源泉かけ流しのある下呂温泉の旅館・宿泊施設ならここ!おすすめ温泉宿14選

温泉好きの日本人。きっと誰しも「源泉かけ流し」に魅力的な印象を持っているはず!?本日は、下呂温泉で「源泉かけ流し」による温泉を提供している旅館をまとめました。下呂温泉のおすすめ旅館を、14選紹介させていただきます。

下呂温泉とは?

下呂温泉とは?

1000年以上前から薬効が知られ、湯治客がいたとされる温泉地。

江戸時代前半に活躍した儒学者、林羅山が「日本三名泉」として、有馬、草津の湯と並び称される知名度抜群の温泉地。

アルカリ性単純温泉の泉質は、美人の湯の指針となるメタケイ酸など特段多くないものの、滑らかで美肌の湯に相応しいと感じます。
他の薬効についても、当地に岐阜県立下呂温泉病院の温泉リハビリ施設があることなど、その恵みは大きい。

いわゆる温泉街らしい物腰はみえず、狭い道に旅館が面していたり、と温泉情緒は乏しい。
飛騨川の両岸にランダムに大小の旅館、ホテルが立ち並ぶといった雰囲気ですが、宿泊施設以外にも、共同浴場や足湯などが点在し、「湯めぐり手形」の購入で、各施設の様々なお風呂を楽しむことが出来ます。

近年は、温泉噴出量の低下が懸念され、温泉協会が率先して先端の集中的温泉管理が成されて、各宿泊施設へ55度にして提供しているとのことです。

したがって、各旅館の泉質もほぼ同じということになります。

かつては関東から遠い温泉という印象でしたが、安房トンネルの開通、高速道路の整備が進み、安曇野、高山観光や、世界遺産「白川郷」などを旅程に組み込んだ様々なプランが旅行会社から提供されています。

#1 下呂温泉 水明館

チェックイン14:00、チェックアウト12:00というのが、日本中にある巨大温泉ホテルでは珍しい部類。
ゆっくり温泉に浸かり、のんびり過ごすにはうってつけのホテルです。
帰るときはお肌ツルツルかな。

嘗ては、社員旅行、団体客が引きも切らずに詰めかけた宿だと想像がつきます。
客層の変化に対応した、数寄屋風のモダンと和のテイストを合わせた「臨川閣」「飛泉閣」「山水閣」や、離れの「青嵐荘」など、増設してきて様々なニーズに対応できる宿に。

宿の各所に数種類の大浴場、露天風呂、貸切風呂を配し、館外へ出ずとも、バーやラウンジ、クラブなどもあり、一館で全て完結できる、という贅沢な趣向を持っています。
また温泉プール、ジム、エステサロンを備え、至れり尽くせりの館でしょう。

全250室の規模は、東北の鄙びた一軒宿などからは想像もつかない世界で、これはこれで、下呂温泉の一端を見せています。

下呂温泉 水明館のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 水明館
住所 〒509-2206岐阜県下呂市幸田1268
電話 0576-252-800(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
期間限定のプランあり 大人・子ども 1,944円~11,480円 (消費税込・サービス料込)(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 8.9 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 7,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
プランをチェック 「下呂温泉 水明館」のプランをチェック >

#2 下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋

JR下呂駅を出て、飛騨川の橋を渡る頃には前方左に大きなホテルが見えてきます。
振り返れば前出の「水明館」の3つの棟が、川に沿って、これもまた大きく見えます。

その飛騨川の河川敷に、下呂温泉の象徴、「噴泉池」と呼ばれる露天風呂があり、橋の上からよく見えます。
脱衣所も男女の仕切りも無い、野趣豊かな露天風呂ですが、流石に今では、水着着用が義務づけられています。

大きなホテルだけあり、客室、風呂はあらゆるニーズに対応し、大きさ、質、品、を持ち、飛騨川に面した客室からは、到着する頃から暮れていく飛騨の山を眺めていると、旅の疲れ、日頃のストレスがいつしか消えていき、タオル片手に風呂へ行きたくなってきます。

