美しい街並みで選ぶヨーロッパ都市ランキング30

美しい街並みが広がるヨーロッパ。ヨーロッパに数多くの美しい街があります。中世の面影を残す街や、カラフルに彩られた街など。今回は、そんなヨーロッパの都市のなかから、旅行で行きたい都市をwondertripのいいね数やアクセスランキングに基きランキング形式で30個所をご紹介します。

30位 アムステルダム(Amsterdam)/オランダ

オランダの首都のアムステルダム。
運河沿いに街があり、水の都とも呼ばれているオランダを代表する観光地となっている街ですが落ち着いた雰囲気があり、王宮や国立美術館や塔などの芸術的建造物をメインに、春には色とりどりに咲き誇るチューリップが見られる公園などと見どころ満載です。

国立美術館にはオランダを代用する画家であるゴッホやレンブラント、フェルメールの作品が展示されています。
また、画家であるレンブラントが20年間過ごしていた家や、アンネ・フランク一家が隠れて暮らしていた家が今も残されています。

決して派手な街ではありませんが、ガチャガチャした感じがなく気さくな街の雰囲気がとてもいいです。
行き方は日本からアムステルダム空港までの直行便が出ています。
約12時間で到着します。

オランダ・アムステルダムの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ | wondertrip


29位 ニース(Nice)/フランス

フランス最大のリゾート地であるニース。
一年中暖かく、美しい地中海の海岸はいつも観光客でにぎわっています。
ニースは小さな街ですが、ブランド店なども多くショッピングも楽しめます。

また、サレルヤ市場ではお昼頃まで野菜やお花などの屋台が並びます。
ローマ時代の遺跡が残っている公園や、旧市街の街並み、美術館などと見どころは満載。
また、ニースは毎年2月の下旬から約2週間にかけてカーニバルが行われます。

ニース最大のお祭りとあって毎年大賑わい。
夏のニースはもちろん良いですが、2月のニースもまた魅力的です。
ニースまでの行き方は、日本からフランスのパリまで飛行機で飛び、パリからニースまで列車で約5~7時間で到着します。

カプリ島、ニース、ニューカレドニア…絶景が見れる世界のリゾート5選 | wondertrip


28位 プラハ(Praha)/チェコ

チェコの首都であるプラハ。
芸術、美術、音楽の街として愛されているこの街は美術館や博物館、修道院や宮殿などと観光スポットが満載です。

また、プラハは中世ヨーロッパの雰囲気を今も保っており、街のあちこちに歴史的建造物が多く残されていて、まるでおとぎ話の世界に入り込んだかのような感覚を味わえます。
コンサートホールや教会では毎日クラシックの演奏が行われており、格安で本場の音楽を聴くことができます。
路上ライブでも足を止めて聴き入ってしまうほどです。

芸術や美術、そして音楽や歴史が好きな方は行って損は間違いなくないでしょう。
行き方は日本からの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、プラハ空港までとなります。
時間は平均して約12時間ほどです。

チェコ観光ならここ!首都・百塔の街「プラハ」の絶景10選 | wondertrip


27位 ロンドン(London)/イギリス

イギリスの首都であり、ヨーロッパを代表する観光都市であるロンドン。
有名な観光スポットのひとつとして、バッキンガム宮殿があります。
ここで見逃がせないのが楽隊や騎馬隊も参加する華やかな衛兵交代式です。

そして、世界遺産のウェストミンスターも必見。
何世紀もの時間と年月をかけて増改築されてきた教会です。
その姿は圧巻。
さらに、大英博物館とナショナルギャラリー美術館も見どころ。
博物館には世界各国の貴重な発掘物や彫刻品が展示されていて、ミイラコレクションがあるエジプトコーナーも人気。

美術館には13~19世紀のヨーロッパの絵画が多く展示されており、レオナルド・ダヴィンチなどの有名な絵画もみることができます。
ロンドンへは日本から直行便が出ています。
約12時間ほどで到着します。

