東洋のガラパゴス「小笠原諸島」の外せない観光ポイント・アクセス方法

「小笠原諸島(おがさわらしょとう)」は、東京都特別区に属する大小30余りの島々を指します。とはいえ、東京都民でさえ行ったことのない人の方が多数を占めるのではないでしょうか。距離的には近くても、なんだか遠くて未知の場所…そんなイメージの「小笠原諸島」を徹底解剖していきます!今回は公共交通機関が整備され、アクセスしやすい「父島」を中心にご紹介します。

「小笠原諸島」ってどこにあるの?

「小笠原諸島」ってどこにあるの?

image by iStockphoto

東京からおよそ1000kmほど南下したところに位置しています。
東京都小笠原村に属した、太平洋上の広広とした海域に散在する30あまりの島々の総称を、「小笠原諸島」と呼んでいます。
温暖な気候の亜熱帯気候の中、本島では見ることできない、独自の生態系の動植物を有していることが一番の魅力です。

小笠原諸島の住所・アクセスや営業時間など

名称 小笠原諸島
名称(英語) Ogasawara Islands
住所 東京都小笠原村
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ogasawaramura.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小笠原諸島の異名「東洋のガラパゴス」

小笠原諸島の異名「東洋のガラパゴス」

image by iStockphoto

一度たりとも大陸と陸続きになった歴史を持たない「小笠原諸島」は、孤立した環境の中で動植物が繁殖し、生活をしています。
ここにしか生息していない固有哺乳類として、「オガサワラオオコウモリ」が挙げられます。
植物も「ワダンノキ」をはじめとし、80種類ほどの固有種が生育しています。
その独特で特有の生態系から、”東洋のガラパゴス”と呼ばれています。

小笠原諸島の魅力とは?

2011年にユネスコの世界自然遺産に登録されたことからわかるように、恵まれた美しい自然環境が、「小笠原諸島」の最大の魅力です。
透明度の高い宝石のようなエメラルドグリーンの海には、サンゴ礁や色彩鮮やかな熱帯魚も多く生息しています。
また、ほとんどが無人島なので、手つかずの自然がそのまま残っていることに神秘的な雰囲気を感じることでしょう。

豊富なマリンアクティビティ

豊富なマリンアクティビティ

image by iStockphoto

「小笠原諸島」のある海域は、世界でも有数の透明度の高さを誇っています。
夏になるとマリンスポーツを楽しみたい人が各地から訪れ、とても賑わいます。
シュノーケリング、ダイビング、シーカヤック、釣りなど、雄大な太平洋上で様々なマリンアクティビティに挑戦することができます。

ホエールウォッチング、ドルフィンスイム&ウォッチング

ホエールウォッチング、ドルフィンスイム&ウォッチング

image by iStockphoto

イルカやクジラなどが数多く生息しており、「小笠原諸島」はとりわけザトウクジラの群れを高確率で見ることができる場所として有名です。
体長15メートル、体重30トンという巨体が、大海原でお得意の大ジャンプをみせてくれます。
その姿は、水族館のショーの迫力とは到底比べ物になりません。
ベストシーズンは毎年2月から4月で、より間近に感じることのできるのは洋上からですが、陸上の展望台からも見ることができるので、小さな子供や船酔いが心配な人も安心です。

ウミガメの産卵場所

ウミガメの産卵場所

image by iStockphoto

アオウミガメの産卵地として有名です。
産卵の季節である6月、7月になると、夜の海辺に、体長1メートル程のアオウミガメが次々と上陸します。
渾身の力を振り絞って卵を産み落とす様子は、命の尊さを感じることのできる感動的で貴重な経験になるでしょう。

幻想的なキノコ「グリーンペペ」

幻想的なキノコ「グリーンペペ」

image by iStockphoto

夜のあいだ緑色に発光する、夜光茸(ヤコウタケ)を見ることができるのも、日本ではここ以外にほとんどないでしょう。
小笠原諸島では俗称で、「グリーンペペ」という名前で呼ばれています。
傘の直径は2㎝ほどの小さなキノコで、毒性はなく、寿命はわずか3日程度と非常に短命です。

小笠原諸島の玄関口「父島」

小笠原諸島の玄関口「父島」

image by iStockphoto

約30の島々から構成されている「小笠原諸島」ですが、人が生活している島は、父島と母島しかありません。
最も人口の多い父島には、スーパーマーケットや、レストラン、薬局、郵便局など生活に必要な施設が揃っています。
スーパーではパッションフルーツやスターフルーツなどの普段なじみのない南国果物を販売しているので、購入してみると良いでしょう。

父島の住所・アクセスや営業時間など

名称 父島
住所 東京都小笠原村
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.ogasawaramura.com/go/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

父島へのアクセス

父島へのアクセス

image by iStockphoto

父島へのアクセスは、東京都竹芝桟橋から定期船「おがさわら丸」が出ています。
25時間ほどの船旅を経て、父島の玄関・二見港に到着します。
「おがさわら丸」は、レストランや展望台に加え、スイートから和室まで様々なタイプの船室が揃った大きな客船です。
もう一つの有人島である母島は、父島の南約50kmにあり、父島二見港から「ははじま丸」に乗り換え約2時間で到着します。

絶景ポイント「扇池」

絶景ポイント「扇池」

image by iStockphoto

父島の南西に位置している南島に、絶景ポイントとして名高い「扇池」があります。
「小笠原諸島」の周りはどこも澄んだ青い海が広がっていますが、「扇池」は砂浜の白さも手伝って青さが特に際立っています。
父島の二見港からボートで約20分でアクセスできます。
ただし、認定ガイドの同行が求められており、個人での上陸は禁止されていますのでくれぐれもご注意ください。

扇池の住所・アクセスや営業時間など

名称 扇池
住所 東京都小笠原村南島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%B3%B6_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、「小笠原諸島」へ出かけてみよう

 

自然の宝庫「小笠原諸島」の魅力をお伝えしてきました。
一年を通して様々な貴重な体験ができる魅力的なスポットです。
いつまでもこの美しい景色が続きますように、と願わずにはいられません。
photo by iStock