湯船まで、びっしり畳を敷いた「畳風呂」は、「和」の味を演出します。
特殊加工され衛生上は全く問題ないそうです。
筆者も、信州別所温泉や、北陸山中温泉などでも経験しましたが、居心地が良く落ち着けます。
しかし好みが分かれるのも事実でしょう。

当地の名産、飛騨牛を中心に地産地消を旨に、安全安心を心がけるという料理。
飛騨牛は5つの料理をもってして、飛騨牛本来の味を出すことに傾注しているとのこと。

下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島570
電話 0576-25-3121(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
1人 1,620円(税込)~(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 8.1 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 4,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
プランをチェック 「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」のプランをチェック >

#3 下呂温泉 紗々羅

大分前になりますが、確か森山旅館と言っていた時期が。

飛騨川に沿って立ち並ぶ温泉街から少し離れた場所。
高台ということもあり、飛騨川と高層のホテル越しの背後の山並みが茫洋と見えます。

新館「紗々羅館」と本館の森山館、VIP対応の離れ「ゆらり」。
ごく一般的な部屋から、露天風呂付き客室までバリエーションに富んでいます。

本館のラウンジががレトロ調の雰囲気を醸しだし、「湯めぐり手形」で入館する女性に人気です。
昔懐かしい雰囲気に、アールデコの気配を感じさせる家具類、露天風呂までのアプローチで見かける、ステンドグラスなど、立ち留まって見るほどの設いで、女性に人気なのがよく解ります。

上層階の露天風呂はたいへん清潔で、ノスタルジーを感じる脱衣所や、眺望の良さが魅力ですが、周囲に気を遣ってか、安全に配慮したのか、格子を張り巡らせて、景観をスポイルしてしまっているのがまことに残念。

下呂温泉 紗々羅のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 紗々羅
住所 〒509-2202岐阜県下呂市森1412-1
電話 0576-24-1777(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 8.3 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 12,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.sasara.co.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

#4 下呂温泉 冨岳(ふがく)

妙にかしこまった旅館は気疲れすることがありますが、ここの仲居さん達は、フランクなもてなしが上手、というのが宿泊した人たちの大方の感想です。
気軽に温泉宿を楽しむのに良いなと。

JR下呂駅から、飛騨川を渡り少し北へ川に沿って歩くと宿が見えてきます。
料理の評判が頗る良いようで、飛騨牛会席などの宿泊コースを選ぶと、そのコストパフォーマンスの高さがうかがえます。

建物の古さは隠せないものの、他の巨大ホテルと違い、アットホームがウリと言うことでしょうか。
値段に照らせば、素晴らしい宿、ということに。

大浴場からの眺めは飛騨川に沿っているので、ゆったり暮れゆく山並みの刻々と変化する色彩に心和みます。
他の露天風呂や内湯もそれぞれ雰囲気があり、人気の貸切風呂は、狭いものの宿泊予約時に一緒に予約することをお勧めします。

下呂温泉 冨岳(ふがく)のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 冨岳(ふがく)
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島898
電話 0576-25-3428(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 8.2 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 10,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.gero-fugaku.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

#5 つるつるの湯 下呂温泉 みのり荘

安い!。
多く旅をする人にとっては、何よりの魅力かも知れません。

当館は建物が古く、何とも寂れた感じが漂ってきますが、鄙の家と思えば何とも思わないし、温泉に浸かれば全て忘れて了う。

所在地は、温泉街とは逆の方角ですが、駅からは徒歩圏内。

とにかく湯が素晴らしい。
下呂温泉の面目躍如たる温泉。
源泉掛け流しがいかに、気持ちが良いかを堪能できます。
源泉に近い分泉質が良いのだと聞きましたが、洗い場のシャワーまで温泉とは少し驚き。