美しすぎるロンドンの夜景10選 | wondertrip


26位 バーミンガム(Birmingham)/イギリス

ロンドンに続く第二の都市であるバーミンガム。
見どころはバーミンガム美術館のギャラリーとデジタルプラネタリウム、そいえ屋外化学庭園のあるシンクタンク科学博物館です。

ザ・ブルリングなどのショッピング街も魅力的。
また、街ではイベントが多いので探索しながら見に行ってみるのもいいでしょう。
シンフォニー・ホールやバーミンガム・ヒポロドームでは地元の団体が行うコンサートやバレエなどの公演を楽しめるのも魅力のひとつです。
夜のバーミンガムの街も活気があり、ブロード・ストリートは遊びどころ満載です。

バーミンガムへは、日本からロンドンまで飛行機で行き、ロンドンから列車での移動。
もしくはバスでの移動になります。
時間は列車が1時間半から2時間。
バスだと3時間です。

25位 ポルト(Porto)/ポルトガル

リスボンに続くポルトガルの都市である港町、ポルト。
旧市街はポルト歴史地区として世界遺産に登録されています。

川の両岸に建ち並ぶオレンジ色の屋根に白い壁の家々。
歴史地区の建造物はどれも美しく、惚れ惚れするものばかりです。
ゴシック様式のサン・フランシスコ教会の中に入ると、その内装の豪華さに驚きます。
金色に輝くバロック様式の装飾が目を奪います。
サンタ・カタリーナ大通りはショッピング街で、ほとんど歩行者天国となっており、たくさんのお土産屋やカフェなどが並んでいます。
また、クレリゴスの塔はバロック様式の教会で、塔に上ることができます。
高さ76mの塔からはポルトの旧市街が一望できます。

ポルトまでは、ポルトガルのリスボンから列車で約3時間です。

日本にも大きな影響を与えたポルトガル第二の都市、ポルト歴史地区 | wondertrip


24位 リスボン(lisbon)/ポルトガル

ポルトガルの首都であるリスボン。
7つの丘の街とも呼ばれ、街の周りを丘で囲まれています。
数々の観光スポットがある街ですが、街を歩いて探索したり、ケーブルカーやトラムでの移動がおすすめです。

バイシャ地区では、土産屋やレストランが多く、通りの地面は碁盤目状で独特。
建造物も目を引くものが多く、散歩には最適です。
また、バイロ・アルト地区は、夜の探索がおすすめ。
夜になるとバーやパブ、レストランがオープンし、観光客や地元の人で賑わいます。
ショッピングなら、シアード地区。
そして、アルファマ地区は、迷路のように細い路地が入り組んでおり、昔ながらのリスボンが見られ、大聖堂やサン・ジョルジェ城などの歴史的建造物も見ることができます。

他にも数多くの見どころがあるリスボンへに行き方は、日本からの直行便がないため、フランクフルトで飛行機を乗り換えて、約14時間半で到着します。

大航海時代の幕開けを感じるポルトガル「リスボン」の観光スポット5選 | wondertrip


23位 マドリッド(Madrid)/スペイン

スペインの首都、マドリード。
都市圏人口で欧州5位の賑わいを見せる街並みに、陽気な人々、そして世界をリードするその食文化をあますことなく味わい尽くすことができるレストランの数々が魅力的な都市です。
スペインの中心地であるため、ここを拠点にスペイン旅行を楽しむこともできますよ。

写真は、マドリードの中心広場・シベーレス広場。
マドリードの中心と言える広場で、周辺にはアルカラ通りやレコレートス通り、プラド通りといったメインストリートが交差しています。

バルセロナまでは日本からの直行便がないため、北京または中東・ヨーロッパの各都市で飛行機を1回乗り継ぎ、マドリード空港(アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港)まで。
約18時間で到着します

修道院からスタジアムまで美しい建築物だらけ!スペイン・マドリードで見るべき観光スポット | wondertrip


22位 バルセロナ(Barcelona)/スペイン

世界屈指の観光都市バルセロナ。
バルセロナの一番の観光名所は象徴ともいえるサクラダファミリアです。
その存在感と美しさ、細かいデザインにため息が出ます。
そして、旧市街のゴシック地区も見逃せません。
タイムスリップしたかのような感覚になり、アンティーク感漂う落ち着いた街並みに癒されます。

