のプランをチェック >

黒川温泉 旅館 山河の詳細ページ

#8 黒川温泉 里の湯 和らく

「里の湯 和らく」は黒川温泉中心街に先代が開業し現在も営業している「お宿 玄河」の新館として奥黒川温泉に開業しました。
当初から田舎の家での宿泊をイメージしたお宿でしたが、時代はますます団体から個人客へと変遷し、和らくもリニューアルし、ご夫婦、カップル向けの大人の宿として変身いたしました。
部屋は11室22名限定で、それぞれの部屋は2人がゆっくりくつろげる大人の空間を目指し、窓を全開すれば露天風呂と思わせる広々とした半露天風呂を全室に配しました。
共同の大露天風呂も自然に溶け込んだ広々とした岩風呂になっており、ワンコインで日帰り入浴もできます。

黒川温泉 里の湯 和らくのアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 里の湯 和らく
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6351-1
電話 0967-44-0690(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
大人:500円 子供:300円 (消費税・入湯税込)(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 8.4 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 31,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
参考サイト http://www.satonoyu-waraku.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

黒川温泉 里の湯 和らくの詳細ページ

#9 黒川温泉御処 月洸樹

月洸樹はお値段も含め、黒川温泉の中ではお客様に「参った」と言わせる旅館。
8棟8室限定で、それぞれの部屋のしつらえが半端じゃないです。
和の落ち着きと、古民家風の大胆さと、洋のきらびやかさをうまく融合し、しかし結果的には重厚感のある落ち着きの空間に仕上げるという最高のデザインを採用しています。
もちろん客室風呂はこのデザインの中に溶け込んでいて別物ではありません。

全室に大浴場並みの露天風呂と内風呂を備えていて、客室風呂とは別に共同の貸切風呂として展望露天風呂があります。
料理は肥後牛、阿蘇王や竹崎蟹など九州ならではの食材を厳選し四季折々の情緒を大切にして提供しされています。

黒川温泉御処 月洸樹のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉御処 月洸樹
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6777-2
電話 0967-44-1717(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 4.5 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 43,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
プランをチェック 「黒川温泉御処 月洸樹」のプランをチェック >

黒川温泉御処 月洸樹の詳細ページ

#10 黒川温泉 いやしの里 樹やしき



奥黒川温泉の樹やしきは黒川温泉でも唯一高台に建つ展望の旅館です。
本館と離れの客室は全て小国郷の銘木で造られており、離れの10室にすべてそれぞれ趣の異なる露天風呂がついているというのは、露天風呂付部屋数では黒川温泉で最高のレベルにあります。
ちなみに丸い石風呂、四角い石風呂、岩風呂、樽風呂などです。

共同のお風呂も充実していて源泉掛け流しの混浴露天風呂や桶湯・立ち湯・華の湯・内湯があります。
ワンコインで日帰り入浴も可能です。
料理は囲炉裏料理が名物で会席料理のほかに阿蘇の要岩石でできたプレートの上で肥後牛や 旬のお野菜を焼いていただくことができます。

黒川温泉 いやしの里 樹やしきのアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 いやしの里 樹やしき
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6403-1
電話 0967-44-0326(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
大人500円子供250円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 8.5 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
価格相場 14,000円~ / 大人1名1泊(黒川温泉の平均は14,200円~)
参考サイト http://www.kiyashiki.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

黒川温泉 いやしの里 樹やしきの詳細ページ

#11 黒川温泉 湯峡の響き 優彩


2000年にリニューアルされた「優彩」は他の黒川温泉の旅館が黒を基調にした渋いしつらえが多い中、和を基調にしながらも比較的明るい雰囲気の内装にしています。
いわゆる和モダンです。
客室露天風呂も木のぬくもりを強調しながらも木漏れ日を入れて明るさを表現しています。
大浴場も渋さだけでなく竹林で覆われた演出をするなどアートな面も見せています。

きわめつけは天文台です。
日本トップクラスの高橋製作所の3種類の望遠鏡で星雲や惑星を見ることができ、星空案内人がわかりやすく解説します。

食事は地元の旬の食材を生かしたお料理を部屋食でも、個室でも囲炉裏でもいただくことができます。
団体用の大広間も和モダンを取り入れた奇抜な造りになっています。

黒川温泉 湯峡の響き 優彩のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 湯峡の響き 優彩
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町満願寺北黒川6554-1
電話 0967-44-0111(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
大人500円、こども300円(小学生)(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 4.5 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
参考サイト http://www.yusai.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

黒川温泉 湯峡の響き 優彩の詳細ページ

#12 黒川温泉 ふもと旅館

黒川温泉街の中心に位置する「ふもと旅館」は黒川温泉発展の立役者の一人です。
黒川温泉の人気のきっかけを作ったのは「お風呂に魅力がないとお客様は来ない」との方針で自ら洞窟風呂を造ったり、自然を生かすことを重んじて木に覆われた露天風呂を造ったりした「新明館」の後藤哲也氏ですが、これにならってでき始めた露天風呂を生かす入湯手形を仕掛けたのは当時の「ふもと旅館」の社長、松﨑郁洋氏でした。
この入湯手形が黒川温泉の名物となって、その後の発展につながりました。
実はアイデアを出したのは女将でした。

独自性をだすことに関して長けていた「ふもと旅館は」近隣の旅館が新明館にならって露天風呂を開発する中、別の方向をめざしました。
それが貸切風呂です。
「ふもと旅館」には7つの貸切風呂があり、通常のお風呂を含めると13の湯船があることになり黒川温泉でも最大級の数になります。
その他ケーキ屋を開くなどユニークな活動をされています。

黒川温泉 ふもと旅館のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 黒川温泉
旅館名 黒川温泉 ふもと旅館
住所 〒869-2402熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り
電話 0967-44-0918(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
中学生以上500円、3歳以上~小学生300円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し なし、または不明
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 4.5 / 10点(黒川温泉の平均は8.31点)
参考サイト http://www.fumotoryokan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

黒川温泉 ふもと旅館の詳細ページ

黒川温泉へ行こう!

いかがでしたか。
黒川温泉の独自調査ランキングをご紹介しました。
黒川温泉は観光スポットとしての魅力にも溢れ、また日帰り温泉施設も充実しています。
ぜひ黒川温泉でリフレッシュしてください。
photo by PIXTA , iStock and so on.