源泉掛け流しの湯に浸かった後は、流さない方が良い、というのが源泉掛け流し派の主張ですが、人によっては、肌荒れなども考えられますし、賛否両論になりそうですね。

しかし、結局のところ、温泉旅館は「湯」が命なのです。

つるつるの湯 下呂温泉 みのり荘のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 つるつるの湯 下呂温泉 みのり荘
住所 〒509-2206岐阜県下呂市幸田1550
電話 0576-25-3038(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
温泉+昼食:大人1,890円~(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.2 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 4,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.minoriso.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 小川屋別館 ゆらぎ ~YURAGI~

ランキング♯2にあげた小川屋本館の、文字通りの別館です。
別旅館の扱いで紹介します。

ワンランク上の質感を提供します。

トーンを抑えた調度、バルコニー、A4飛騨牛、そして貸切露天風呂「ゆらぎ」、アメニティまで気を配っています。
本館の畳風呂も自由に入れ、これはポイントが高い。
部屋は当然新しく古さを感じません。

宿は増築を重ねると、鰻の寝床のような構造になり、部屋は良いのに大浴場まで遠いとか、食事処が解りにくい、など人によっては不満が出るものです。
随所に設えてある絵などを観たり、活け花を愛でたりして、館内をぶらぶらするのも、温泉旅館の楽しみだ、くらいに思えば済んで了う話で、思わぬ所にお土産屋があったり、と視線を変えれば気になりません。

小川屋別館 ゆらぎ ~YURAGI~のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 小川屋別館 ゆらぎ ~YURAGI~
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島570
電話 0576-25-3121(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
1,620円~(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 7.9 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 6,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
プランをチェック 「小川屋別館 ゆらぎ ~YURAGI~」のプランをチェック >

#7 下呂温泉 離れの宿 月のあかり

下呂温泉、屈指の高級旅館です。

全8棟のメゾネットタイプの離れで構成され、寝室を2階に置き、各棟に内湯、露天、足湯まで揃えて至れり尽くせりのお宿ですが、その分宿泊代も跳ね上がります。

自分へのご褒美とか、大切な記念日に使うなど、利用目的をしっかり定めれば、コスパ云々は言わないで済みそうですね。
経済力のある熟年層に、ぴったりの旅館かも知れません。
情緒たっぷりの温泉街が無い分、こういう施設に籠もるように楽しむのはアリかもしれません。

アプローチから女将の心づくしが感じられ、解体した古民家の材料を上手に使い、高級感にモダンさが加わり、一時を気分良く過ごせます。
夕食時の個室料亭も端正で、高級食材をさらにもり立て引き上げてくれますね。

もともと温泉そのものに文句無しですから、一度は泊まってみたい、そう思わせる旅で、筆者のようにそっちゅう旅に出ている人間には、一生泊まれそうに無い高級旅館でしょうか。

下呂温泉 離れの宿 月のあかりのアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 離れの宿 月のあかり
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島758-15
電話 0576-24-1005(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 8.4 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 29,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://tsuki.gero-spa.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

#8 下呂温泉 ゆらぎの里 ひだ山荘

下呂温泉の中心街、東の高台に立地します。
12室のこじんまりした宿で、目配り、気配りが行き届く大きさ。
高台にある分、歩いて行くには少ししんどいが、湯に浸かればそれも忘れます。

バブル期に各地に造られた、企業の保養地のような作りも微笑ましい。
館内は清潔で、風呂は小さく、露天風呂も無い。
しかし、下呂温泉の湯には違いない。
風呂からの景観は諦めて、部屋の窓から下呂温泉を俯瞰して欲しい。

温泉地は、人が到着する夕方になると、活気が見えて温泉情緒が一気に盛り上がるものですが、下呂温泉の不思議なところは、これだけ様々な業態、大小の宿が林立するのに、温泉街といえる雰囲気がありません。
別府、城崎、草津や、野沢のような温泉街があれば、どれほど楽しいか、などと邪推してしまう。

部屋数が少ない分、食事に手間を掛けている感があり、夕食は手作り感一杯で、お酒が進む。
朝食も、一見豪華に見せるバイキングの手法を採らず、朴葉味噌、温泉卵のような、昔の定番、というのが却って好感触です。