その中にあるサンタ・エウラリア・バルセロナ大聖堂は必見です。
日常に触れたいという方はサンジョセップ市場へ。
スペイン一の規模を誇る生鮮食料品市場でとてもににぎやか。
ランチがとれるお店や、観光客向けに歩きながら飲食できるものもあります。

バルセロナまでは日本からの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、バルセロナ空港まで。
約18時間で到着します。

観光の前に知っておきたいバルセロナの歴史 | wondertrip


21位 ウィーン(Wien)/オーストリア

オーストリアの首都であるウィーン。
世界遺産に登録されている19世紀の空気を感じられる旧市街は、リングと呼ばれる環状の大通りに囲まれており、その中心にはシュテファン大聖堂があります。

ウィーンといえば、音楽の都。
ウィーン国立歌劇場はその殿堂ともいえる場所です。
本場のオペラやバレエを鑑賞してみるのもいいでしょう。
また、バロック様式のベルヴェデーレ宮殿は美術館として使われており、クリムトやシーレの作品を見ることができます。

音楽が好きな方は、モーツァルトが実際に住んでいた家も残されているので見に行ってみましょう。
その他にも博物館など、見どころ満載のウィーンへは、日本から直行便が出ているので飛行機で約12時間ほどで到着です。

戦火に見舞われながら復活した、ウィーン国立歌劇場 (国立オペラ座)の歴史 | wondertrip


20位 ベネチア(Venezia)/イタリア

水の都ベネチア。
車は街に入ることができないので、街での主な交通手段は水の都とだけあり、水上バスや水上タクシーです。

ベネチアの観光スポットといえば、サン・マルコ大聖堂やサンタ・マリア・デッラサルーテ教会などの建造物です。
どれも美しく、存在感のあるものばかり。
また、ベネチアの街にはいくつの水路が通っており、さらにその上にいくつもの橋が架けられています。

その橋でひときわ目を引くのがリアルト橋。
橋の美しさもさることながら、そこからの景色もまた素晴らしいものです。
イタリアといえば料理、ベネチアのレストランでは魚介類を使用した本場の絶品の料理を味わうことができます。

ベネチアへは日本から直行便が出ているので、飛行機で約12時間半ほどで到着します。

イタリア ベネチアの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ | wondertrip


19位 パリ(paris)/フランス

フランスの首都であるパリ。
観光スポットとして一番有名なのが凱旋門とエッフェル塔。
この二つはパリの象徴ともいえ、建物の中に入って上ることもできます。
また、モンマントルの丘では数々の歴史的建造物を見ることができます。

ファッションの街としても有名なパリ。
ショッピングやカフェ巡りを楽しみたい方はシャンゼリゼ通りがおすすめ。
さらに外せないのが、世界で最も大きな美術館の一つともいわれるルーブル美術館。
ここではモナリザをはじめ数々の作品を見ることができます。
また、オランジュリー美術館にはモネの睡蓮が展示されています。
他にも多くの見どころをもつパリですが、観光地を巡るというよりも街の雰囲気を楽しみながら探索するのもいいでしょう。

パリへは日本からの直行便で約12時間ほどです。

パリの歴史を見てみよう:パリシイ族から始まったパリの中世は波乱の連続だった | wondertrip


18位 セベリア(Seville)/スペイン

オペラ、カルメンの舞台セビリア。
温暖な気候とどこか陽気な雰囲気をもつ街。

物価がとても安く、観光客の懐に優しい街でもあります。
観光スポットで一番人気なのが大聖堂、ヒラルダの塔です。
外観、内装がとても美しく広大で存在感抜群です。
次に有名なのがスペイン広場。
ここは映画スターウォーズのロケ地に使われた公園です。
他にも世界中の植物を見られるアルカサル庭園や中世時代に敵の船を封じ込めるために使われたというトリアーナ橋、ギネスにも認定されている世界一大きな大聖堂のカテドラル、闘牛場では今も闘牛が行われています。