下呂温泉 ゆらぎの里 ひだ山荘のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 ゆらぎの里 ひだ山荘
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島683-1
電話 0576-25-3140(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 7.9 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 7,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.hidasanso.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 下呂温泉 悠久の華(ゆうきゅうのはな)

既に紹介済みの、隣接する人気旅館「富岳」とは姉妹館。
両方の施設を使えるのは大きなアドバンテージ。

全室、飛騨川沿いの部屋。
これは良い。
温泉街の景観を楽しめない以上、自然景観を楽しむしか無い。

食事やもてなしの評価も高いのですが、ウリは「源泉掛け流し温泉付き展望客室」というところでしょうか。

今回、下呂温泉の有名旅館の公式HPを細かく読んでみて、ここは「源泉掛け流し」という文言が、可なり大きく出ていました。

「源泉掛け流し」は、温泉に行くか行かないか、の判断になる重要なコトバです。
下呂温泉の各旅館の公式HPにあまりそのコトバが載っていないので気になっていました。

下呂温泉 悠久の華(ゆうきゅうのはな)のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 悠久の華(ゆうきゅうのはな)
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島898-1
電話 0576-25-3428(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 7.8 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 17,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.yukyunohana.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 下呂温泉 源泉かけ流しのおやど 菊半旅館

下呂温泉の「源泉掛け流し」旅館を特集していますが「源泉掛け流し100%の旅館」を唄っています。
大いに楽しみです。

飛騨川の東側中心部の少し北にあり、予約時に送迎を頼んでおくと良いかも知れません。

館内で全て賄う大型旅館と違い、考え方が、はっきりすっきりしています。
普通の2食付き宿泊、朝食付き宿泊、と素泊まり。

露天などは無いですが、源泉掛け流しの魅力、食事も評価が高いのですが、敢えて、源泉掛け流し100%を感得できるなら、素泊まりを選んで、それこそ毎月行くぐらいが理想ですね。
フロントも心得ていて、お客の嗜好に合わせて近くの食事処をキッチリ紹介してくれます。
温泉フリーク、温泉通におすすめ!温泉三昧に徹して行く旅館。

下呂温泉 源泉かけ流しのおやど 菊半旅館のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 源泉かけ流しのおやど 菊半旅館
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島281
電話 0576-25-3800(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 8.0 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 5,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.kikuhan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 天龍閣

バスが横付けされ、団体客がどっと降りてくる、という宿ではありません。
どちらかと言えば、映画「男はつらいよ」の主人公、寅さんが常宿にしているような、昔ながらの温泉気分や人情をぷんぷん残している旅館かも知れません。
しかも過剰なサービスは無し。

好きな時間に、自由な気分で「源泉掛け流し100%」を24時間楽しめる、それだけで下呂温泉を堪能したことになります。

建物や館内の設いの古さが、レトロ感に替わり、気の向いた時に立ち寄れる温泉旅館、そういう宿が減ってしまいました。

加水、加温無し、もちろん循環も無し、という純然たる源泉掛け流しに拘り、それだけで来た甲斐があったというものです。
アメニティなどに不備を感じる人には向かないかも知れませんが、温泉好きを名乗る人には、うってつけの宿でしょう。

天龍閣のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 天龍閣
住所 〒509-2202岐阜県下呂市森971-30
電話 0576-25-2310(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 4.5 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 11,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://yu-meguri.jp/tenryukaku/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#12 下呂温泉 湯之島館

冒頭で、江戸時代の儒学者、林羅山が「日本三名泉」と名付けた、と書きました。
そういう文言を彷彿させる老舗旅館です。

下呂駅から遠く、温泉場の喧噪はありません。
施設は古く鄙びてさえいますが、手入れが行き届き、趣も加味された堂々たる風格で、「和テイスト」「和風モダン」という余りよく解らないコトバが横溢する温泉旅館が多い中、純粋な「日本旅館」です。