セビリアへの行き方は、日本からスペインまでのの直行便がないのでヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、セビリア空港へ。
約15時間半で到着します。

17位 フィレンツェ(firenze)/イタリア

イタリアの歴史が多く眠る街、フィレンツェ。
市街中心部のフィレンツェ歴史地区は世界遺産に登録されています。

街中が美術館といっても過言ではありません。
観光スポットであるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の存在感は圧倒的。
その横には高さ84mのジョットの鐘楼があります。
4世紀から5世紀にかけて建設されたといわれる洗礼堂は最も古いロマネスク建築によるもの。

また、フィレンツェには美術館も多くウフィツィ美術館は必見です。
他にもたくさんの歴史的建造物などの観光スポットがあるフィレンツェ。
そのどれもが美しく、独特の存在感を放っています。

フィレンツェへの行き方は日本からの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継いで行きます。
約13時間半で到着します。

花の都「フィレンツェ歴史地区」の効率的なモデルプラン・観光情報まとめ | wondertrip


16位 ブリュッセル(Brussels)/ベルギー

ベルギーの首都であるブリュッセル。
誰もが知っている小便小僧はこの街にいますので是非会いに行ってみてください。

観光スポットとして一番人気は世界遺産であるグランプルス大広場。
歴史的建造物に囲まれたこの広場には見どころが敷き詰まっています。
ゴシック建築の最高傑作と呼ばれる市庁舎は必見。
その美しさに目を奪われるでしょう。
金のブロンズ像の左腕に触れると幸せが訪れると有名です。

また、ベルギーといえばワッフル。
老舗ビスケット屋のダンドワで本場のワッフルを味わうことができます。
ローマ、ゴシック、ルネッサンスと様々な様式が混じりあうサン・ミシェル大聖堂も必見です。

ベルギーへの日本からの直行便がないので、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、約12時間ほどでブリュッセルに到着します。

世界でもっとも美しい広場。ブリュッセルのグラン-プラス | wondertrip


15位 ベルリン(Berlin)/ドイツ

ベルリンの壁で有名なドイツの首都であるベルリン。
見どころのブランデンブルク門はベルリンとドイツの象徴と言われています。
カイザーヴィルヘルム記念協会は必見です。

まるで廃墟のような外観は第二次世界大戦時に空爆による被害をうけたもので、戦争の悲劇を忘れぬようにとそのままの姿で残されています。
ベルリンで遊びたいという方にはポツダム広場やソニーセンターがおすすめ。
ショッピングや劇場など、見ても歩いても楽しい場所です。
そして、忘れてはいけないのがベルリン大聖堂です。
高さ114mのドームに上って景色を楽しむのもいいでしょう。

また、ペルガモン博物館を筆頭にベルリンの博物館では世界有数のコレクションを誇っています。
ベルリンへは日本からの直行便がないのでヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、約13時間で到着します。

激動の歴史とアートの街『ベルリン』で行くべきスポット30選 | wondertrip


14位 ハンブルク(Hamburg)/ドイツ

かつて港町として栄えたハンブルク。
その当時の面影が残る運河沿いの倉庫街は世界遺産に登録されています。

レンガ造りの建物が連なっており、今も倉庫街は使われています。
この倉庫街、夜の景色も最高です。
ハンブルクの街の中心にはハンブルクの真珠と呼ばれるアルスター湖があり、人々の憩いの場とされています。
19世紀に建てられたネオ・ルネッサンス様式の市庁舎は豪華で美しい建造物ですので必見です。
また、ハンブルクの新市街にはヨーロッパ最大のショッピング・アーケードのパッサージュがあり、名物となっています。
お土産や、ハンブルクならではのものはここで購入できます。

見どころ満載のハンブルクへは、日本からの直行便がないので、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、約13時間ほどで到着します。

ドイツ旅行で見ておきたい「ハンブルク」の美しいスポット10選 | wondertrip ドイツ旅行で見ておきたい「ハンブルク」の美しいスポット10選 | wondertrip


13位 ミュンヘン(Munchen)/ドイツ

ドイツで一番人気のある街、ミュンヘン。
中世の景観と現代の雰囲気をうまく兼ね備えたこの街。
旧市街の中心部にあるマリエン広場の周辺には多くの観光スポット、歴史的建造物があります。

新ゴシック様式の新市庁舎は必見。
また、ミュンヘンのシンボルと言われているフラウエン教会も必見です。
お土産や雑貨、食品をお買い求めであれば、は200年以上の歴史を持つヴィクトゥアーリエンマルクトという市場へ。
ミュンヘンはバイエルン王都の都とも呼ばれ、旧市街に多くの王宮や宮殿がありますよ。

中でも、レジテンツ王宮は圧巻。
現在は博物館や美術館としてもしようされており、ドイツで最も美しいといわれるオペラハウスのキュビリエ劇場も隣接しています。
ミュンヘンへは日本から直行便が出ているので、約12時間ほどで到着します。

ドイツ観光なら次はここ!「ミュンヘン」で見た絶景10選 | wondertrip


12位 ダブリン(Dublin)/アイルランド

アイルランドの首都ダブリン。
この街は世界で最もフレンドリーな街と言われており、道を歩いていると声をかけてくれたり、すぐに打ち解けられたりと、ダブリンの人々は人懐っこくて気さくな様子。

トリニティカレッジには国宝であり世界で最も美しい本といわれる聖書の装飾写本のケルズの書などが展示されています。
アイルランドといえば、ギネスやジェイムソンなどのお酒。
ダブリンにはたくさんのパブ(居酒屋)があり、本場のお酒を味わうことができます。

パブで地元の人と仲良くなって一緒にお酒を酌み交わすなんてこと日常茶飯事です。
そんなダブリンへは、日本からアイルランドまでの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、約13時間ほどで到着します。

音楽と文学の街…アイルランド・ダブリンのおすすめスポット5選 | wondertrip


11位 イスタンブール(istanbul)/トルコ

トルコの首都であるイスタンブール。
観光スポットで一番人気があるのが世界一美しいといわれるモスクのスルタンアフメット・モスクです。

外観、内装ともにとても美しく、見る人を魅了します。
また、トルコといえばトルコ料理。
首都であるイスタンブールでは本場のトルコ料理を味わうことができ、どれも絶品です。
あまり知られてませんが、トルコには猫がたくさんいます。
イスラム教徒にとって猫は神聖な生き物とされているため街のいたるところにいる猫をがいます。
猫好きにはたまらない観光地です。
そして、必見なのが地下神殿。
その壮大さと美しさ、神秘的な雰囲気が魅力的です。

トルコへは日本からの直行便が出ているため、約12時間ほどで到着します。

オスマン帝国の栄光も残る、トルコ・イスタンブール観光の見どころ・スポットまとめ | wondertrip


10位 エディンバラ(Edinburgh)/スコットランド

スコットランドの首都であるエディンバラ。
一番の見どころはキャッスル・ロックという断崖絶壁の岩山の上に建っている街のシンボルであるエディンバラ城。
そのお城を中心に城下町が広がっています。

なんとも言えない存在感と美しさを放っています。
次にあげられるのがホリールードハウス宮殿です。
エリザベス女王の避暑地で15世紀から使われている宮殿。
そして、カールトン・ヒルは必見。
街の中心部にある小高い丘ですが、そこには数多くの著名人の記念碑や歴史的建造物があり、そこからの景色はまるで絵画のようにきれいです。
他にも数々の見どころがあるエディンバラ。

日本から直行便がないので、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、最短で約15時間ほどで到着します。

イギリスになる前のスコットランドの姿がここに…「エディンバラの旧市街」の歴史 | wondertrip


9位 ワルシャワ(Warsaw)/ポーランド

一度灰燼と化した歴史地区をもつワルシャワ。
ワルシャワの歴史地区は第二次世界大戦の影響で一度大破されています。
それを、ポーランドは完璧なまでに再建し世界遺産に登録されました。