この設いを維持していくためにはそれ相当の覚悟が要るわけで、客の方も、やはり相当の対価を要求されます。
高い分、宿泊して味わった至高の時間も忘れがたいものになります。

城崎温泉「西村屋」、神林温泉「ホテル千寿閣」のように廊下を歩いているだけで、文人墨客の作品がさりげなく掲げられているような宿は、やはりそう多く経験出来るものでは在りません。

客室、風呂、食、そしてサービス、何かの記念日に一度使ってみる、「わざわざ行って感じる」旅館です。

下呂温泉 湯之島館のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 湯之島館
住所 〒509-2207岐阜県下呂市湯之島645
電話 0576-25-4126(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 日帰り温泉プランあり。
昼食+入浴料 6,480円~10,800円 夕食+入浴料 8,640円~10,800円 入浴料 1,000円(最新情報は参考サイトをご参照ください)
客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象
独自採点 9.1 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 11,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
プランをチェック 「下呂温泉 湯之島館」のプランをチェック >

 

#13 下呂温泉 観光ホテル湯本館

大型旅館は、観光バスを引き込み、大広間で宴会料理で盛り上がればいいわけで、眺望の効いた大きな露天風呂に浸かる、そういう楽しみもアリ。

ここは、40室余りの丁度良い大きさの宿。
しかもコスパも高い。
なにより大浴場が、正真正銘の源泉掛け流しというのが嬉しい。
大型旅館では難しいかも。
同じ温泉の筈が、随分と評判が良いのです。

そこで「湯めぐり手形」の購入で、真っ先にいくような旅館でしょうか。
下呂温泉の「湯めぐり手形」は、1200円、提携旅館3館の温泉に入湯できます。
使い方次第ですね。

城崎温泉のように「外湯巡り」が基本の温泉地では無いので、「湯めぐり手形」は、日帰り客にも、源泉掛け流し派にも情報収集に大いに役立ちます。

食の評価も高く、飛騨牛をメインに地産地消の食材で奏でる、和洋懐石が人気。

下呂温泉 観光ホテル湯本館のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 観光ホテル湯本館
住所 〒509-2206岐阜県下呂市幸田1084
電話 0576-25-5100(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 7.4 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
価格相場 8,000円~ / 大人1名1泊(下呂温泉の平均は8,310円~)
参考サイト http://www.yumotokan.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#14 下呂温泉 民宿割烹 松園

最後の紹介は、民宿です。

「湯」に徹した宿に泊まる、と思えば、安く安く泊まったことになります。

おまけにここは、割烹料理屋を併設しているので、2食付の予約でも相当気分の良い食事環境が整っています。

筆者は、老舗旅館以外はほとんど旅の途中に、気分でその日の宿を決めますが、こういう民宿が一軒あると本当に助かります。
長旅をしていると、懐具合も心配になり、民宿は安心安全を旨とします。
思いも掛けず料理が絶品だったりするので、どの温泉地でも民宿のチェックは必要でしょう。

まだまだ紹介したい宿はあるのですが、これから下呂温泉に行こうと思う人たちの一助になれば幸いです。

下呂温泉 民宿割烹 松園のアクセスや露天風呂・日帰りプランなど

エリア 下呂温泉
旅館名 下呂温泉 民宿割烹 松園
住所 〒509-2206岐阜県下呂市幸田1182-1
電話 0576-25-2110(電話をかける
駐車場 駐車場あり
食事 夕食:あり 朝食:あり ※プランによる
日帰り温泉 なし、または不明
客室露天風呂 なし
源泉かけ流し 源泉かけ流しがある
子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう
独自採点 4.5 / 10点(下呂温泉の平均は7.77点)
参考サイト http://www.gero-spa.or.jp/search/31.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

下呂温泉へ行こう!

 

いかがでしたか。
下呂温泉の独自調査ランキングをご紹介しました。
下呂温泉は観光スポットとしての魅力にも溢れ、また日帰り温泉施設も充実しています。
ぜひ下呂温泉でリフレッシュしてください。
photo by PIXTA , iStock and so on.