その旧市街には色とりどりの建物が並び何とも可愛らしい街並みです。
旧王宮は堂々たるもので、この王宮も一度は戦争の影響で破壊されてしまったのを再建したもの。
再建では意味がないと思われますが、旧市街を取り戻さんとする国民の情熱と力には驚かされ、見事に再現されている旧市街はとても美しいものです。
また、ワルシャワは音楽家のショパンの出身地。
ショパンの足跡をたどってみるのもいいでしょう。

ワルシャワへは日本から直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、平均約15時間ほどで到着します。

激動の歴史に翻弄されたポーランド・ワルシャワ歴史地区 | wondertrip


8位 クラクフ(Krakau)/ポーランド

ポーランドで最も歴史ある街といわれるクラクフ。
クラクフ歴史地区は世界遺産に登録されており、近隣諸国からの侵略や空襲などの被害から奇跡的に免れた歴史的建造物が多く残されています。

旧市街の中心にはルネサンス様式の織物会館があり、館内には民芸品やハンドメイドなどのお土産屋さんがたくさん並んでいます。
その向かいにはゴシック様式の聖マリア教会があり、教会内の装飾や色合いはとても美しいものです。

ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂は必見です。
どちらもゴシックルネサンス様式で色合いや景観に落ち着きがあります。
また、大聖堂にある巨大なジグムントの鐘を忘れずに。
クラクフへは、日本から直行便がないのでヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、平均約15時間ほどです。

かつて首都だった!?ポーランド人の心の故郷「クラクフ歴史地区」 | wondertrip


7位 ブダペスト(budapest)/ハンガリー

ハンガリーの首都であるブダペスト。
ドナウの真珠と呼ばれる美しさを持つこの街。
ハンガリーは温泉大国でもあり、ブダペストにはセニーチェ温泉という広い浴槽に男女水着着用で混浴できる温泉があり、人々に大人気。

また、ハンガリーには100年以上の歴史を持つオペラ劇場があります。
建物内は思わず息をのむ美しさ。
チケットが安く、気軽にオペラやバレエを楽しむことができます。
くさり橋と呼ばれるセニーチェ橋は二つの地区を結ぶ重要な橋のひとつ。
夜になると街の明かりとともにライトアップされ、昼間とはまた違ったロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。

ブダペストへの行き方は、日本からの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、最短で約14時間ほどで到着です。

ハンガリー・ブダペストの歴史 成り立ちから、人気の観光都市になるまで | wondertrip


6位 スプリット(split)/クロアチア

ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿そのものが旧市街になったスプリット。
世界遺産である古代ローマの遺跡の中に現代の人々が暮らしています。
宮殿への入口は4つあり、どれも貫禄があります。

中に入るとペリスティルという中庭。
そのすぐ近くに聖ドムニウス大聖堂があります。
ロマネスク様式の傑作といわれており必見です。
またそのすぐ側には、スプリットの街を一望できる鐘楼があり、頂上まで登るのは一苦労ですが、頂上からの景色は見て損のないものです。
宮殿の地下にはお土産屋さんが並んでいます。

また、地下宮殿もありますので地上の景色だけではなく地下の景色も楽しむことができます。
スプリットへは直行便がないため、フランクフルトなどで飛行機を乗り継ぎ、約13時間ほどで到着します。

5位 ミラン(Milan)/イタリア

ドゥオーモとファッションの街ミラノ。
サッカーも有名ですね。

観光スポットで一番人気なのが、ミラノ大聖堂というドゥオーモ。
世界最大のゴシック様式の建造物です。
その存在感と神秘的な雰囲気はとても魅力的です。
外観が可愛らしいサンタ・マリア・デッレ・グランツィエ教会ではレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画である最後の晩餐を見ることができます。
完全予約制なので予約を忘れずに。
サンピオーネ公園の中にあるスフォルツェルコ城の要塞には、10以上の美術館や博物館があり、ミケランジェロのロンダニーニのピエタをはじめ様々な作品展示物を見ることができます。

美術好きの方はブレら絵画館も必見。
ミラノへは日本からの直行便が出ていますのでそれを利用し、約12時間半で到着します。

4位 パレルモ(Palermo)/イタリア

シチリア島の第一の都市であるパレルモ。
旧市街には多くの歴史的建造物が残されています。
見どころ満載ですが、まずは12世紀に建てられたビザンチン様式のマルトラーナ教会を。
金のモザイクが豪勢で見事です。
一番人気なのはパラティーナ礼拝堂です。
その存在感と美しさは見る人を魅了します。
裏路地に入ると巨大市場のバッラロやバロック様式のジェズ教会などがあります。

また、海側にも多くの歴史的建造物があり、徒歩で様々な歴史を感じることができます。
新市街には劇場やブランドショップ、カフェが多いので旧市街の歴史を感じた後は新市街でゆっくりしましょう。

パレルモへの行き方は、日本からの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、約15時間ほどで到着します。

イタリアでありながらイタリアらしくない魅惑の街「パレルモ(シチリア島)」に出かけませんか | wondertrip


3位 ローマ(roma)/イタリア

イタリアの首都であり歴史の街、であるローマ。
映画ローマの休日の舞台となったこの街で有名なのが真実の口やコロッセオです。
真実の口は一衛ありの心があるものは手が抜けなくなるという伝説がありますので、試しに手を入れてみてはいかがでしょうか。

コロッセオは大型の円形闘技場で大迫力です。
ローマで最も古いといわれるパラティーノの丘は必見です。
また、トリトーネの噴水やトレビの泉も必見。
その景観や彫刻の美しさに心が洗われます。
その他にも、とても大きいディオクレティアヌスの浴場跡があったり、宮殿や教会など見どころ満載です。
博物館や美術館にも足を運んでみるといいでしょう。

ローマへは日本からの直行便がでているのでそれを利用し、約13時間ほどで到着します。

たぶんこれでマスターできる!イタリアの歴史 | wondertrip


2位 レイキャヴィーク(Reykjavik)/アイスランド

アイスランドの世界最北端の首都であるレイキャヴィーク。
街の風景はまるでおもちゃ箱のよう。
可愛らしくて色とりどりの家が建ち並んでいて、歩いてるだけで楽しめる街です。

アルシングと呼ばれる民主議会は930年に発足された世界最古の国会議事堂があります。
ランドマーク的存在のハットグリムス協会は斬新なデザインの美しい作りで、教会の展望台からはレイキャヴィークの色鮮やかな街を一望できます。
カフェやランチを楽しみたい方はロイがヴェーグル通りへ。
お土産屋さんや雑貨屋も多く退屈しないストリートです。

レイキャヴィークへの行き方は、日本からの直行便がないため、ヨーロッパの各都市で飛行機を乗り継ぎ、約15時間ほどで到着します

1位 コペンハーゲン(Copenhagen)/デンマーク

おとぎの国コペンハーゲン。
童話作家のハンス・クリスチャン・アルデンセンが生まれた国であり、街にはアルデンセンの銅像や代表作の人魚姫の銅像があります。

中世の面影をそのままに残すモダンな建築の家々は必見。
絵本の世界のような可愛らしさです。
街を歩いて探索するだけで楽しいこの街。
チボリ公園は老若男女問わず楽しめる世界最古の遊園地です。

また、アマリエンボー宮殿の広場はロココ様式の建造物が四方に4つあり、どの建造物も素晴らしく見ごたえのあるものです。
各館の前には絵本に出てくるような兵隊がしっかりガードしており、毎日お昼になると衛兵の交代式が見られます。

コペンハーゲンへは日本からの直行便が出ているので、それを利用し、約11時間半で到着します。

デンマーク観光といえばここ!「コペンハーゲン」で行くべき絶景スポット10選 | wondertrip 旅行・観光マガジン


いますぐヨーロッパ旅行に行きたい!

歴史的建築物を多く残すヨーロッパ。
時にオーシャンブルーを見せ、時に幻想的な夜景や雪化粧を見せるヨーロッパは絶景の宝庫です。
あなたはどの都市が気になりましたか。